iPhoneの充電スピードが遅い時の原因と速くする8つの対処法とは

スポンサーリンク
iPhoneの充電スピードが遅い時の原因と速くする8つの対処法とは Appleサポートに関するトピック

昨日まではサクサク充電ができていないのに、いきなり充電スピードが落ちたような気がする、10分充電しても3%とかしか進んでないなど、お使いのiPhoneが普段と違う動きをするととても不安だと思います。

今回の記事で分かることは、
iPhoneの充電スピードが遅い時に考えられます原因と対処法をご紹介していきます。

私がiPhoneのトラブルシューティングの現場で知見を積んだ対処法になります。

1.iPhoneの充電が遅いとは?適切な充電スピードの目安

iPhoneの充電スピードが遅いという目安は、1から2分の充電で充電ゲージの%が1%増えないという現象が発生していたら充電スピードが遅いと言えます。

5分で1%しか増えないということであれば、次項目で説明するような何かしらの原因によってiPhoneの充電スピードが遅くなっています。

2.iPhoneの充電スピードが遅い原因とは

iPhoneの充電スピードが遅い原因には

[box class=”red_box” title=”充電が遅い原因”]

  • 負荷の高いアプリを起動した状態にある
  • アプリのバグやエラーで充電が遅い
  • iPhoneのソフトウェアが原因でバッテリーに負荷をかけている
  • iPhoneのソフトウェアがバグって見かけ上の%表示がズレている
  • バッテリーが劣化して消耗している状態にある
  • パソコンのUSB接続で充電をしている
  • Lightningケーブルの端子先端の金メッキが剥がれている
  • iPhoneの充電ドック(コネクタ)部分にホコリやゴミが詰まっている
  • iPhone付属の充電器で充電をしている
  • Lightningコネクタが故障している
  • ブルートゥースが調子が悪い
  • ホームボタンの調子が悪い

[/box]

が考えられます。

順番に具体的に説明します。

2-1.負荷の高いアプリを起動した状態にある

動画を見ながらや、映像グラフィックがキレイなゲームのアプリなどiPhoneのシステムやメモリに負荷がかかるアプリを起動しながらでiPhoneを充電した場合は、充電すると同時にバッテリーを使用しているので、充電スピードが遅くなる場合があります。

2-2.アプリのバグやエラーで充電が遅い

アプリのバグや挙動がおかしいアプリのせいで、iPhoneの充電が遅くなるという場合があります。

挙動がおかしいアプリは、「バッテリーの使用状況」から確認することができます。

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの使用状況」&時計マークをタップ

「バッテリーの使用状況」ではどのくらいの割合を何のアプリが占めているか、何分くらい使っているのかを見ます。

「バッテリーの使用状況」を確認して使ってもいないアプリが上位を示しているのであれば、そのアプリのシステムがおかしいのでは?と推察することができます。

2-3.iPhoneのソフトウェアが原因でバッテリーに負荷をかけている

iPhoneのソフトウェアが不具合を起こしていて、iPhoneのバッテリーに負荷をかけてしまい、充電が遅くなるという場合があります。

2-4.iPhoneのソフトウェアがバグって見かけ上の%表示がズレている

iPhoneのバッテリー自体は正常に充電が出来ているが、ソフトウェアの不具合やバグによりバッテリー残量の%表示がズレているという場合があります。

バッテリー本体は既に80%ほど充電ができているが、電池残量の%表示上では30%と表示がされてしまっていることを指します。

2-5.バッテリーが劣化して消耗している状態にある

iPhoneのバッテリーが劣化して消耗した状態にあるので、正常に充電することができず充電スピードが遅くなるという場合があります。

2-6.パソコンのUSB接続で充電をしている

iPhoneのLightningケーブルをパソコンのUSB端子から給電して充電している場合にはUSB端子からでは給電の出力が弱いので、充電スピードが遅くなってしまいます。

2-7.Lightningケーブルの端子先端の金メッキが剥がれている

LightningケーブルのiPhoneに繋げる方の端子の先端の金メッキが剥がれていたり、金メッキが黒ずんでいたりすると充電スピードが遅くなる場合があります。

2-8.iPhoneの充電ドック(コネクタ)部分にホコリやゴミが詰まっている

iPhoneのLightningケーブルが挿さる側の充電ドック内にホコリやゴミが詰まっていると、Lightningケーブルが正常に認識できないので、充電スピードが遅くなるという場合があります。

2-9.iPhone付属の充電器で充電をしている

iPhoneを購入した際について付属の充電コネクタを使っていると給電の出力が弱いので充電スピードが遅いです。
iPhoneの充電スピードを上げる方法は次項で説明していきます。

2-10.Lightningコネクタが故障している

iPhoneの充電コネクタ、Lightningケーブルを繋げるコネクタ部分が破損や故障をしていることでiPhoneの充電スピードが遅くなるということがあります。

2-11.iPhoneが過去に水没したことがある

iPhoneが過去にひどく雨に濡れてしまったり、水につかってしまったりがありますと、iPhone内の基板が腐食することにより、充電が遅くなるということがあります。

2-12.ブルートゥースが調子が悪い

iPhoneのブルートゥースパーツに不具合があると、異常に電池が消耗するのでiPhoneを充電した場合に充電スピードが遅いなと感じる場合があります。

2-13.ホームボタンの調子が悪い

iPhoneのホームボタンやタッチIDに不具合があると、ブルートゥースと同様に異常に電池が消耗するので、充電した時に充電スピードが遅いなと感じる場合があります。

3.iPhoneの充電が遅い時に速くする8つの対処法とは

[box class=”green_box” title=”充電を速くする対処法”]

  1. 起動している状態のアプリを閉じる
  2. 充電ドックを掃除する
  3. Lightningケーブルを交換&新品にする
  4. アプリやソフトウェアの問題は再起動を行う
  5. 再起動で改善ができない場合はiPhone本体の初期化を行う
  6. iPhoneのバッテリー診断とバッテリー交換をする
  7. iPhoneの急速(高速)充電器を使う
  8. iPhoneを修理する

[/box]

いかなる対処法をする前にiPhoneのバックアップを取ることをオススメ致します。

あなたにとって初期化するなど負担の少ないものから順番にご紹介していきます。

3-1.起動している状態のアプリを閉じる

iPhoneを充電する際にバックグラウンドなどにアプリが複数溜まっていると、iPhoneが起動状態にありバッテリーを消費してしまいますので、起動状態にあるアプリは終了してみます。

3-2.充電ドックを掃除する

iPhoneの充電を接続するドック部分を掃除することで充電スピードが改善することが可能です。

3-3.Lightningケーブルを交換&新品にする

iPhoneのライトニングケーブルが劣化または破損している場合は、充電スピードに関係してきますので新品に交換することで改善することが可能です。

3-4.アプリやソフトウェアの問題は再起動

iPhoneのアプリやソフトウェア上に軽微の不具合があることで充電スピードが遅い可能性がありますので、iPhoneを初期化する前にまずは再起動を実施して改善できるかを試すことをオススメ致します。

3-5.再起動で改善ができない場合は、iPhoneの本体の初期化を行う

iPhoneの再起動を実施しても充電スピードが遅い問題を改善できない場合は、本体を初期化してソフトウェアを再インストールすることで改善できるかを確認する方法があります。

3-6.iPhoneのバッテリー診断とバッテリー交換をする

iPhoneの充電スピードが遅い問題が稀にバッテリーが引き起こしている場合があります。お客様自身のiPhoneの使用頻度で異なるため一概に断定できませんが、1年以上使用しているiPhoneでバッテリーの劣化が見受けられる場合には、通常バッテリーの充電スピードは反対に早くなる傾向にありますが、遅くなるパターンもあります。

iPhoneのバッテリーを交換することで充電が遅い問題を解決することが可能です。

3-7.iPhoneの急速(高速)充電器を使う

iPhoneを充電するのをパソコンのUSB端子から充電していたり、付属の充電器を使って充電をしている方は、iPhoneの急速充電器を使ってみるとかなりの充電スピードを体感できます。

自分は給電の出力が高いiPad用の充電器をiPhoneで使っています。

iPadの充電器と同等性能でコスパが良いものがAnkerの急速充電器になります。

3-8.iPhoneを修理する

これまで説明したことを試してみてもiPhoneの充電が遅い問題が改善できない場合は、iPhoneの修理を視野にいれることをオススメ致します。

  • 修理を安くしたい方
  • iPhoneのデータを消さずに修理をしたい方
  • バックアップが取れない方
  • iPhoneの保証が切れている方
  • AppleCare+に未加入の方
  • 買い替えまでiPhone安く延命したい方

↑上記の方におすすめの修理サービスです。

老舗iPhone修理屋:あいさぽ

  • チャットでサクッと修理相談
  • 6ヶ月間の無料修理保証
  • 総務省修理登録店で安心
  • 作業量込みの明朗会計

あいさぽは創業8年で評判の良い格安iPhone修理店です。店舗数は全国に79店舗あり累計修理数は60万台の実績があります。老舗で信頼のある修理店だと言えます。

修理料金はオトクで修理料金の中に作業料金込みの明朗会計となっています。
修理は即日で対応可ですが、待機時間をムダにしたくない方はWEB予約必須です。

あいさぽのお問い合わせはチャットで出来るので「自分のiPhoneの故障は修理できるのか?」や「いくらかかるのか?」といった疑問に即時に教えてくれるのが非常に助かります。

修理後の保証期間は6ヶ月間あるので、万が一不具合が出てしまった場合のフォローは◎。6ヶ月の保証を利用して買い替えまでの延命措置としての活用もアリ。

修理と同時にiPhone内部をクリーニングしてくれるのも地味だが良いサービス。あいさぽは安心してiPhoneを修理に預けることができる格安修理サービスである。


受付時間 24時間受付
値引き 永久5%OFF
宅配修理 往復送料&
代引き手数料0円

ダイワンテレコム

  • 代替え機レンタルあり(無料)
  • 部品の品質に自信
  • データ復旧の技術も高い

ダイワンテレコムは全国に49店舗を構えるiPhone格安修理屋さんになります。修理後の品質が良い(不具合が少ない)と評判で、修理パーツの品質を高めるダイワンテレコムさんの取り組みが功を奏していると言えます。品質が良いと値段が高くなる傾向になりますが、企業努力によって料金は格安に抑えられています。

またデータ復旧サービスに力を入れていて10台中6台は復活できるとのこと。Apple正規だとデータ関係は対応不可なので、水没などでデータを復活させたいときに重宝するサービスですね。

修理保証は3ヶ月ですがパーツの品質が良いので十分な保証期間だといえます。モバイル保険対応なので加入者はタダに近い金額で修理が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました