iPhoneが振動しない時の4つの原因と5つの対処法とは?

スポンサーリンク
iphone 振動しない

電話やメールがきたときに、
iPhoneのバイブが反応しない
振動しないことで

電話やメール、
めざましに気が付かなかった
といったトラブルがあります。

iPhoneが振動しない時に
自分で出来る対処法と
対処ができない場合は
どうするかをご説明していきます。

1.iPhoneが振動しない問題とは?
2.iPhoneが振動しない4つの原因
3.iPhoneが振動しない時の対処法
4.iPhoneが振動しない問題のまとめ

1.iPhoneが振動しない問題とは?

iPhoneを充電したときや、
マナーモードの横のスイッチを動かしたときや
電話やメールの通知の際に

バイブが「ブッ」となるのですが、
それがうんともすんとも
反応しない問題のことを指します。

2.iPhoneが振動しない4つの原因

iPhoneが振動しない原因を
考えられる範囲で挙げますと、
以下の理由が考えられます。

  • 設定の問題で振動しない
  • ソフトウェアの問題で振動しない
  • バイブの問題で振動しない
  • その他ハード面で不具合を発生している

といった可能性が
考えられます。

それぞれの原因に対する
対処法は次の項目で
ご説明していきます。

3.iPhoneが振動しない時の対処法

iPhoneが振動しない時の対処法を
ご紹介していきます。

3-1.iPhoneの設定を見直す

「設定」→「サウンドと触覚」
→「バイブレーション」

着信スイッチ選択時
サイレントスイッチ選択時
がオフになっていないかを確認します。

オフの場合はタップして
オンにしてみて改善するかどうかを確認します。

設定を見直しても
改善できない場合は、
ソフトウェアの問題を疑います。

3-2.iPhoneを強制再起動する

iPhoneが振動しない問題が
軽いソフトウェアの問題の場合は、

強制再起動を行うことで
改善できる場合があります。

強制再起動のやり方

kyouseisaikidou

Wi-Fiとの接続が切れる場合は、
iPhoneを強制再起動することで
お困りの問題を改善出来る場合があります。

iPhoneを強制再起動するには

iPhone7シリーズの強制再起動

iPhone7シリーズを強制再起動する方法は、
「本体右横のスリープボタン」
「本体左横の音量下げるボタン」
同時に押して、

アップルロゴが出てくるまで待てば、
強制再起動をかけることが可能です。

iPhone7シリーズ以外の機種の場合は

iPhone7シリーズ以外の機種の場合は、
「本体右横のスリープボタン」
「ホームボタン」を同時に押して、

アップルロゴが出てくるまで待てば、
強制再起動をかけることが可能です。

2-4.iPhoneを強制再起動する

強制再起動で改善できない場合は、
中のデータを初期化してみて改善するかを確認します。

3-3.iPhoneを初期化する

ソフトウェアの問題解決は
iPhoneを初期化する方法があり

精度の高い
初期化を行う場合は、
パソコンと接続をして
リカバリーモードによる
初期化をされることをオススメ致します。

リカバリーモードのステップは

  1. iTunesを起動しておく
  2. iPhoneの電源をオフにする
  3. ライトニングケーブルをUSB側を接続しておく
  4. iPhoneの「ホームボタン」を押したままにする
  5. ライトニングケーブルとiPhoneを接続する
  6. リンゴマークから「iTunes接続」の画面が出てくるまで待つ
  7. iPhoneを復元
  8. 復元と更新でリカバリーモードへと入ります。
  9. 再起動するとデータがまっさらになる

初期化を行うと、
お使いのiPhoneのすべての
データはなくなりますので、
予めバックアップをしてから
やるようにお願いします。

iPhoneのバックアップを取るやり方

パソコンがない場合は、
Apple正規の修理拠点で
リカバリーによる初期化を
代わりに行うことが可能なので、

お持込して頂ければ、
実施することが可能です。

3-4.バイブ(部品)の問題の場合

初期化しても
iPhoneが振動しない問題が
改善できない場合は、
iPhoneのバイブ(部品)を疑います。

バイブの確認または
バイブ交換はApple正規の修理拠点に
お持込して頂ければ対応することが可能です。

iPhone修理Apple正規修理拠点の一覧

バイブ交換は
一部のiPhoneで対応することが可能です。

バイブ交換ができるか否かは
Apple修理拠点に確認をされてください。

3-5.バイブ以外の問題の場合

Apple正規の修理拠点で
iPhoneのバイブ診断したところ
バイブという部品の問題ではなく
原因がそれ以外のハード面にありそうだ

と判断がされる場合があります。

その場合は、
iPhoneまるごとを
新しいiPhoneと交換する対応になります。

バイブ交換に対応していない
iPhoneも本体交換対応になります。

お持ちのiPhoneが
保証期間内であり、かつ
本体に画面割れや、水濡れなどの
破損がない場合に限り、

無料で新しいものと
交換を行うことが可能です。

iPhoneの保証期間を確認する方法

iPhoneの保証期間を確認する3つの方法

4.iPhoneが振動しない問題のまとめ

iPhoneが振動しないと
通知や着信に気が付かなかったり

バイブを目覚ましにして
振動しなかったってなると
イライラされると思います。

iPhoneが振動しない問題は、
初期化で改善しない場合は

おおかたは無償修理または、
無償交換が可能ですので、
早めの対処をされることをオススメ致します。

  • 修理を安くしたい方
  • iPhoneのデータを消さずに修理をしたい方
  • バックアップが取れない方
  • iPhoneの保証が切れている方
  • AppleCare+に未加入の方
  • 買い替えまでiPhone安く延命したい方

↑上記の方におすすめの修理サービスです。

老舗iPhone修理屋:あいさぽ

  • チャットでサクッと修理相談
  • 6ヶ月間の無料修理保証
  • 総務省修理登録店で安心
  • 作業量込みの明朗会計

あいさぽは創業8年で評判の良い格安iPhone修理店です。店舗数は全国に79店舗あり累計修理数は60万台の実績があります。老舗で信頼のある修理店だと言えます。

修理料金はオトクで修理料金の中に作業料金込みの明朗会計となっています。
修理は即日で対応可ですが、待機時間をムダにしたくない方はWEB予約必須です。

あいさぽのお問い合わせはチャットで出来るので「自分のiPhoneの故障は修理できるのか?」や「いくらかかるのか?」といった疑問に即時に教えてくれるのが非常に助かります。

修理後の保証期間は6ヶ月間あるので、万が一不具合が出てしまった場合のフォローは◎。6ヶ月の保証を利用して買い替えまでの延命措置としての活用もアリ。

修理と同時にiPhone内部をクリーニングしてくれるのも地味だが良いサービス。あいさぽは安心してiPhoneを修理に預けることができる格安修理サービスである。


受付時間 24時間受付
値引き 永久5%OFF
宅配修理 往復送料&
代引き手数料0円

ダイワンテレコム

  • 代替え機レンタルあり(無料)
  • 部品の品質に自信
  • データ復旧の技術も高い

ダイワンテレコムは全国に49店舗を構えるiPhone格安修理屋さんになります。修理後の品質が良い(不具合が少ない)と評判で、修理パーツの品質を高めるダイワンテレコムさんの取り組みが功を奏していると言えます。品質が良いと値段が高くなる傾向になりますが、企業努力によって料金は格安に抑えられています。

またデータ復旧サービスに力を入れていて10台中6台は復活できるとのこと。Apple正規だとデータ関係は対応不可なので、水没などでデータを復活させたいときに重宝するサービスですね。

修理保証は3ヶ月ですがパーツの品質が良いので十分な保証期間だといえます。モバイル保険対応なので加入者はタダに近い金額で修理が可能です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
タイトルとURLをコピーしました