iPhoneの画面半分が暗い時の原因/治し方/修理とは?

iPhoneの画面半分が暗い時の原因/治し方/修理とは?

iPhoneの画面半分が暗くなりとても見づらくて使いにくいといった問題や、半分暗くなっている画面が操作がきかないというトラブルが起こる場合があります。

私が見てきた中でiPhoneの画面半分が暗くなる原因や治し方や修理についてお話していきます。

1.iPhoneの画面半分が暗くなる原因とは?

私が今まで見てきた中でiPhoneの画面半分が暗くなる問題の原因としては以下が考えられます。

  • iOSやiPhoneのシステム的な不具合による画面の表示不良
  • ディスプレイの不具合(自然故障)
  • バックライトが切れてしまっている
  • 落下によるディスプレイや液晶の破損
  • iPhone本体の湾曲による液晶の表示不良

などがあります。

2.iPhoneの画面半分が暗くなる問題の治し方とは

iPhoneの画面半分が暗くなる問題がiOSの不具合やシステム的な問題で発生した場合には、

iPhone本体を初期化することで改善できる場合があります。

パソコン(MacやWindowsでも可、最新のiTunesが導入できるものがベスト)をお持ちであれば、最新のiTunesをダウンロードしてインストールして頂き、

パソコンとiPhoneを付属のライトニングケーブルで接続して初期化を行って下さい。初期化のやり方を以下の手順をご参照下さい。

リカバリーモード(iPhone初期化)の手順は

①iTunesを起動しておく
②iPhoneの電源をオフにする
③ライトニングケーブルをUSB側を接続しておく
④iPhoneの「ホームボタン」を押したままにする
⑤ライトニングケーブルとiPhoneを接続する
⑥リンゴマークから「iTunes接続」の画面が出てくるまで待つ
⑦iPhoneを復元
⑧復元と更新でリカバリーモードへと入ります。

パソコンをお持ちでない場合はお手数をお掛け致しますが、AppleStoreまたはApple正規サービスプロバイダへ足を運んで頂くことで初期化を代行して行うことが可能です。

※iPhoneのバックアップを今までに作成したことない場合は、初期化するとiPhoneのバックアップを改めて作成したいということができないので注意してください。

※持ち込みでのiPhone初期化を代行する場合には数千円の作業量が店舗によって可否が変わってくるので事前に確認されることをオススメ致します。

Apple Storeの一覧

Apple正規サービスプロバイダの一覧

iPhoneのデータをバックアップする方法まとめ

3.iPhoneの画面半分が暗くなる問題の修理とは

iPhoneの画面半分が暗くなる問題の修理対応は、iPhoneの保証状況によって変わってきます。

例えば、iPhoneの保証確認してAppleCare+に入っている場合でしたら、本体に画面割れや水濡れ痕などの損傷痕がなければ、無償で本体交換サービスを受けることができます。

参考:「iPhoneの保証状況や期間を確認する3つの方法とは?

損傷痕がない状態で反対にAppleCare+に入っておらず、1年間のメーカー保証しかない場合は、1週間の預かり修理になり代替え機を使用して頂く運びになる場合があります。預かり修理の期間は、休日や祝日を挟むかいなかで期間が伸びる場合があります。

AppleCare+も入っていない、1年間のメーカー保証も切れてしまっている場合には、有料での画面修理またはiPhoneの故障程度によっては有料での本体交換になります。

iPhoneの画面が半分が暗くなるという問題は、自然故障の類になりますので、本体に損傷がなければ無償での修理になります。しかし、本体に画面割れや水濡れなどの損傷があると高額な修理料金になる場合があるので注意してください。

 

4.iPhoneの画面半分が暗くなる問題の修理料金とは

画面の半分が暗くなるiPhoneの修理料金は、iPhoneの保証期間が切れている場合には、14,800から31,800 円で画面交換の対応が可能です。

画面が半分が暗くなる問題以外にも、画面割れや水濡れ、本体に程度のひどい損傷痕が見受けられる場合には、本体まるごとの交換対応になり、

AppleCare+に加入されている場合には、12,744円の交換対応となり、

AppleCare+に加入されていない場合には以下の修理料金になります。

iPhone機種本体交換の金額(税込み)
iPhone X 65664
iPhone 8 Plus47304
iPhone 841904
iPhone 7 Plus41904
iPhone 6s Plus39744
iPhone 6 Plus39744
iPhone 738664
iPhone 6s36504
iPhone 636504
iPhone SE33264
iPhone 5c33264
iPhone 5s33264
iPhone 533264

AppleCare+の保証期間が過ぎている場合に、2年以上iPhoneを使っている場合は、修理をするともったいないので、iPhoneの機種変更を視野にいれると良いです。

5.画面の半分が暗くなるiPhoneの修理する場所とは

画面の半分が暗くなるiPhoneの修理場所としては、Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダで店頭での修理受付を承ることが可能です。

混雑が予想されるので予約をしてから来店されることをオススメ致します。

Apple Storeの一覧

Apple正規サービスプロバイダの一覧

6.画面が半分暗くなるiPhoneに関するまとめ

今回はiPhoneの画面が半分が暗くなるといった問題が発生した場合にどういった対処法が考えられるかと解説させて頂きました。トラブル時の参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider