iPhone7の圏外問題に対する修理プログラムでスムーズに修理する方法

スポンサーリンク
「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム Appleサポートに関するトピック

お使いのiPhone7の電波表示が「圏外」になってしまうという問題でお悩みの方は、「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」でiPhoneの無償修理を受けることができます。

今回は「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」の対象であるかどうかの調べ方とスムーズに修理を依頼する方法をご紹介していきます。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラムとは?

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

この問題が確認されているのは、2016 年 9 月から 2018 年 2 月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7 です。本プログラムの対象となる iPhone 7 のモデル番号については、下記の表でご確認ください。

お使いのデバイスに上記の症状が見られる場合は、そのデバイスを無償で修理させていただきます。なお、修理開始前に Apple にて実機検査を行い、お客様の iPhone が本プログラムの適用対象かどうかを検証させていただきますので、あらかじめご了承ください。本プログラムが適用されるのは iPhone 7 のみです。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

2016 年 9 月から 2018 年 2 月までの間に製造されて、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7で該当のモデル番号であること

かつ、圏外の症状が再現される場合は、修理受付の検査対象になるということです。検査の結果、圏外の症状で適用が可能であれば無償での修理を受けることができます。

iPhone7の圏外問題に対する修理プログラムの適用条件とは

  • 交換プログラムに対応したモデル番号を持つiPhone7 であること
  • 最初の小売販売日から 3 年間
  • iPhone本体に水濡れや湾曲がない(無償の条件)
  • 画面のガラス割れ、ヒビ割れがない(無償の条件、損傷箇所を有償修理したのちに交換プログラムが適用される)

※小売販売日は新品で購入したiPhoneは購入した日になりますが、中古で購入したiPhone7は最初の持ち主が購入した日付が起算日になりますので注意して下さい。

A1779:iPhone7の圏外修理プログラムに該当のモデル番号の確認方法

iPhone7圏外修理プログラムの調べ方

iPhone7本体背面のロゴ下のモデル番号から確認する方法

iPhone7のモデル番号A1779の確認方法

ケースつけない派なのでモデル番号が薄くて見えない。。。

iPhone7の圏外修理プログラムに該当しているiPhoneのモデル番号の確認方法は、iPhone7の筐体背面のiPhoneというロゴの下あたりにA~始まる数字4桁で記載されています。日本で発売されているiPhone7の場合は、モデル「A1779」が圏外修理プログラムの該当機種になります。

日本発売のiPhone7で「A1660」と「A1778」の方で圏外になってしまう方は、この修理プログラムに該当しませんが、iPhoneが保証期間内であれば無償での修理を承ることが可能ですのでアップルサポートへ依頼してみるのが手です。

極稀に海外でiPhoneが故障してしまい、海外でiPhoneを本体交換または機種変更された方からの持ち込み依頼がある場合があります。海外でiPhone7を購入された方で圏外修理プログラムで対象になる購入国は、中国と香港、マカオ、米国で買われた方も対象になります。

購入国ごとにモデル番号が異なってきます。

  • 中国でiPhone7を購入された場合のモデル番号は「A1660」と「A1780」が圏外修理プログラム該当のモデル番号になります。
  • 香港、マカオ、米国でiPhone7を購入された場合のモデル番号は「A1660」が圏外修理プログラム該当のモデル番号になります。

設定→一般→認証からiPhone7のモデル番号を確認する方法

iPhone7のモデル番号を認証から確認する方法

アップル正式のモデル番号確認方法では、筐体からのモデル番号確認方法が推奨されています。筐体は偽造しにくいため。筐体の偽造は特徴が出るので比較的分かりやすいです。

正式のやり方ではありませんが、設定→一般→認証からモデル番号を確認することができます。

ですが、iPhone内部のソフトウェアは悪意のあるユーザーによって書き換え(偽造)がしやすいため、一番は本体からモデル番号を確認されるのがベストになります。

設定→一般→認証から確認することが必要になる場面としては、お持込されるお客様でよくお見受けするパターンとしては、

  • iPhone本体に有名人のサインが油性で施されていてモデル番号が隠れてしまっている場合や
  • キャラクターやアイドルなどのシールが本体に貼られていて剥がせない状況にある方や
  • ラメ加工のキラキラした装飾がiPhone全体を覆ってしまっている場合
  • 筐体の擦れなどでモデル番号の文字の色が薄くなってしまい見えにくい場合

などがモデル番号が隠れてしまっている見えづらいシチュエーションとしてお見受けしたことがあります。

上記のようなシチュエーションにある方が、iPhone7のモデル番号が該当するかどうかを確認するための方法として、「設定」から確認する方法を試しに使うことはアリです。

iPhone7の圏外修理プログラムはどこで受付できるの?

「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」は

店頭での受付ですとApple StoreまたはカメラのキタムラやビックカメラなどのApple正規サービスプロバイダで承ることが可能です。

オンラインや電話ですと、アップルサポートで承ることができます。

Apple Storeの一覧

Apple正規サービスプロバイダの一覧

圏外修理プログラムの事前準備とは?

「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」でやっておきたい事前準備としては以下になります。

  • iPhone7のバックアップをとっておく
  • iPhoneを探すをオフにする
  • 壁紙を変えておく

順番にご説明します。

4-1.iPhone7のバックアップを取る

iPhone7のバックアップのとり方は以下を参考にしてください。

iPhoneをバックアップする方法

4-2.iPhoneを探すをオフにする

iPhoneを探すがオンになっている方は、以下を参考にオフにしてください。

iPhoneを探すをオフにする方法

4-3.壁紙を変えておく

iPhoneの診断を行う際にユーザー様のiPhoneのロック(パスコード)を開く必要がありますので、ロック解除の画面が見られて恥ずかしい壁紙(特にカップルの方とか)にされている方はデフォルトの壁紙などに変えておくことをオススメします。

該当のA1779で修理プログラム発表前に圏外の故障で有償修理された方は

2018年3月末までにアップルからメールで返金手続きの案内が届きます。万が一、A1779を圏外の問題で修理をしたにもかかわらず、連絡がきていない方はアップルサポートへ依頼してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました