iPhoneの強制再起動【図解で解説】のやり方まとめ

スポンサーリンク
iPhoneの強制再起動まとめ Appleサポートに関するトピック

iPhoneの強制再起動はiPhoneのいかなる不具合の時に最初に必ず実施するトラブルシューティングの基本になります。

程度の軽いシステムやソフトウェアのバグが原因となっている場合はiPhoneの強制再起動行うことでトラブルを解消することが可能です。

今回は、以下のiPhoneの再起動のやり方をご紹介します。

  • iPhoneX系(iPhone XS、iPhoneXSMax、iPhoneXR、iPhoneX)
  • iPhone8系(iPhone8、iPhone8puls)
  • iPhone7系(iPhone7,iPhone7puls)
  • iPhone6s系(iPhone6s、iPhone6sPuls)
  • iPhone6系(iPhone6、iPhone6puls)
  • iPhone SE
  • iPhone5系(iPhone5s、iPhone5c、iPhone5)

1.iPhoneの強制再起動とは?強制再起動でデータは消えないの?

iPhone強制再起動の動画

GIFが再生。3秒眺めてください。

基本的にはiPhoneの電源ボタンやホームボタンを10秒間以上長押しをして強制的に電源を切り、強制的にiPhoneを起動する作業のことをiPhoneの強制再起動といいます。

iPhoneの強制再起動ではiPhoneのデータは基本的には消失することはないトラブルシューティングだと認識されていますが、強制的にiPhoneの電源を切り、強制的にiosを起動させていますので、極稀にiPhone本体のアップデートが上手くいっていないiPhoneなど潜在的なシステムの不具合やバグを含んだ状態で強制再起動を行うと、iPhone本体がフリーズしたり、リンゴループを繰り返したりiTunes接続画面が表示されたりと、強制再起動によって別の不具合が再現されてしまうといったトラブルも起こりえます(私の体験上)。

なので、強制再起動はデータが無くなってしまうトラブルシューティングでは基本的にはありませんが、予期せぬ不具合を想定してiPhoneのバックアップが取れる状態にあるのであれは、強制再起動を実施する前にiPhoneのバックアップを作成しておくことをオススメ致します。

2.iPhoneの強制再起動、機種別のやり方

iPhoneX系(iPhone XS、iPhoneXSMax、iPhoneXR、iPhoneX)の強制再起動のやり方

iPhonex

①音量の上げるボタンを押して離して、②次に音量の下げるボタンを押して離して、③電源(スリープ)ボタンを10秒ほど長押しして下さい。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone8系(iPhone8、iPhone8puls)の強制再起動のやり方

iPhonex

①音量の上げるボタンを押して離して、②次に音量の下げるボタンを押して離して、③電源(スリープ)ボタンを10秒ほど長押しして下さい。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone7系(iPhone7,iPhone7puls)の強制再起動のやり方

iphone7kyousei

本体右側の電源(スリープ)ボタンと音量の下げるボタンを同時に10秒ほど長押ししてください。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone6s系(iPhone6s、iPhone6sPuls)の強制再起動のやり方

002-6skyousei

本体右側の電源(スリープ)ボタンとホームボタンを同時に10秒長押しして下さい。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone6系(iPhone6、iPhone6puls)の強制再起動のやり方

002-6skyousei

本体右側の電源(スリープ)ボタンとホームボタンを同時に10秒長押しして下さい。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone SEの強制再起動のやり方

002-sekyousei

本体上部にある電源(スリープ)ボタンとホームボタンを10秒長押ししてください。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone5系(iPhone5s、iPhone5c、iPhone5)の強制再起動のやり方

002-sekyousei

本体上部にある電源(スリープ)ボタンとホームボタンを10秒長押ししてください。

10秒長押し後の対応はコチラ(全機種共通)

iPhone4系(iPhone4、iPhone4s)の強制再起動のやり方

iPhone4s強制再起動

本体上部にある電源(スリープ)ボタンとホームボタンを10秒長押ししてください。

10秒長押ししたらAppleのロゴが出てくるまで待つ

img_4641

長押ししていると上記の画面が表示されますが無視します。さらに待つと、、、、

img_2732

アップルロゴが出てくればOKです。iPhoneが使える状態まで立ち上がるまで待ちます。iPhoneのホーム画面が表示されれば完了です。

強制再起動は複数回やることで改善の見込みあり

iPhoneの強制再起動1回目でお困りの症状が改善できない場合は、複数回を実施することで改善される見込みがあります。具体的な回数としては3回が目安になります。

1度の実施で改善ができない場合は3回強制再起動を実施してみて改善ができるかをどうかを試してみてください。

iPhoneの強制再起動で問題が解決しない場合は、iPhoneの初期化

iPhoneの強制再起動でお困りの問題が改善出来ない場合は、次の手段としてiPhone初期化があります。

iPhoneの初期化を行うやり方は、パソコン環境があればリカバリーモードによる初期化が一番オススメですがパソコンがない場合は、iPhone本体から実施できるコンテンツリセットから実施されるのもアリです。

iPhoneを初期化(コンテンツリセット)する方法とは
iPhoneの初期化を知っておくと 以下の時に役立ちます。 iPhoneの挙動が不安定で データの初期化を素早く試したい時 古くなったiPhoneを下取りや譲渡する時 修理に出す時覚えておいて損はないと思います

万一、iPhone本体でできるコンテンツリセットでも改善が出来ない場合は、コンテンツリセットよりも強力な初期化であるリカバリーモードやDFUによる初期化を行われることをオススメ致します。

iPhoneを強制的に初期化する効果的な5つの方法とは?【令和元年版】
iPhoneを強制的に初期化する効果的な5つの方法を解説していきます。iPhoneを強制的に初期化する方法は、パスワードを忘れて初期化が必要になった場面や、iPhoneを紛失してしまい他人にiPhoneの中を見られたくない時などに、強制的に&遠隔からでも初期化する方法が大切になってきます。シチュエーションごとの5パターンを解説!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました