iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になる時の原因と5つの対処法とは?

iPhoneの画面がいきなり
真っ暗(ブラックアウト)になってしまって
音やバイブはするけど、
どうしたらいいの?
故障したの?と、

ちょっと前まで
普通に使えていた
iPhoneで画面が真っ暗に
なってしまうと相当困りますよね。

お持ちの
iPhoneの画面が
真っ暗になってしまった時の
考えられる原因と
対処法について解説していきます。

データを消さずに画面真っ暗を直す方法
修理は面倒くさいので機種変する

1.iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になった時の5つの対処法

今回の記事では
iPhoneの画面が真っ暗になってしまった時の
対処法について解説していきます。

1-1.iPhoneの画面が真っ暗になった時の対処法

iPhoneの画面が
真っ暗になった時の対処法としては

  1. 強制再起動を行う
  2. ディスプレイケーブルを調整する
  3. リカバリーモードを行う
  4. 画面修理を行う
  5. 本体交換を行う

の5パターンが考えられます。

1-2.強制再起動を行う

iPhoneの画面が真っ暗になった場合は、
まずiPhoneの再起動を実施して下さい。

iPhone7系統以外にiPhoneは、
スリープボタンとホームボタンを15秒ほど長押しにして
iPhone7系統はスリープボタンと音量下げるボタンを
長押しにして強制再起動がかかるかを確認してください。

1-3.ディスプレイケーブルを調整する

強制再起動を行っても
iPhoneの画面が真っ暗になる問題を
改善できない場合は、

次にディスプレイケーブルの調整を
実施されることをオススメ致します。

とはいっても
ご自身でできる対処法ではありませんので、
AppleStoreまたはApple正規サービスプロバイダーへ
持ち込みすることで対応することが可能です。

Apple正規修理店の受付方法は、
iPhone修理の予約方法(Apple Store・正規サービスプロバイダ)
にまとめてありますので、ご参照ください。

ディスプレイケーブルの調整では、
iPhoneの内側でディスプレイと本体を
接続しているケーブルがあるのですが、

iPhoneをぶつけたり、
落下させてしまったりした場合は、
ケーブルが外れてしまう場合があるので、
調整をすることで画面が真っ暗になる問題を
改善することが可能です。

1-4.リカバリーモードを行う

ディスプレイケーブルの調整を行っても
iPhoneの画面が真っ暗な問題を改善できない場合は
リカバリーモードによる初期化を行います。

リカバリーモードによる初期化は、
画面がついている状態でしたら、
iTunes接続の画面が表示されるので
実施するハードルが低いですが、
画面が真っ暗な状態ですと、

リカバリーモードに入れるのに
コツが必要なので、

Apple正規の店頭で
依頼されることをオススメ致します。
リカバリーモードによる初期化のやり方は、
リカバリーモードで強制的に初期化をする方法
にまとめてありますので、ご参照ください。

1-5.画面修理を行う

リカバリーモードや
ディスプレイケーブルの調整で
iPhoneの画面が真っ暗になる問題が
改善できない場合は、

画面修理または本体交換になります。

お使いのiPhoneの保証期間を確認して
AppleCare+に加入していない場合は、
画面修理を行うことで

画面真っ暗なiPhoneを改善することが可能です。

iPhoneの保証期間の確認方法は、
iPhoneの保証を確認する3つの方法とは?
まとめておりますのでご参照ください。

1-6.本体交換を行う

お使いのiPhoneの保証期間を確認して
AppleCare+に加入されている場合は、
本体交換での対応が可能です。

本体交換が無償なのか有償なのかは
iPhone本体に画面割れや水濡れなどの
損傷や破損がない場合に限り
無償での本体交換が可能です。

2.iPhoneの画面が真っ暗?電源が入らない?どっちなの

iPhoneの画面が真っ暗になった時に
単純に画面が真っ暗なだけなのか
電源が入っていないのかを見極めることが大切です。

2-1.画面が真っ暗と通電しないでは対処法が異なる

iPhoneの画面が真っ暗になってしまう問題と
似たiPhoneのトラブルとして
iPhoneの電源が入らない問題があります。

両方とも
iPhoneの画面が真っ暗になるという点は
共通していますが、対応法が変わってきますので、

画面が真っ暗なだけなのか
電源が入らないのかの見極めが大切です。

2-2.画面真っ暗(ブラックアウト)なのか電源問題なのか見極める方法

画面が真っ暗なのか
電源が入らないなのかを
見極める方法は、

サイレントスイッチを上下に動かした時や
iPhoneを充電しようとライトニングケーブルを繋いだ時に

iPhoneから音や振動がある場合は、
画面が真っ暗な問題になります。

この場合に音や振動が無いという問題が
単純にiPhoneの電池切れの可能性もありますので、
iPhoneを30分以上充電した後に、
強制再起動をやってみても
iPhoneから音や振動がしない場合は、

iPhoneの画面故障の問題ではなく、iPhone本体の電源に問題があると考えられます。

iPhoneの電源が入らない場合の解決方法は
以下の記事を参考にしてください。

iPhoneの電源がつかない(入らない)時の5つの原因と2つの対処法とは?

3.iPhoneの画面が真っ暗になってしまう7つの原因とは?

そもそもiPhoneの画面が真っ暗になってしまうのか?
疑問に思われる方もいらっしゃると思いますので
考えれる範囲での原因を紹介していきます。

iPhoneの画面が真っ暗になってしまう原因には

  1. ソフトウェアの問題でiPhoneの画面が真っ暗になる
  2. ディスプレイケーブルが外れてiPhoneの画面が真っ暗になる
  3. ディスプレイケーブルが断線してiPhoneの画面が真っ暗になる
  4. バックライトが切れてiPhoneの画面が真っ暗になる
  5. 落下によりiPhoneの画面が真っ暗になる
  6. 水濡れによりiPhoneの画面が真っ暗になる
  7. 湾曲によりiPhoneの画面が真っ暗になる

の7パターンが考えられると思います。

原因ごとの対処法を
解説していきます。

3-1.ソフトウェアの問題でiPhoneの画面が真っ暗になる

ソフトウェアやシステムが原因で
iPhoneの画面が真っ暗になってしまった時の
効果的な対処法としては、

強制再起動とリカバリーモードによる
初期化を行うことが有効です。

リカバリーによる初期化を行うと
iPhoneの中のデータはまっさらになりますので
今までにバックアップをしたことがあるかが
大切になってきます。

3-2.ディスプレイケーブルが外れてiPhoneの画面が真っ暗になる

iPhoneを主にぶつけたり
落下させてしまうことで
この問題が起こり得ます。

効果的な対処法としては、
iPhoneの本体を開けて
ディスプレイケーブルを
つなぎ直すことが有効です。

ディスプレイケーブルの調整は
Apple正規店へ依頼をしてください。

3-3.ディスプレイケーブルが断線してiPhoneの画面が真っ暗になる

ディスプレイケーブルの断線だけが
起こる事例は稀ですが、大方は
画面の破損とセットになっています。

Apple正規店の技術者が
iPhoneの中を確認して、
破損や損傷がなく
単純にディスプレイケーブルの断線が原因で
画面が真っ暗な問題が起こっていた場合には、
Appleコールセンター対応になる可能性が高いです。

Apple正規店で即修理、即交換は
出来ない可能性がありませすので、
注意が必要です。(許可が下りるのに時間がかかります。)

3-4.バックライトが切れてiPhoneの画面が真っ暗になる

落下などの過失がなく、
ディスプレイケーブルの調整や
リカバリーモードによる初期化を
行ってもiPhoneの画面が真っ暗な問題を
改善できない場合は、

バックライトが切れていることが
原因の場合があります。

この場合の効果的な対処法としては、
画面修理、AppleCare+加入者は
本体交換での対応になります。

3-5.落下によりiPhoneの画面が真っ暗になる

落下によりiPhoneの画面が
真っ暗になった場合には、
有償での本体交換の対応になります。

AppleCare+加入者は
特別価格での交換が可能です。

3-5.水濡れによりiPhoneの画面が真っ暗になる

水濡れにより画面が真っ暗になってしまった場合は、
画面割れと同様に有償での本体交換の対応になります。

AppleCare+加入者は
特別価格での交換が可能です。

3-6.湾曲によりiPhoneの画面が真っ暗になる

湾曲によるiPhoneの画面が真っ暗な問題も
AppleCare+加入者でしたら、
特別価格での交換が可能です。

4.iPhoneの画面が真っ暗な時の交換金額とは?

iPhoneの画面が真っ暗なってしまい
初期化やディスプレイ調整で改善できない場合は、
修理または本体交換になってきます。

ここで紹介する金額は、
iPhone本体に画面割れや水濡れ、湾曲などの
破損や損傷があった場合の交換金額になります。

機種名AppleCare+あり9月7日まで購入(2016)AppleCare+なし
iPhone 8 Plus1274447304
iPhone 81274441904
iPhone 7 Plus1274441904
iPhone 6s Plus1274439744
iPhone 6 Plus12744780039744
iPhone 71274438664
iPhone 6s1274436504
iPhone 612744780036504
iPhone SE12744780033264
iPhone 5c12744780033264
iPhone 5s12744780033264
iPhone 57800780033264

5.iPhoneの画面が真っ暗になってしまった。まとめ

今まで自分がみてきた
iPhoneの画面が真っ暗になってしまった事例は

強制再起動で4割くらいのiPhoneが改善でき、
ディスプレイケーブルの調整で3割が改善、
リカバリーでの改善はあまりない印象で、
残り3割が修理または本体交換になっている感じです。

半分近くは、強制再起動で改善できる可能性がありますが、
もし強制再起動で改善できない場合は、
Apple正規店へ早めの予約と依頼をオススメ致します。

6.修理が面倒くさいなら機種変もアリ

修理に持っていくことや修理が完了するのを待つのが面倒くさいという方は新しいiPhoneへと機種変更するというのもアリです。

新しいiPhoneを見る(ドコモオンラインショップ)

新しいiPhoneを見る(ソフトバンクオンラインショップ)

新しいiPhoneを見る(auオンラインショップ)

あなたが修理と機種変更のどちらがピッタリかは
iPhoneの修理より機種変更がベターな4つの条件とは?
をご参照ください。


あわせて読みたい


■iPhoneを自分で修理してできるだけ節約したい方

分かりやすい動画マニュアルでiPhoneを自分で修理してみる

■iPhoneのデータを消さずに修理をしたい方

■修理に出すのが面倒くさい方

■iPhoneの修理は正規店に出したい方

最寄りのiPhoneの正規修理店を探してみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)