iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になる時の原因と5つの対処法とは?【2019年3月版】

iPhoneの画面がいきなり
真っ暗(ブラックアウト)になってしまって
音やバイブはするけど、
どうしたらいいの?
故障したの?と、

ちょっと前まで
普通に使えていた
iPhoneで画面が真っ暗に
なってしまうと相当困りますよね。

お持ちの
iPhoneの画面が
真っ暗になってしまった時の
考えられる原因と
対処法について解説していきます。

データを消さずに画面真っ暗を直す方法
修理は面倒くさいので機種変する

目次から探す

1.iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になった時の5つの対処法

iPhone画面真っ暗5つの対処法

今回の記事では
iPhoneの画面が真っ暗になってしまった時の
対処法について解説していきます。

1-1.iPhoneの画面が真っ暗になった時の対処法

iPhoneの画面が
真っ暗になった時の対処法としては

  1. 強制再起動を行う
  2. ディスプレイケーブルを調整する
  3. リカバリーモードを行う
  4. 画面修理を行う
  5. 本体交換を行う

の5パターンが考えられます。

1-2.強制再起動を行う

iPhoneの画面が真っ暗になった場合は、まずiPhoneの強制再起動を実施して下さい。

iPhone6s以前のiPhoneとiPhoneSEは上記のGIF画像のやり方で強制再起動を行うことができます。

iPhone7やiPhone8、iPhoneXSなどのその他のiPhone機種の強制再起動は以下の記事を参照してください。

iPhoneの強制再起動【図解で解説】のやり方まとめ

1-3.ディスプレイケーブルを調整する

画面の調整修理

iPhoneの強制再起動を行ってもiPhoneの画面が真っ暗になる問題を改善できない場合は、

次にディスプレイケーブルの調整を実施されることをオススメ致します。

とはいってもご自身でできる対処法ではありませんので、AppleStoreまたはApple正規サービスプロバイダーへ持ち込みすることで対応することが可能です。

Apple正規修理店の受付方法は、iPhone修理の予約方法(Apple Store・正規サービスプロバイダ)にまとめてありますので、ご参照ください。

ディスプレイケーブルの調整では、iPhoneの内側でディスプレイと本体を接続しているケーブルがあるのですが、

iPhoneをぶつけたり、落下させてしまったりした場合は、ケーブルが外れてしまう場合があるので、調整をすることで画面が真っ暗になる問題を改善することが可能です。

1-4.リカバリーモードによるiPhoneの初期化を行う

リカバリーモードでiPhoneを初期化する

ディスプレイケーブルの調整を行ってもiPhoneの画面が真っ暗な問題を改善できない場合はリカバリーモードによる初期化を行います。

リカバリーモードによる初期化は、画面がついている状態でしたらiTunes接続の画面が表示されるので実施するハードルが低いですが、画面が真っ暗な状態ですとiTunes接続の画面が表示されないのでリカバリーモードに入れるのにはコツと経験が必要になってきます。

できればApple正規の店頭でリカバリーによる初期化を依頼されることをオススメ致します。ご自身で実施されたい場合はリカバリーモードによる初期化のやり方は、リカバリーモードで強制的に初期化をする方法にまとめてありますので、ご参照ください。

1-5.画面修理を行う

リカバリーモードやディスプレイケーブルの調整でiPhoneの画面が真っ暗になる問題が改善できない場合は、

画面修理または本体交換になります。

お使いのiPhoneの保証期間を確認してAppleCare+に加入していない場合は、画面修理を行うことで画面真っ暗なiPhoneを改善することが可能です。

iPhoneの保証期間の確認方法は、iPhoneの保証を確認する3つの方法とは?でまとめておりますのでご参照ください。

画面真っ暗のiPhoneが保証期間内またはAppleCare+の期間内であれば、無償での修理対応が可能です。しかし、iPhone本体に画面のひび割れや水濡れなどの外損が見受けられる場合は有償修理になります。

1-6.iPhoneの本体交換を行う

お使いのiPhoneの保証期間を確認してAppleCare+に加入されている場合は、本体交換での対応が可能です。

本体交換が無償なのか有償なのかはiPhone本体に画面割れや水濡れなどの損傷や破損がない場合に限り無償での本体交換が可能です。

2.iPhoneの画面が真っ暗?電源が入らない?どっちなの

iPhoneの画面が真っ暗と電源が入らないはどっちなの

iPhoneの画面が真っ暗になった時に単純に画面が真っ暗なだけなのか電源が入っていないのかを見極めることが大切です。

2-1.画面が真っ暗と通電しないでは対処法が異なる

iPhoneの画面が真っ暗になってしまう問題と似たiPhoneのトラブルとしてiPhoneの電源が入らない問題があります。

両方ともiPhoneの画面が真っ暗になるという点は共通していますが、対応法が変わってきますので、画面が真っ暗なだけなのか電源が入らないのかの見極めが大切です。

2-2.画面真っ暗(ブラックアウト)なのか電源問題なのか見極める方法

画面が真っ暗なのか電源が入らないなのかを見極める方法は、

サイレントスイッチを上下に動かした時やiPhoneを充電しようとライトニングケーブルを繋いだ時にiPhoneから音や振動がある場合は、画面が真っ暗な問題になります。

この場合に音や振動が無いという問題が単純にiPhoneの電池切れの可能性もありますので、iPhoneを30分以上充電した後に、強制再起動をやってみてもiPhoneから音や振動がしない場合は、iPhoneの画面故障の問題ではなく、iPhone本体の電源に問題があると考えられます。

iPhoneの電源が入らない場合の解決方法は以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの電源がつかない(入らない)時の5つの原因と2つの対処法とは?

3.iPhoneの画面が真っ暗になってしまう7つの原因とは?

そもそもiPhoneの画面が真っ暗になってしまうのか?疑問に思われる方もいらっしゃると思いますので考えれる範囲での原因を紹介していきます。

iPhoneの画面が真っ暗になってしまう原因には

  1. ソフトウェアの問題でiPhoneの画面が真っ暗になる
  2. ディスプレイケーブルが外れてiPhoneの画面が真っ暗になる
  3. ディスプレイケーブルが断線してiPhoneの画面が真っ暗になる
  4. バックライトが切れてiPhoneの画面が真っ暗になる
  5. 落下によりiPhoneの画面が真っ暗になる
  6. 水濡れによりiPhoneの画面が真っ暗になる
  7. 湾曲によりiPhoneの画面が真っ暗になる

の7パターンが考えられると思います。

原因ごとの対処法を解説していきます。

3-1.ソフトウェアの問題でiPhoneの画面が真っ暗になる

ソフトウェアやシステムが原因でiPhoneの画面が真っ暗になってしまった時の効果的な対処法としては、強制再起動とリカバリーモードによる初期化を行うことが有効です。

リカバリーによる初期化を行うとiPhoneの中のデータはまっさらになりますので今までにバックアップをしたことがあるかが大切になってきます。

画面が真っ暗な状態ではバックアップをすることができませんので、今までのバックアップを確認する方法は以下をご参照ください。

iPhoneのバックアップを本体以外から確認する4つの方法

3-2.ディスプレイケーブルが外れてiPhoneの画面が真っ暗になる

iPhoneを主にぶつけたり落下させてしまうことでこの問題が起こり得ます。

効果的な対処法としては、iPhoneの本体を開けてディスプレイケーブルをつなぎ直すことが有効です。

ディスプレイケーブルの調整はApple正規店へ依頼をしてください。

アップル正規サービスプロバイダの一覧

3-3.ディスプレイケーブルが断線してiPhoneの画面が真っ暗になる

ディスプレイケーブルの断線だけが起こる事例は稀ですが、大方は画面の破損とセットになっています。

Apple正規店の技術者がiPhoneの中を確認して、破損や損傷がなく単純にディスプレイケーブルの断線が原因で画面が真っ暗な問題が起こっていた場合には、Appleコールセンター対応になる可能性が高いです。

Apple正規店で即修理、即交換は出来ない可能性がありませすので、注意が必要です。(許可が下りるのに時間がかかります。)

3-4.バックライトが切れてiPhoneの画面が真っ暗になる

落下などの過失がなく、ディスプレイケーブルの調整やリカバリーモードによる初期化を行ってもiPhoneの画面が真っ暗な問題を改善できない場合は、バックライトが切れていることが原因の場合があります。

この場合の効果的な対処法としては、画面修理、AppleCare+加入者は本体交換での対応になります。

3-5.落下によりiPhoneの画面が真っ暗になる

落下によりiPhoneの画面が真っ暗になった場合には、有償での本体交換の対応になります。AppleCare+加入者は特別価格での交換が可能です。

3-5.水濡れによりiPhoneの画面が真っ暗になる

水濡れにより画面が真っ暗になってしまった場合は、画面割れと同様に有償での本体交換の対応になります。

AppleCare+加入者は特別価格での交換が可能です。

3-6.湾曲によりiPhoneの画面が真っ暗になる

湾曲によるiPhoneの画面が真っ暗な問題もAppleCare+加入者でしたら、特別価格での交換が可能です。

4.iPhoneの画面が真っ暗な時の交換金額とは?

iPhoneの画面が真っ暗なってしまい初期化やディスプレイ調整で改善できない場合は、修理または本体交換になってきます。

ここで紹介する金額は、iPhone本体に画面割れや水濡れ、湾曲などの破損や損傷があった場合の交換金額になります。

機種名AppleCare+あり9月7日まで購入(2016)AppleCare+なし
iPhone XS Max12744円73224円
iPhone XS12744円67392円
iPhone XR12744円49032円
iPhone X12744円67392円
iPhone 8 Plus12744円49032円
iPhone 812744円42984円
iPhone 7 Plus12744円42984円
iPhone 6s Plus12744円40392円
iPhone 6 Plus12744円7800円40392円
iPhone 712744円39312円
iPhone 6s12744円36504円
iPhone 612744円7800円36504円
iPhone SE12744円7800円32832円
iPhone 5c12744円7800円32832円
iPhone 5s12744円7800円32832円
iPhone 57800円7800円32832円

5.iPhoneの画面が真っ暗になってしまった。まとめ

今まで自分がみてきたiPhoneの画面が真っ暗になってしまった事例は

強制再起動で4割くらいのiPhoneが改善でき、ディスプレイケーブルの調整で3割が改善、リカバリーでの改善はあまりない印象で、残り3割が修理または本体交換になっている感じです。

半分近くは、強制再起動で改善できる可能性がありますが、もし強制再起動で改善できない場合は、Apple正規店へ早めの予約と依頼をオススメ致します。

Apple正規店で依頼する際には、iPhoneを探すのオフが必要になります。

iPhoneを探すをオフにするメリットデメリットと4つの設定方法とは

6.修理が面倒くさいなら機種変もアリ

修理に持っていくことや修理が完了するのを待つのが面倒くさいという方は新しいiPhoneへと機種変更するというのもアリです。

あなたが修理と機種変更のどちらがピッタリかは
iPhoneの修理より機種変更がベターな4つの条件とは?をご参照ください。

iPhoneの画面が真っ暗でくるくるが表示されてフリーズするときの対処法はコチラ

画面真っ暗でくるくるする時の対処法

iPhoneの画面が真っ暗な状態で画面の中央にくるくるとしたマークが表示されてしまいiPhoneが動かなくなってしまった時の原因や対処法を以下にまとめましたのでご参照ください。

iphoneの画面がくるくる(ぐるぐる)で真っ暗な場合の原因と対処法とは

iPhoneの画面が動かない時の対処法はコチラ

iPhoneの画面が動かない時の対処法ですが、電源が入っているかつ画面が付く状態でディスプレイがタッチしても画面が動かない時の対処法が以下をご参照ください。

iPhoneのタッチパネルが反応しない8つの原因と5つの対処法【2019年3月版】

iPhoneの画面が起動するがリンゴマークでフリーズしてまい画面が動かない時の対処法は以下をご参照下さい。

iphoneがフリーズしてしまう時の13個の原因と6つの対処法【2019年3月版】

iPhoneの画面がつかない時の対処法はコチラ

iPhoneの画面が真っ暗とほぼ似た対処法になりますが、つかないという症状を察するに電源が入らない系に近いのかとお察しします。電源入らない系に近いトラブルの場合は、充電から始めてください。

iPhoneの画面がつかない場合にやって頂きたいことは、まずiPhone本体を30分間の充電行ってください。通電状態がハードの問題またはシステム的な不具合で画面がつかなくなるという問題が発生します。この時に単純に画面が真っ暗なだけなのか、通電状態が切れてしまっているかを見分けるためにも、まずは30分間の充電行ってください。

充電が完了してiPhoneの電源ボタンを入れる動作を行っても画面がつかない場合は、システム的に不具合がiPhoneの起動を邪魔してしまい電源が入らないことがありますので、強制再起動を行ってください。強制再起動ではシステム的な不具合を取り除きiPhoneが起動できる状態に持っていくことが可能です。

強制再起動を行ってもiPhoneの画面がつかない場合は、もっと強力なシステムの不具合が発生してしまい、iPhoneが正常に起動できないという現象に陥っている可能性があります。もっと強力なシステム的な不具合はリカバリモードによる初期化を実施することで問題をクリアにすることができます。

リカバリモードによる初期化を実施しても画面がつかない場合は、iPhoneの修理対応になってきます。初期化後のiPhoneの状態で対応が変化してきます。iPhone本体から音や振動がある場合は、画面修理の対応になってきます。音や振動がない場合は、電源が入らないとみなされるので本体交換の対応へと判断されてきます。

iphoneの画面が勝手に暗くなる時の対処法はコチラ

iPhoneの画面が暗くなる時の問題として考えられますのは、iPhoneの画面の設定の問題とiPhone本体に落下や水没などが見受けられるiPhoneの場合は画面が段々と暗くなる問題やついたり消えたりといった問題が散見されます。あとは稀ですが、環境光センサーの不具合で画面が勝手に暗くなる問題が発生します。

環境光センサーを使った明るさのテストの例としては以下の動画を作りました。

iPhoneの受話部分に環境光センサーという周囲の明るさを測定できるセンサーがついているのですが、(動画ですと環境光センサーがついているあたりを手で塞いで正常に明るさをセンサーが認識できるかをテストしています。)、環境光センサーが正常に起動できていない場合は、画面が突然急に暗くなってしまったり、その反対に急に明るくなってしまったりという問題が起こります。

画面が勝手に急に突然暗くなる場合のiPhoneで落下や水濡れがないと仮定した場合の対処法としては、まずはiPhoneの強制再起動を実施して問題が改善できるかを確認します。強制再起動を実施しても突然暗くなる問題が解決できない場合には、iPhoneの初期化(コンテンツリセット)を行います。iPhone本体の初期化(コンテンツリセット)を実施しても改善ができない場合は、リカバリーモードによる初期化を行う運びになります。

リカバリーモードによる初期化を実施ても画面が突然暗くなる問題を改善出来ない場合は、本体交換の対応へ誘導されます。

iPadの画面が真っ暗になった時の修理や対処法はコチラ

画面が真っ暗になってしまったiPadの対処方法がiPhoneの場合と異なる点がありますので、iPadでの修理や対処法は以下にてまとめましたのでご参照下さい。

iPadの画面が真っ暗(ブラックアウト)になる時の原因と3つの対処法とは?


あわせて読みたい


■iPhoneを自分で修理してできるだけ節約したい方

iPhoneを修理を自分でやるための修理キット

■iPhoneのデータを消さずに修理をしたい方

■修理に出すのが面倒くさい方

■iPhoneの修理は正規店に出したい方

最寄りのiPhoneの正規修理店を探してみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider