iPhoneの画面が縦線が入る時の原因/治し方/修理とは?

iPhone画面縦線

iPhoneの画面に縦線が入り画面が見づらくなる縦線が入っている箇所のタッチパネルが反応しないというトラブルが起こる場合があります。

私が見てきた中でiPhoneの画面に縦線が入る原因や治し方や修理についてお話していきます。

データを消さずにタッチパネルを直す方法
修理は面倒くさいので機種変する

1.iPhoneの画面に縦線が入る原因とは?

私が今まで見てきた中でiPhoneの画面に縦線が入る場合には以下の原因や可能性が考えられます。

  • iOSやiPhoneのシステム的な問題
  • ディスプレイの不具合
  • 落下によるディスプレイ(画面)の破損
  • 本体の湾曲によるディスプレイ(画面)の破損
  • iPhoneの水没

等が考えられます。

2.iPhoneの画面縦線の治し方とは?

iPhoneの縦線が発生した場合に自分で出来る治し方としては、iPhoneの縦線問題がiOSやシステムが問題で発生した場合は、

iPhone本体を初期化することで改善できる場合があります。

パソコンをお持ちであればiPhoneと接続をして初期化を行ってください。初期化のやり方は以下のやり方を参考にしてください。

リカバリーモードのステップは
①iTunesを起動しておく
②iPhoneの電源をオフにする
③ライトニングケーブルをUSB側を接続しておく
④iPhoneの「ホームボタン」を押したままにする
⑤ライトニングケーブルとiPhoneを接続する
⑥リンゴマークから「iTunes接続」の画面が出てくるまで待つ
⑦iPhoneを復元
⑧復元と更新でリカバリーモードへと入ります。

パソコンをお持ちでない場合はお手数をおかけ致しますが、Apple正規店に赴くことで初期化を代行して行うことが可能です。

バックアップを今までに作成したことがない場合は、初期化するとデータの復活ができなくなるので気をつけてください。

3.iPhone画面の縦線問題の修理とは?

画面に縦線が入る場合の修理はお使いのiPhoneの保証状況によって異なってきます。

例えば、AppleCare+に入っているiPhoneでしたら本体に画面割れや水濡れなどの破損がなければ、無償での本体交換が可能になりますが、

AppleCare+に入っておらず、1年間のメーカー保証のみの場合は1週間のお預かり修理になり、修理が完了するまでの間代替え機を使用して頂く運びになります。

1年間のメーカー保証の期間が過ぎてしまっている場合は、iPhone本体の故障状況を確認し画面の修理で済みそうな場合には、
有償での画面修理を受けることが可能です。

しかし、画面に縦線が入る問題の他に画面割れや水濡れ、本体の湾曲等が見受けられた場合は、有償での本体まるごと交換の案内となり、高価な金額となりますので注意が必要です。

まずは、お使いのiPhoneの保証がAppleCare+に入っているのか1年間のメーカー保証のみなのかメーカー保証やAppleCare+の期間が切れているのかドコモのケータイ補償サービスなのかあんしん保証パックなのか

確認されることをオススメ致します。

iPhoneの保証状況や期間を確認する3つの方法とは?(AppleCare+やケータイ補償、あんしん保証、au端末サポート)

4.iPhone画面の縦線修理の料金とは?

iPhoneの画面縦線問題の修理金額の目安をお伝えしますと、

iPhoneの保証期間が切れていて、画面の交換で済む場合は14,800から31,800 円になります。

画面の縦線問題の他に画面割れや水濡れ、本体の湾曲などの故障の問題が複数になる場合は、本体まるごとの交換になり、

AppleCare+に加入されている場合は、12744円

2016年9月7日以前のiPhoneSEとiPhone5系統は7800円での対応になります。

AppleCare+に加入されていない場合は、下記の表の金額がかかります。

iPhone機種本体交換の金額(税込み)
iPhone X 65664
iPhone 8 Plus47304
iPhone 841904
iPhone 7 Plus41904
iPhone 6s Plus39744
iPhone 6 Plus39744
iPhone 738664
iPhone 6s36504
iPhone 636504
iPhone SE33264
iPhone 5c33264
iPhone 5s33264
iPhone 533264

AppleCare+の期間が過ぎてしまっている場合やiPhone本体のご利用期間が2年間を超えて使っている場合は、修理をすると非常にもったいないので、

iPhoneの機種変更を検討されることをオススメ致します。

5.iPhone画面の縦線の修理する場所とは

iPhone画面の縦線修理をするのに良い修理パターンは、

加入されている保証状況や最寄りにAppleStoreやApple正規サービスプロバイダがあるかどうかによって変わってきますが、

AppleCare+に加入されていれば、即日で本体交換できる可能性が高いので、店頭予約をしたのちに来店された方が良いかと思います。

iPhone修理正規店の一覧

6.iPhone画面の縦線に関するまとめ

今回はiPhoneの画面に縦線が入ってしまった場合にどういった対処法が考えられるかと解説させて頂きました。トラブル時の参考になれば幸いです。

 


あわせて読みたい


■iPhoneを自分で修理してできるだけ節約したい方

iPhoneを修理を自分でやるための修理キット

■iPhoneのデータを消さずに修理をしたい方

■修理に出すのが面倒くさい方

■iPhoneの修理は正規店に出したい方

最寄りのiPhoneの正規修理店を探してみる




ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider