iphoneの画面がくるくる(ぐるぐる)で真っ暗な場合の原因と対処法とは

スポンサーリンク
画面真っ暗でくるくるする時の対処法 iPhone画面の不具合を解消

iPhoneの画面が真っ暗でくるくるしてしまう問題は簡易的なソフトウェアのバグが発生しているとくるくるして画面がフリーズしてしまう現象が起こります。

歯車マークがくるくるの画面真っ暗問題以外のiPhone画面真っ暗の対処法は「iPhoneの画面が真っ暗(ブラックアウト)になる時の原因と5つの対処法とは?【2019年3月版】」をご参照ください。

iPhoneの画面が真っ暗でくるくるして動かなくなってしまった時の対処法をご紹介します。

iPhoneの画面がくるくるで真っ暗な時の2つの対処法とは?

画面真っ暗くるくるの対処法

iPhoneの画面が真っ暗でくるくるが表示されてしまった時の対処法としては2つあります。

  1. iPhoneの強制再起動を行い「くるくる」を解消する方法
  2. 強制再起動で改善が出来ない場合はリカバリモードで初期化をする

の2パターンがご家庭でも行える対処法になります。

強制再起動で画面が真っ暗でくるくるする問題をクリアにする

iPhoneの強制再起動を行い、iPhoneが起動画面に入るかどうかを確認します。

iPhoneXシリーズの場合は、

iPhonex

①音量の上げるボタンを押して離して、②次に音量の下げるボタンを押して離して、③電源(スリープ)ボタンを10秒ほど長押しして下さい。

iPhoneがリンゴマークが出て起動してホーム画面やロック画面に戻ればOKです。

iPhone8、iPhone7、iPhone6s以前などの機種の強制再起動は以下を参照してください。

iPhoneの強制再起動【図解で解説】のやり方まとめ
iPhoneの強制再起動はiPhoneのいかなる不具合の時に最初に必ず実施するトラブルシューティングの基本になります。 程度の軽いシステムやソフトウェアのバグが原因となっている場合はiPhoneの強制再起動行うことでトラブルを解消することが可能です。 今回は、以下のiPhoneの再起動のやり方をご紹介します。 iPhoneX系(iPhone XS、iPhoneXSMax、iPhoneXR、iPhoneX) iPhone8系(iPhone8、iPhone8puls) iPhone7系(iPhone7,iPhone7puls) iPhone6s系(iPhone6s、iPhone6sPuls) iPhone6系(iPhone6、iPhone6puls) iPhone SE iPhone5系(iPhone5s、iPhone5c、iPhone5)

 

iPhoneの強制再起動を行っても、画面が真っ暗でくるくるが止まらない場合は、より強力な初期化を行うことで改善が見込まれます。

リカバリモードで画面が真っ暗でくるくるする問題をクリアにする

Recoveryで画面来る来るを直す

強制再起動を実施しても画面の真ん中でくるくる表示される問題が改善できない場合は、リカバリモードによるiPhone本体の初期化を実施してください。

【iPhoneトラブル解消!】リカバリーモードのやり方【パスコード忘れ対策】

初期化をしても画面が真っ暗でくるくるする問題が改善できない場合は本体交換

初期化を行っても画面が真っ暗でくるくるしてしまう問題が改善がされない場合は、iPhone本体まるごとの交換対応になってきます。

お使いのiPhoneの保証期間を確認して、保証期間内にあれば基本的には無料での対応が可能ですが、iPhone本体に画面のひび割れや筐体のエグレ傷や湾曲、水没痕が見受けられる場合には有償での対応になります。

iPhoneの本体交換価格

iPhone 修理サービス料金 - Apple サポート
iPhone 画面の修理、バッテリー交換、保証対象外、エクスプレス交換サービスの料金。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました