「AppleにiPhone交換できるって言われた」僕「Goddamn(ガッデム)!!!」

こんにちは!
中の人です。

Appleサポートの人間は
マジで要注意です。

Appleサポートの
言われたことを
鵜呑みにすると、

あなたの時間と
労力が徒労に終わる
可能性がありますので
注意が必要です。

Appleサポートに
お問い合わせを
した際に、

時間と労力を
無駄にしたくない方には
絶対読んでほしい

Appleサポートとの
トラブル回避の
必読バイブルを

実際の
トラブル事例をもとに
解説していきます。

1.Jesus(ジーザス)&Goddamn(ガッデム)な1時間
2.魔法の言葉発動まであと1時間。。
3.Goddamn(ガッデム)と叫ばないための修理バイブル
3-1.やり取りの記録を残す
3-2.スペシャリスト判断かどうか確認する
4.まとめ

1.Jesus(ジーザス)&Goddamn(ガッデム)な1時間

iPhone6sの画面が真っ暗で
通電ありだが操作ができない
という問題でお持込されたiPhone

iPhone6s系統や
iPhone6系統のiPhoneが
画面が真っ暗になっている状態だが、

バイブレーションや
通知音がなったりと、
電源は入っているが、
画面が真っ暗になってしまう
というお問い合わせが多いです。

関連:iPhoneの画面が真っ暗になってしまう7つの原因と2つの対処法

今回の
登場人物は、

画面が真っ暗な
iPhone6sユーザーの
おじさんを「おじ6sさん」と呼びます。

正規店スタッフを
「僕」と呼びます。

お電話口の
Appleサポートの
対応スタッフを、
「サポさん」と呼びます。

おじ6sさんが
カウンターへ着席した
ところから話が始まります。

おじ6sさん:
Appleサポートが
新しいiPhoneと交換してくれる
って言ってくれたから、

早く交換してよ
連絡取れなくて困っている
んだから早くね。

僕心の中:おや?まさか。。。

僕:かしこまりました。
できるだけ、早く手続きを進めさせて
頂きます。よろしくお願い致します

では、
まず、おじ6s様が
お持ちいただいた、
iPhone6sの保証状況を
確認させて頂きますので、
2分ほどお待ちいただけますでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~
iPhone6sの
simトレイを抜き出し、

simトレイ裏面の
IMEIを修理システムへ
入力して保証状況を確認

iPhone6sの保証状況は、
iPhoneの1年間製品限定保証のみ
ソフトバンクなので、
おそらくあんしん保証パックは加入済み

購入から半年経過

~~~~~~~~~~~~~~

僕心の中:「Jesus(ジーザス)!!!!
AppleCare+入っていないやんけ!」

関連:AppleCare+は自然故障にて最強!ないと損をする理由5選

~~~~~~~~~~~~~~
AppleCare+が
ないことに諦めかけたが、

一縷の望みにかけて
再度、修理システムの画面を
隅々まで念入りに確認した

AppleCare+未加入でも
特別対応が出来てしまうという
Appleスペシャリスト以上の力を
持つものだけに許された

不可能を可能にしてしまう
魔法の文言の記載が
画面の何処かに
あるかもしれない信じて、、、

~~~~~~~~~~~~~~

僕心の中:「Goddamn(ガッデム)!!!
魔法の文言がないやんけ!詰んだ!」

僕:保証の確認が取れました。
ありがとうございます。
お客様のお持ちいただいた
iPhone6sは半年前に購入で
1年間の保証期間内で、
ソフトバンクさんで
購入されたiPhone6sでございます。

この度は、
画面が真っ暗になってしまう
ということで
大変ご不便おかけしております。
申し訳ございません。

大変申し訳ございませんが、
まずは、お持ちいただいた
iPhone6sで初期化を実施させて頂き、
画面が真っ暗になる問題を改善できない
場合は、お預かりの修理対応になります。。。

iPhone6sを初期化で
画面が真っ暗な状態を
改善できない場合は、
当拠点で貸出機をおじ6s様へ
お貸し出ししまして
iPhone6sの修理が完了しましたら、
当拠点まで取りに来て頂く流れになりますが、
よろしいでしょうか?

おじ6sさん:
いやいやいや、
俺は今日交換出来るって
言われてるからココに来てんの?

初期化して
直らなかったら、
すぐ交換してね!OK!決まり!
僕さんの権限で交換しちゃってよ?
出来るでしょ?

僕:おじ6s様のiPhone6sは
AppleCare+に加入されておりませんので
大変申し訳ございませんが、
画面が真っ暗という問題の場合は、

当拠点ですと一度、
お預かりで修理をさせて頂き、
再度取りに来て頂くという修理が
Appleからの指示でございます。

大変申し訳ございません。

~~~~~~~~~~~~~~
おじ6sさんのような
画面が真っ暗なiPhone6sは、
AppleCare+に加入であれば、
一撃で本体交換の対応が出来ます。

購入から半年と、
メーカー保証の期間内では、
ありますが、Appleは
メーカー保証とAppleCare+での
修理対応に差をつけているので、
AppleCare+がない方は、
注意が必要です。
~~~~~~~~~~~~~~

おじ6sさん:じゃあ、どうすればすぐ交換できるの?

僕:本日中の交換となると、
Appleサポートに再度連絡をして頂き、
どういった対応が出来るか確認して頂くか?

Apple Storeさんへ(片道2時間)
足を運んで頂くしかないと思います。

おじ6sさん:いやいやいや!
そもそも俺は今日できる!と
聞いて来てる!代理店もAppleサポートも
お客には関係ないべ?僕さんどうにかしろよ

僕心の中:
(魔法の言葉を召喚するしか無いか。。。)

2.魔法の言葉発動まであと1時間。。

今回は、
おじ6s様の怒りオーラが
凄まじかったため、僕も疲弊し、

本来は、
使ってはいけない
魔法発動の手配を
してしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~
Appleサポートへ
TELをし、お客様の代理で
事の顛末を説明、

電話に出た、
サポートの方に、
申し訳なかったが、
一度、おじ6s様へ
詫びを入れて頂き、

Appleサポートに
落ち度があるので、
至急エスカレーションしてくれ
と依頼。
~~~~~~~~~~~~~~

サポさん:かしこまりました。
上司へと相談をしますので、
しばらくお待ちくださいませ。

保留音(ミュージック)流れる

20分経過、、、、、

保留音が数回ループしてから、
役職は忘れましたが、
上司が登場して、

同じ内容の
事の顛末を再度説明し、

サポ上司さん:専門の対応の部署へと
お繋ぎしますので、少々お待ちください。

僕:かしこまりました。

~~~~~~~~~~~~~~
やっとスペシャリスト登場
~~~~~~~~~~~~~~

スペさん:お困りの内容を
教えて頂けませんか?

僕:かしこまりました。
ホニャララでホニャララです。

僕心の中:(同じ内容、3回目やぞ)

スペさん:今回に限り
特別対応でいきましょう
私が一度おじ6s様へお話致しますので、
お電話変わって頂けませんか?

僕:かしこまりました。
おじ6s様、大変お待たせいたしました
お手数をおかけしますが、
スペさんとお話して頂けませんか?

~~~~~~~~~~~~~~
スペさんとおじ6s様で、
10分ほどお話をされ、
再度、僕へ電話が戻ってくる
~~~~~~~~~~~~~~

スペさん:魔法の言葉を発動しましたので、
システムの画面を確認して頂けませんか?

僕:かしこまりました。

~~~~~~~~~~~~~~
実際は魔法の言葉に
正式名称がありますが、
本来は、使ってはいけない
禁断の魔法になりますので、
あえて、正式名称は伏せておきます。
~~~~~~~~~~~~~~
僕:魔法の言葉が画面に
反映されていることを
確認致しました。

ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~
魔法の言葉の確認ができ、

AppleCare+の加入が無い
状態のiPhone6sでも
システム上修理可能になったので、
修理受付がやっと出来るようになりました。
~~~~~~~~~~~~~~

修理が受付可能な
状態になるまでに
僕は2時間ほど対応をしていて、

おじ6s様は、
来店した時間から遡ると
3時間以上は、時間を割かれている
ことになるわけです。

3時間以上掛かって、
修理が受付可能な状態、
つまりスタート地点に
やっとたどり着いた状態です。

実際には、
ここから、
受付を開始して、
お帰りまでに40分ほど
かかったので、

おじ6s様が
トータルで交換するまでに
かかった時間は、
4時間弱くらい
かかったことになります。

3.Goddamn(ガッデム)と叫ばないための修理バイブル

僕は、毎度
Appleサポートからの
無茶振りがあるたびに
心の中でGoddamn(ガッデム)と
叫んでいますが、

実際に、
一番Goddamn(ガッデム)なのは、
交換できると信じて
来店している
お客様だと思います。

修理に
無駄な時間と労力を
使ってしまわないためにも、

Appleサポートへ
電話でお問い合わせをした際には、
以下を気をつければ、
Goddamn(ガッデム)!!は
回避することが可能かと思います。

3-1.やり取りの記録を残す

音声の録音は
Appleサポート側で
お客様それぞれの
シリアル番号で録音が
されているそうですが、

不安であれば、
ご自身でも
対応された方との

  • 日付
  • 役職
  • お名前
  • 男性か女性か
  • 話した内容

など
手書きでもいいので
残しておくことを
オススメ致します。

3-2.スペシャリスト判断かどうか確認する

Appleサポートへ
問い合わせた時に、
安易な

  • 修理できる
  • 対応できる

という発言が
出てきましたら、

その

  • 修理できる
  • 対応できる

という判断は、
スペシャリスト判断なのか
一般兵判断なのか

を確認するがベストです。

Appleサポートへ
問い合わせをした時に
一番初めに対応してくる
スタッフは一般兵なので、

今回の
スペシャリストのように
一般兵では、
魔法の言葉は発動できません。

4.まとめ

同じ内容の
ような記事を
何度も書いてしまい
申し訳ないのですが、

関連:iPhone6sユーザー「交換プログラムで修理したい」僕「出来ないっす。。」
関連:【修羅場】「iPhone7電源入らない、修理して」僕「それ出来ないっす」

被害者を減らしたい
という気持ちと、

コチラ側としても
被害者が減ることで、

3時間という
時間は大いに
有効活用ができます。

僕がいる拠点は
1日に修理対応できる人数が
限られていますので、

本来、修理を受けられるはず
だった方たちに、

僕というリソースを
提供できる回数を
増やすことができます。

画面割れなど、
短時間で済む対応で換算すると、
1回の対応が30分くらいなので、

3時間増えますと、
6人分対応をすることができます。

最後に、
今回の記事を
読むことで、
Appleサポートへ
問い合わせた後、

実際に
来店した際に
Goddamn(ガッデム)を
回避できれば幸いに思います。

 


あわせて読みたい


iPhoneのバッテリー膨張はバッテリー交換じゃねえよ?

iPhone6sユーザー「交換プログラムで修理したい」僕「出来ないっす。。」

iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラムがリリース!

iPhone7でAppleCare+に入るべき14個の理由

iPhoneのバッテリー診断(iOS診断)を行う方法【2016年版】

【即日可能】iPhoneのバッテリー交換をする方法

iPhoneが不安定な時の初期化とリセット6パターン

失敗しない!iPhone修理の段取り6ステップとは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!