【永久保存版】iPhone6s/6s Plus修理ガイド-料金、保証、修理期間、代替機、予約は?

iPhone6s/6s Plusが
故障してしまった時に
修理ってどうすればいいの?

  • どこに行けばいいの?
  • 保証は使えるの?
  • お金がいくらかかるの?
  • 修理期間はどれくらいかかるの?
  • 貸出機は出るの?

といった
よくある疑問点を
解説していきます。

1.iPhone6s/6s Plus修理はどこで出来るの?
2.iPhone6s/6s Plus修理で予約は必要なのか?
3.iPhone故障の種類と無償か有償なのか
4.iPhone6s/6s Plusの保証と期間を調べる
5.iPhone6s/6s Plus修理の料金とは?
6.iPhone6s/6s Plusの修理期間と代替機
7.iPhone6s/6s Plusの交換プログラム系
8.iPhone6s/6s Plus修理前の必須準備とは?
9.iPhone6s/6s Plus修理ガイドまとめ
10.2017/01/19追記:iPhone6sリコール問題の記事まとめ

1.iPhone6s/6s Plus修理はどこで出来るの?

iPhone6s/6s Plusの修理は

  • Apple Store(アップルストア)
  • Apple正規サービスプロパイダ
  • ネット&電話経由(配送修理)
  • ※ソフトバンクショップ
  • ※auショップ
  • ※ドコモショップ

の5パターンあります。

1-1.Apple Store(アップルストア)

iPhone6s/6s Plusの修理ができる場所として
Apple Store(アップルストア)は
直営店になりますので、

修理において
対応できるサービスの
幅と権限が広いのと
修理の期間を
短時間で提供することが可能です。

修理サービスの幅の広さと
修理期間の時間が短いことが
Apple Storeの強みですが、

修理の拠点数が、
全国で7店舗しかないので、
Apple Storeがない都道府県の
方ですと、馴染みがないかもしれません。

Apple Storeの
修理サービスの拠点数を
カバーするものとして、
次項で説明します

Apple正規サービスプロパイダ

ネットや電話での対応法あります。

1-2.Apple正規サービスプロパイダ

Apple正規サービスプロパイダは、
Appleの認定を受けた
Apple Storeと同等の
修理サービスを受けられる
修理拠点になります。

Apple Storeと
異なる点は、
画面の修理が
配送でないと受付が出来ない点
バッテリー交換などの
部品修理の金額が異なることがあります。

バッテリー交換金額
Apple Storeは7800円
Apple正規サービスプロパイダは10152円

Apple正規サービスプロパイダの
店舗数が多いお店ですと、

カメラのキタムラ(全国59店)
ビックカメラ(全国26店)
クイックガレージ(全国11店)

があります。

関連:Apple正規サービスプロパイダ一覧

1-3.ネットや電話での修理依頼

ご自宅の最寄りに
Apple Storeや
Apple正規サービスプロパイダがない
または、距離的に遠くて行けない場合は、

AppleCareに加入であれば、
iPhoneエクスプレス配送交換を利用することで
ご自宅に新しいiPhoneが届き交換することが可能です。

ご依頼は、
Appleサポートのチャットを使って依頼をされるか

0120-277-535へ電話をして
修理をエクスプレス配送交換で
承ることも可能です。

エクスプレス配送交換が
利用できない場合は、(AppleCare+が未加入など)
配送で修理を承ることも可能ですが、
お使いのiPhone6s/6s Plusを
修理に出している間、

Apple側から
貸出機は出ませんので、
キャリアショップで
借りるなどして
ご自身で代替機を用意して
頂く必要があります。

1-4.ソフトバンクショップ

ソフトバンクショップで
iPhoneの修理ができる拠点が
東京と大阪に限られますが、
修理を受付することが可能です。

iPhone/iPad の点検・修理受付が、
ソフトバンク表参道とソフトバンクグランフロント大阪で
可能となりました。サービスの詳細については、下記をご確認ください。

iPhone/iPad 店頭修理サービス

 

1-5.auショップ

ソフトバンクショップと同様に
auショップの一部の店舗で
iPhoneの修理受付をできる店舗があります。

予約画面|au SHINJUKU iPhone/iPad修理の来店予約

 

1-6.ドコモショップ

ドコモショップでの
iPhone修理が出来る
拠点は現状まだありません。

ですが、
ドコモのiPhoneの場合は、
ご加入されている保証の種類によって
修理を依頼される拠点が変わりますので、
注意が必要です。

AppleCare+または
1年間のメーカー保証のみの場合は、
Apple Storeまたは、
Apple正規サービスプロパイダで修理が可能ですが、

ケータイ補償サービスに
加入されているドコモのiPhoneの場合は、
画面割れや水濡れがない自然故障は
Apple StoreやApple正規サービスプロパイダで
修理を受付することが可能ですが、

画面割れや水濡れが
万一ある場合は、

ケータイ補償サービスのセンターへ
修理の依頼が必要
Apple Storeや
Apple正規サービスプロパイダでは
修理の受付が出来ませんので、
気をつけてください。

2.iPhone6s/6s Plus修理で予約は必要なのか?

iPhone6s/6s Plusの修理をしたい時に
予約をするべきかどうかですが、

Apple Storeも
Apple正規サービスプロパイダも
当日来店の修理の場合ですと、
混雑状況によっては、少なくとも2時間ほど
待たないといけない場合がありますので、、

当日以外の日程で
時間を作れそうな場合は、
予約をされてから修理をされることを
オススメ致します。

Apple Storeまたは
Apple正規サービスプロパイダの
拠点によって、または繁忙期などですと、
予約なしでの修理は一切お受付ができない
完全予約制の場合がありますので、

最寄りのApple Storeや
Apple正規サービスプロパイダに
予約が必須かどうか確認をしてから
修理の持ち込みをされることをオススメ致します。

3.iPhone故障の種類と無償か有償なのか

iPhoneの故障には、
大きく分けますと、
お金のかからない、
無償の修理または本体交換

お金のかかる
有償の修理または本体交換
があります。

無償修理になるための
iPhoneの条件は、

画面割れや水濡れや湾曲など
iPhoneに対しての損傷や破損がない状態

自然故障が発生していて、

かつ保証期間内であれば、
無償での修理または交換が可能です。

反対に有償修理は、
損傷や破損がiPhone本体に見受けられるか
iPhoneの保証期間が過ぎてしまっているもの
有償修理の対象になります。

3-1.無償でiPhone6s/6s Plusを修理または交換

iPhone6s/6s Plusが
無償で修理または、
本体の交換になるパターンは、

故障の種類AppleCare+なしAppleCare+あり
バッテリー消耗バッテリー交換バッテリー交換
iTunes接続の画面本体交換※本体交換※
リンゴループ本体交換※本体交換※
Appleロゴでフリーズ本体交換※本体交換※
画面が真っ暗(色がおかしい)お預かり修理本体交換
タッチパネルが反応しないお預かり修理本体交換
画面が勝手に反応するお預かり修理本体交換
電源が入らないお預かり修理本体交換
バックライトが切れているお預かり修理本体交換
画面の半分が映らないお預かり修理本体交換
画面に線が入るお預かり修理本体交換
画面のドット抜けお預かり修理本体交換
3DTouchが出来ないお預かり修理本体交換
ホームボタンが反応しないお預かり修理本体交換
音量ボタンが反応しない本体交換本体交換
サイレントスイッチが緩い本体交換本体交換
電源ボタンが反応しない本体交換本体交換
FaceTimeカメラ(前面)がズレているお預かり修理本体交換
FaceTimeカメラ(前面)が写らないお預かり修理本体交換
iSightカメラ(背面)が真っ暗になるカメラ交換カメラ交換
iSightカメラ(背面)のピントが合わないカメラ交換カメラ交換
iPhoneの充電が出来ない本体交換※本体交換※
iPhoneの電源が入らない本体交換※本体交換※
電波が圏外・検索中になる本体交換本体交換
Wi-Fiが接続できない本体交換本体交換
Bluetoothが接続できない本体交換本体交換
スピーカーから音が出ない本体交換本体交換
通話時に自分の声が相手に聞こえない本体交換本体交換
受話音量が小さい、相手の声が聞こえないレシーバー交換レシーバー交換

で、
かつ、画面割れや
水濡れがない場合に
無償での修理または、
本体交換が可能となります。

3-2.有償でiPhone6s/6s Plusを修理または交換

iPhone6s/6s Plusの修理または交換で
お金が発生してくるパターンは
1年間の製品限定保証または
AppleCare+の保証期間が過ぎてしまっている場合か

iPhone6s/6s Plus本体に

  • 水濡れ
  • 湾曲
  • 画面割れ
  • 傷の大きい落下痕や打痕がある

場合には、
有償の修理または交換対応になってきます。

4.iPhone6s/6s Plusの保証と期間を調べる

iPhoneの故障、
特に自然故障ですと、
AppleCare+のあるなしによって
受けられる修理サービスが
大きく変わってきますので、
iPhoneの保証状況をまず、確認します。

4-1.保証の確認の仕方(iPhoneが操作できる)

iPhoneが操作可能な場合は、
iPhone本体から保証の状況を確認します。

設定→一般→情報の順に進みます

hosyo1

シリアル番号をコピーして
保証状況とサービス期間を確認する
へ貼り付けをします。

修理サービスの保証対象です。
と出ていれば保証期間内になります。

hosyo3

4-2.保証の確認の仕方(iPhoneが操作不可)

保証状況とサービス期間を確認する
にアクセスが可能なパソコンまたは、
iOSデバイスまたはその他スマホで

保証状況とサービス期間を確認する
を開きます。

iPhone6s/6s PlusのSIMトレイから
IMEI番号を確認し、シリアル番号を
“保証状況とサービス期間を確認する”へ入力します。

iPhone

以下のデバイスでは、「設定」メニューでシリアル番号を、SIM トレイで IMEI/MEID を確認できます。サポートにお問い合わせの際、「設定」メニューを表示できない場合は、シリアル番号の代わりに IMEI/MEID をお使いいただけます。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

引用先:iPhone、iPad、iPod touch でシリアル番号や IMEI を確認する

4-3.ドコモ・ソフトバンク・auの保証サービス

ドコモ・ソフトバンク・auの
iPhone保証(補償)サービスは
有償の修理の際に
保証(補償)サービスを
適用することが可能です。

ドコモの「ケータイ補償サービス
for iPhone & iPad」は、
11,000円を1年間に
2回まで適用することができます。

ドコモのケータイ補償サービスは、
修理代金を還元する
ソフトバンクやauの保証サービスと異なり、

iPhoneをApple Storeや
Apple正規サービスプロパイダや
Appleの配送修理を一切通さずに、

ドコモとiPhoneユーザー様で
直接やり取りをして交換する
保証サービスになります。

ソフトバンクの
「あんしん保証パック(i)プラス」は、
修理料金の80%以上の金額を
お使い頂いてるiPhone6s/6s Plusの
毎月の利用料金から割引によって
還元がされる保証サービスです。

auの「iPhone修理代金サポート」は、
最大1万円の金額はauから振込にて
還元される保証サービスになります。

iPhone6s/6s Plusの場合
AppleCare+を使って修理をすると、
修理にかかる料金が12744円なので、
実質2744円で修理が可能です。

5.iPhone6s/6s Plus修理の料金とは?

iPhone6s/6s Plusの

  • 画面割れ
  • 水濡れ・画面割れ・湾曲
  • バッテリー交換
  • カメラ・バイブ・レシーバーなど部品

の修理の際にかかる
修理の料金をまとめていきます。

5-1.画面割れ

iPhone6s/6s Plusの
画面割れの際に出来る
修理方法は2種類あります。

画面のみ修理を行う方法と、
本体をまるごと新しいものと
交換する本体交換があります。

画面のみ修理が
可能なiPhone6s/6s Plusかどうかは、
iPhone本体の損傷具合によっては、
画面のみ修理が行えず、

本体交換の案内がある場合がありますが、
担当する技術者によって、
提案される修理方法は変わってくると思います。

ここでは、
画面のみ修理をする際の
料金を載せています。

 iPhone6siPhone6s Plus
AppleCare+なし19,224円21,384円
AppleCare+あり3672円3672円

画面のみ修理は、
交換するディスプレイの在庫が
あれば、Apple Storeでは
即日のディスプレイ修理が可能ですが、

Apple正規サービスプロパイダですと、
Appleから部品としてディスプレイパーツが
供給されていませんので、

一度、お持ちいただいたiPhone6s/6s Plusを
Appleの修理センターへ送って

ディスプレイ修理を実施し、
修理が完了しましたら、
修理の受付をした
正規サービスプロパイダに修理品を
取りに行く必要があります。

修理受付と
修理品の受取と
2度正規サービスプロパイダへ
足を運ぶ必要がありますので、

お住いの近くに
Apple Storeまたは
Apple正規サービスプロパイダ
がない場合は、

アップルサポートへ
配送にてディスプレイの修理を
行うことも可能です。

5-2.水濡れ・画面割れ・筐体湾曲または保証期間切れ

iPhone6s/6s Plusの
本体交換が必要な水濡れ・画面割れ・筐体湾曲
またはiPhoneの保証期間が切れてしまった場合は
以下の修理料金が発生してきます。

 iPhone6siPhone6s Plus
AppleCare+あり12744 円12744 円
AppleCare+なし
保証期間切れ
36,504円39,744円

水濡れをしていて
かつ、電源が入らない
iPhone6s/6s Plusの場合、
修理の際に実施するツールテスト(検査)に
合格しなかった場合は、
お預かりでの修理になる場合があります。

5-3.バッテリー交換

iPhone6s/6s Plusの
バッテリー交換は、
製品の保証期間内でしたら
修理の料金は発生してきませんが、
保証期間が過ぎてしまっている場合は、
下記のバッテリー交換料金がかかります。

Apple Storeまたは
Apple配送修理は、7800円

Apple正規サービスプロパイダは
10152円での交換対応になります。

5-4.カメラ・レシーバーなど部品交換

iPhone6s/6s Plusの
カメラ・レシーバー
などの部品交換もバッテリー交換
と同様に保証期間内でしたら

無償での交換対応が可能ですが、
保証期間を過ぎてしまっている場合は、
下記の交換料金がかかります。

  • カメラ交換は9612円
  • レシーバー交換8856円

カメラ交換修理が
必要になってくる
iPhone6s/6s Plusの故障内容は、

  • 背面カメラのピントが合わない
  • 背面カメラが真っ暗になる
  • 背面カメラが起動しない

などがカメラ交換対象になります。

レシーバー交換は、
レシーバーが
iPhoneの受話部分になりますので
iPhone6s/6s Plusの故障内容は、

  • 通話の際に相手の声が聞こえない
  • 通話の際に相手の声に波がある
  • 通話の際に相手の声が小さい
  • 通話の際にレシーバーから
  • 常時ノイズが入り聞こえにくい

などがレシーバー交換対象になります。

カメラ交換修理も
レシーバー交換修理も
部品を交換をすることで
故障を改善できない場合は

iPhone本体の初期化を
実施します。初期化をしても
故障が改善できない場合は、

本体まるごとの
交換対応になります。

部品交換で
改善できない場合の
iPhone6s/6s Plusの
本体交換の金額は、

iPhone本体の保証によって
決まりますので、注意が必要です。

6.iPhone6s/6s Plusの修理期間と代替機

故障した
iPhone6s/6s Plusの修理に
かかる期間と代替機(貸出機)に
ついてまとめていきます。

6-1.即日可能な修理とは?

故障した
iPhone6s/6s Plusを
修理する際に即日での
対応が可能な修理/故障内容は、

  • 本体交換が必要な画面割れiPhone
  • 電源が入る水濡れiPhone
  • 筐体の湾曲

など、
修理では改善できず、
本体交換が必須の故障内容は、
在庫があれば、即日での対応が可能です。

または、
修理が店舗で実施できる
バッテリー交換
カメラ交換
レシーバー交換

なども、
交換用の在庫があれば、
即日での修理対応が可能です。

6-2.1週間前後かかる修理は?

1週間前後の
お時間が必要になる修理は、

画面のみ修理を
正規サービスプロパイダで
依頼する場合や、

AppleCare+に加入しておらず、
画面やホームボタンが
自然故障してしまった
iPhone6s/6s Plusは、

Apple修理センターへ
送付しての修理になるので、
1週間前後のお時間がかかります。

また、
iPhone6s/6s Plusが
水濡れをしてしまい
電源が入らない場合は、

お預かり修理になるので、
同様に1週間前後のお時間がかかります。

6-3.修理期間中の代替機は?

画面やホームボタンの
故障が自然故障が原因の場合は、

修理期間中に
代替機(在庫があれば)を貸し出すことが可能です。

自然故障で(無償修理)
お預かり修理になった場合は、
代替機の在庫があれば、
貸し出すことが可能ですが、

水濡れで電源が入らないなど、
有償でかつ、お預かり修理の場合は、
修理を受付する拠点によっては、
代替機の在庫があっても

貸出を行っていない店舗もありますので、
最寄りの修理拠点へ代替機が
対応可能なのかどうか事前に
確認されることをオススメ致します。

7.iPhone6s/6s Plusの交換プログラム系

iPhone6s/6s Plusの交換プログラムには、

iPhone 6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム

が発表されています。

交換プログラム対象のiPhoneは
1年間の製品限定保証や
AppleCare+の保証期間と異なり、

対象の交換プログラムの
保証サービス期間が優先されます。

また、
交換プログラムとして
Appleから発表はされていませんが、

バッテリー膨張による
iPhoneの保証も交換プログラム系の
サービスと似ていますので、
紹介しておきます。

7-1.iPhone 6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム

2016-12-03_011708

iPhone 6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラムは、

iPhone 6s が
突然シャットダウンする
問題に対するプログラムとは、

ごく一部の iPhone 6s が
突然シャットダウンする
(電源がオフになる) 場合が
あることが判明しました。

これは安全性に関わる
問題ではありません。

この問題の影響が
確認されているのは、
2015年9月から10月までの間に製造され、
シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 6sのみです。

お使いの iPhone 6s にこの問題が
発生したことがある場合は、
下のボックスにシリアル番号を入力して、
その iPhone 6s が本ブログラムの
適用対象かどうかをご確認ください。

本プログラムの適用対象である場合は、
その iPhone 6s のバッテリーを
無償で交換させていただきます。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

対象のシリアル番号に
該当したiPhone 6sを
無償でバッテリー交換によって
シャットダウンの問題を改善します
というプログラムになります。

関連:iPhone 6sシャットダウン問題プログラム続報!まだ?

7-2.バッテリー膨張

batteyswell

バッテリー膨張の
保証サービスに該当する
iPhoneとは、

  • 購入から2年以内であること
  • iPhone本体に損傷や破損がない状態の
  • iPhoneにバッテリー膨張が
    見受けられる場合は、

無償での本体交換が出来る
というサービスになります。

関連:iPhoneのバッテリー膨張はバッテリー交換じゃねえよ?

損傷や破損があった場合は、
有償での本体交換対応になります。

iPhone本体に
損傷や破損が見受けられないが、

購入から2年を過ぎてしまった場合は、
バッテリー交換の金額(7800円)で
本体交換を受けることができます。

購入から2年を過ぎた
バッテリー膨張のiPhoneでの
注意点としては、Apple Storeまたは、
Appleサポート(コールセンター)でないと、
本体交換のサービスは受けられないので、
注意が必要です。

8.iPhone6s/6s Plus修理前の必須準備とは?

iPhone6s/6s Plusを
修理に出す前に
必要な事前準備は、

  • バックアップを取ることと
  • iPhoneを探すをオフにする

必要があります。

8-1.iPhoneのバックアップを取る

iPhoneのバックアップを
取るには、iPhoneとWi-Fiを
使って出来るiCloudで行う方法
iPhoneをパソコンに繋いで出来る
iTunesで行う方法の2種類があります。

iCloudとiTunesの両方で
バックアップが出来る環境があるのであれば、
iCloudとiTunesの両方で取ることをオススメ致します。

関連:Apple推奨のiPhoneをバックアップする2つの方法

8-2.iPhoneを探すをオフにする

iPhoneを探すは、
iPhoneを紛失した時に役立つ
セキュリティの機能になります。

iPhoneを探すをオフにする4つのやり方を知ってるかい?
iPhoneを探すをオフにする4つのやり方を紹介していきます。1.iPhoneからiPhoneを探すをオフにするやり方2.PCからiPhoneを探すをオフにするやり方3.アプリからiPhoneを探...

 

9.iPhone6s/6s Plus修理ガイドまとめ

今回は、お使いの
iPhone6s/6s Plusが
故障してしまった場合に
料金、保証、修理期間
代替機、予約とよくある
質問を中心にまとめてみました。

今後、
故障した
iPhone6s/6s Plusを
お使いの方の参考になれば幸いです。

10.2017/01/19追記:iPhone6sリコール問題の記事まとめ

2016/11/28:iPhone 6sのバッテリー交換プログラムをリリース!だがしかし、
2016/11/29:iPhone6sユーザー「交換プログラムで修理したい」僕「出来ないっす。。」
2016/12/04:iPhone 6sシャットダウン問題プログラム続報!まだ?
2016/12/13:iPhone6sバッテリー入荷でようやく開始!だが、別の問題が
2016/12/14:iPhone6s交換プログラムは本体交換でよくね!?
2016/12/15:iPhone6sバッテリー交換40分以内とかマジ無理ゲーな件
2016/12/27:適用対象外の電源落ちるiPhone6sを解決する4つの方法
2017/01/18:iPhone6sリコールなんだけど画面ヒビで対象外な件

 


あわせて読みたい


iPhone7でAppleCare+に入るべき14個の理由

iPhoneのバッテリー診断(iOS診断)を行う方法【2016年版】

auのiPhone修理ガイド/金額はいくら?予約は必要?バックアップは?

ソフトバンクiPhoneの修理ガイド【2016年版】

ドコモiPhoneの修理ガイド【2016年版】

iPhoneの修理料金はいくら?故障別まとめ(有償修理編)

iPhoneが不安定な時の初期化とリセット6パターン

iPhone修理の料金はいくら?よくある無償修理まとめ

iPhoneが圏外のままになる原因と10個の対処法とは?












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA