iPhoneが充電できない原因10個と対処法

iPhoneを充電しようとして
ライトニングケーブルを挿してみたところ
稲妻マークにならず、iPhoneの充電が出来ない
というトラブルが起こるときがあります。

iPhoneを
落としたり、
ぶつけたり、
水に落としたりしていないのに
なんでだろう?と思いますよね。

今回は、
iPhoneが充電出来なくなってしまった時の
対処法をご紹介していきます。

1.iPhoneが充電できない時の原因とは?
2.対処の前の事前準備はしっかりと
3.iPhoneが充電できない。10個の対処法とは?
4.まとめ
5.[追記]修理をすると損してしまう条件とは?

 

1.iPhoneが充電できない時の原因とは?

iPhoneで充電ができなくなる時の
考えられる原因を挙げていきます。

  • Lightningコネクタにホコリが層になって固まっている
  • Lightningコネクタに異物が詰まっている
  • 異物が詰まりLightningコネクタのピンが折れてしまっている
  • ライトニングケーブルの端子の金色部分がかけてしまっている
  • ライトニングケーブルが断線してしまっている
  • 水の侵入によりLightningコネクタが腐食してしまっている
  • 純正ではないケーブルを使って、コネクタがショート(黒焦げ)してしまっている
  • iPhoneの充電を司るソフトウェアの不具合で充電を認識できない
  • iPhoneのシステムが予期しないシャットダウンしていまっている
  • Lightningコネクタの基盤が故障している
    などが挙げられます。

2.対処の前の事前準備はしっかりと

充電ができないiPhoneの対処を行う前に
バックアップはしっかり取ることが重要です。

再起動をしてみたところ、
iPhoneがうんともすんとも起動しなくなってしまった
ということも起こりえますので、

取り返しがつかなくなってからでは遅いです。

対処をする前には、
必ずバックアップをとってから始めてください。

関連:Apple推奨のiPhoneをバックアップする2つの方法
関連:iPhoneのバックアップが1つしかないとヤバイ2つの理由

3.iPhoneが充電できない。原因別の対処法とは?

iPhoneが充電できない時の
原因別の対処法を解説していきます。

3-1.Lightningコネクタにホコリが層になって固まっている

Lightningコネクタ内で
ホコリが層になって固まっていると
iPhoneが充電できないという場合があります。

Lightningケーブルを挿した時に、
ケーブルが奥まで入らない状態になっているか

または、
中を覗いた時にわたぼこりが見えるか
端子の奥が灰色っぽくなっている場合は
ホコリが詰まっていますので、

身近にあるものですと、
筆や歯ブラシなどで中を掃除してください。

ブラシで取れそうにない場合は、
爪楊枝などで、iPhoneのLightningコネクタのピンを
傷つけないように気をつけながら、除去してください。

3-2.Lightningコネクタに異物が詰まっている

Lightningコネクタ内に
異物が詰まることで、
iPhoneが充電できないという場合があります。

Lightningコネクタ内を覗いて
異物が入っている場合は、
コネクタのピンの破損に
気をつけながら、爪楊枝または、安全ピンを使い、
異物を取り出してください。

3-3.異物が詰まりLightningコネクタのピンが折れてしまっている

Lightningコネクタのピンが折れていることが
原因でiPhoneが充電できない場合ですと、
損傷扱いになりますので、有償修理の対応となります。

有償修理の金額は、
以下の表のようになり、

機種名AppleCare+あり9月7日まで購入(2016)AppleCare+なし
iPhone 8 Plus1274447304
iPhone 81274441904
iPhone 7 Plus1274441904
iPhone 6s Plus1274439744
iPhone 6 Plus12744780039744
iPhone 71274438664
iPhone 6s1274436504
iPhone 612744780036504
iPhone SE12744780033264
iPhone 5c12744780033264
iPhone 5s12744780033264
iPhone 57800780033264

AppleCare+がない場合、
またはiPhoneの保証期間が過ぎてしまっている場合は、
3万以上、機種によっては4万円以上という
高額な修理金額がかかります。

正規店以外の修理を使えば、
大幅に修理金額を抑えることが可能です。

充電ができないiPhoneの修理金額比較(正規VS非正規)は
以下の記事を参考にしてください。

充電ができないiPhoneの修理費用を安くするには

3-4.ライトニングケーブルの端子の金色部分が取れてしまっている

ケーブルの破損が充電出来ないことの原因なのか、確認するために、
壊れていないライトニングケーブルをお持ちでしたら、
iPhone本体側に問題がないのか、接続してテストをしてください。

充電出来ないことの原因がライトニングケーブルにあることが分かりましたら、
新しいLightningケーブルと交換されることをオススメ致します。

ライトニングケーブルの交換は、
お持ちのiPhoneが1年の製品補償の期間内であるか、
AppleCare+の保証期間内でしたら、無償で交換をすることが可能です。

ケーブルの損傷具合によっては無償交換ができない場合もありますので、
お近くの正規サービスプロパイダ
または、Appleコールセンターへ確認してください。
→ 0120-277-535

3-5.ライトニングケーブルが断線してしまっている

この場合も、壊れていないケーブルでまずテストをし、
iPhone本体側にも充電できない問題がないかを確認します。

保証期間内でしたら、無償で交換対応をすることが可能です。

3-6.水の侵入によりLightningコネクタが腐食してしまっている

Lightningコネクタ内に
水が侵入することで、
コネクタのピンが腐食して
iPhoneの充電ができないくなる
という場合があります。

Lightningコネクタの腐食は、
コネクタの中を見た時に、
中が緑色に変色しているか、
Lightningコネクタのピンが茶色っぽく錆びていることで
腐食を確認することができます。

もし、腐食が確認できた場合は、
損傷扱いになり、有償修理での対応になります。

有償修理は、
本体交換になります。

機種名AppleCare+あり9月7日まで購入(2016)AppleCare+なし
iPhone 8 Plus1274447304
iPhone 81274441904
iPhone 7 Plus1274441904
iPhone 6s Plus1274439744
iPhone 6 Plus12744780039744
iPhone 71274438664
iPhone 6s1274436504
iPhone 612744780036504
iPhone SE12744780033264
iPhone 5c12744780033264
iPhone 5s12744780033264
iPhone 57800780033264

この状況の場合も

AppleCare+がない場合、
またはiPhoneの保証期間が過ぎてしまっている場合は、
3万以上、機種によっては4万円以上という
高額な修理金額がかかります。

正規店以外の修理を使えば、
大幅に修理金額を抑えることが可能です。

充電ができないiPhoneの修理金額比較(正規VS非正規)は
以下の記事を参考にしてください。

充電ができないiPhoneの修理費用を安くするには

3-7.純正ではないケーブルを使って、コネクタがショート(黒焦げ)してしまっている

純正ではない
Lightningケーブルによって、
Lightningコネクタ内がショートをして
iPhoneの充電ができなくなるという場合があります。

Lightningコネクタがショートして、
iPhoneの充電がうまくいかない場合のチェック方法は、
Lightningコネクタの中を見た時に、
黒っぽいすすが中についていることで確認することが可能です。

コネクタのショートが確認できた場合も、
損傷扱いになり、有償修理での対応となります。

機種名AppleCare+あり9月7日まで購入(2016)AppleCare+なし
iPhone 8 Plus1274447304
iPhone 81274441904
iPhone 7 Plus1274441904
iPhone 6s Plus1274439744
iPhone 6 Plus12744780039744
iPhone 71274438664
iPhone 6s1274436504
iPhone 612744780036504
iPhone SE12744780033264
iPhone 5c12744780033264
iPhone 5s12744780033264
iPhone 57800780033264

この状況の場合も

AppleCare+がない場合、
またはiPhoneの保証期間が過ぎてしまっている場合は、
高額な修理金額がかかります。

正規店以外の修理を使えば、
大幅に修理金額を抑えることが可能です。

充電ができないiPhoneの修理金額比較(正規VS非正規)は
以下の記事を参考にしてください。

充電ができないiPhoneの修理費用を安くするには

3-8.iPhoneの充電を司るソフトウェアの不具合で充電を認識できない

iPhoneの充電を司る
ソフトウェアの不具合が原因で
iPhoneが充電できなくなる場合があります。

ソフトウェアが原因で充電がうまく反応しない場合は、
まず、電源のオンオフを行い、改善できたか確認します。
改善できない場合は、リセットの6パターンに沿って、
リセットと初期化を進めていきます。

最後のDFUをおこなっても
改善できない場合は、
iPhoneの本体側に何かしら問題がある状態なので、
修理を検討してください。

iPhoneが保証期間内でしたら、
無償で修理対応をすることが可能です。

3-9.システムが予期せずシャットダウンし充電が出来ない状態になっている

iOSなどのシステムが
何かしらの原因で負荷がかかり、
システムが予期せずシャットダウンしたことで
iPhoneの充電ができなくなる場合があります。

このトラブルの場合も同様に、
リセットの6パターンを使って改善できるかどうかテストしてください。

6パターンを行って改善できない場合は、
修理を検討してください。

3-10.Lightningコネクタへとつながる基盤が故障している

リセットの6パターンを行って
改善できない場合は、原因の完全な特定は不可能ですが、
基盤が何かしらの理由で故障する可能性があります。

この場合は、
使用者の方に非はありませんので、
iPhone本体の損傷を診断して、
問題がなければ、無償で修理ができます。

4.まとめ

今回は、iPhoneが充電できない時の
原因とその対処法を紹介しました。

自分で出来る解決法を
やってみて改善しない場合は、
修理の可能性が高いので、

Appleコールセンターへ
他に対処法がないか
確認するのも手かと思います

→ 0120-277-535
午前9時から午後9時(年中無休)

関連:失敗しないアイフォン修理の段取り6ステップとは?

5.[追記]修理をすると損してしまう条件とは?

場合によっては修理をすると、
金銭的に損をしてしまう場合があります。

修理をすると損をしてしまう条件などは、
iPhoneの修理より機種変更がベターな4つの条件とは?
をご参照ください。

iPhoneの修理より機種変更がベターな4つの条件とは?
お使いのiPhoneが故障した際に修理に出したほうが良いのかいっそのこと機種変更を考えたほうが良いのか悩まれたことはありませんか?今回は、iPhoneを修理するよりも機...

 

 


あわせて読みたい


iPhone7でAppleCare+に入るべき14個の理由

iPhoneのバッテリー診断(iOS診断)を行う方法【2016年版】

auのiPhone修理ガイド/金額はいくら?予約は必要?バックアップは?

ソフトバンクiPhoneの修理ガイド【2016年版】

ドコモiPhoneの修理ガイド【2016年版】

iPhoneの修理料金はいくら?故障別まとめ(有償修理編)

iPhoneが不安定な時の初期化とリセット6パターン

失敗しない!iPhone修理の段取り6ステップとは?

iPhone修理の料金はいくら?よくある無償修理まとめ

iPhoneが圏外のままになる原因と10個の対処法とは?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017