iTunesが使いにくいなら直感的に使えるDearMob iPhoneマネージャーがおすすめ

DearMob iPhoneマネージャーの管理画面

iTunesが使いにくいと感じたなら「DearMob iPhoneマネージャー」を一度試してみると直感的に使えるので良いですね。

特に以下のようにiTunesとiPhoneを連携して使う方向けです。

パソコンの中にある写真や動画をiPhoneの中に移動させたい、またはその逆のiPhoneの中の写真や動画をパソコンの中に取り込みたいという使い方をするときに「DearMob iPhoneマネージャー」は使いやすさを発揮しますよ。

それでは、iTunesと比較をして「DearMob iPhoneマネージャー」について説明していきます。

まずiTunesがなぜ使いにくいのか?

iTunesの管理画面

iTunesとiPhoneを同期させて写真や動画やデータを移動させようとした時にデータが消えたり、知らないデータが入ってきたりするという事を耳にします。

iTunesの同期はiTunesと紐付けされている写真や動画をiPhoneにコピーする機能なので、

iPhoneで新しく保存した写真や動画がある場合に、iPhoneにはその写真やデータが保存されているがパソコン(iTunes)には取り込んでいない状態で、同期をすると、iTunesのデータで上書きされてしまい、iPhone側のデータが消えてしまったように感じるわけです。

iPhoneは一つのiTunesライブラリとしか同期できない

古いパソコンと同期していたiPhoneを新しいパソコンと同期した場合には、新しいパソコンが古いパソコンのデータを引き継ぎしていないと上記のようなポップアップが出て、同期して置換をクリックすると新しいパソコンのデータに上書きされてiPhoneの中身が消えてしまいます。

また、上のiTunesの管理画面を見ますと自分のやりたいことがどうすればできるのがiTunesの画面はとても分かりづらいですよね。使いやすさよりも玄人向けで分かる人がわかれば良いという風に感じてしまいます。

iTunesの同期をさらにわかりやすく使いやすくしたアプリにDearMob iPhoneマネージャーというiPhoneのデータ管理アプリがあります。

これを使うと、iTunesのように操作に頭を悩ますことが無くなりますよ。

「DearMob iPhoneマネージャー」の利点は直感的な操作性と必要なものだけ同期できる手軽さ

DearMob iPhoneマネージャーの管理画面

DearMobアプリの利点は直感的な操作性ができる管理画面であること

と、iPhoneに必要なものだけを同期(出し入れ)ができるので上書きをしてデータを消失することがない。になります。

またiPhone内のファイルやデータの整理が楽というのも評価できます。

「DearMob iPhoneマネージャー」とは

ひとことで表すとiPhoneの中身を可視化して整理できるソフトになります。

DearMob iPhoneマネージャーで整理できるiPhoneのデータを挙げますと、

写真、音楽、ビデオ、連絡先、Podcast、電子書籍、音声(ボイスメモ)、アプリ、メッセージ、カレンダー、ブックマークなどのデーターをDearMob iPhoneマネージャーで可視化してカンタンに管理ができます。

iPhoneの中身を可視化して管理ができるソフトは他にも以下のようなものがあるので、参考は以下をご参照ください。

iTunes代替フリーソフトおすすめ8選!iTunes以外のソフトでデータを転送・管理

今回の記事では、iPhoneの中のデータで煩雑になりがちで、iPhone本体から整理をするには手間のかかる

  • 写真の出し入れや管理
  • アプリの管理

ついてまとめました。

写真や動画を出し入れするのが楽すぎてヤバイ

DearMob写真転送

iPhoneから写真の出し入れをする場合は「写真転送」を使って行います。

写真のロード画面

写真転送をクリックすると、「写真をロードしています。」と表示されますので、読み込みが完了するまで30秒ほど待ちます。

ロード画面が終わると、写真の一覧が新しい順で表示されています。左下の赤枠にiPhoneに保存ができる残りの容量とiPhoneに保存されている写真の枚数と()内に写真の容量が表示されています。

右上に最新の情報を更新という青色のボタンがあります。その下に見える、「グループ:月により」のタブには、年ごとや日ごとの表示に切り替えたり、グループを分けないという操作ができます。

DearMobエクスポートや削除1

iPhoneから取り出したい写真や削除したい写真を選択したら、「エクスポート」でパソコンに取り出し、「写真削除」でiPhoneから写真を消すことができます。

パソコンからiPhoneに写真を入れたい場合には、

DearMobiPhoneで写真を入れる

画面左下の「+」ボタンで新規のアルバムを作成して、

DearMob写真を追加

画面上部の「写真を追加」ボタンをクリックして写真を入れたい選択するか、入れたい写真のフォルダを開き「ここにドラッグアンドドロップ」することで写真を取り込むことができます。

DearMobiPhoneマネージャーの同期

写真の「エクスポート」、「削除」、「追加」だけをした状態だとまだiPhoneに設定が反映されていませんので、最後に「同期」のボタンをクリックすると設定がiPhoneに反映されます。

動画を出し入れする場合も同様の操作方法で管理ができます。写真のときと異なるのは、

DearMobビデオ動画管理

動画をiPhoneに取り込みたい時は、ホームビデオにいれます。録画済みビデオからは動画は入れられません。

iPhoneで撮影した動画の管理や削除する場合は、録画済みビデオから行います。

アプリ整理が楽すぎてヤバイ

DearMobアプリの整理

アプリの整理は消したいアプリを選択して削除ができます。上の画像ですと「ジモティー」マウスを重ねているのですが、アプリの真ん中に白い丸が出てきますので、白い丸をクリックすると選択された状態になります。複数のアプリを選択したい時はこの白丸をクリックしないと、複数選択が解除されてしまうので注意が必要です。

複数選択したら、「アンイストール」すると、

DearMobアプリの削除

削除したいアプリに「del」マークがつき、このアプリを消しますよ。ということになるので、OKだったら「同期」をクリックするとiPhoneからアプリを消すことができます。

アプリの一覧が視覚化されているので、不要なアプリが整理しやすいです。

バックアップをサブ的に使うのもあり

DearMobiPhoneマネージャーのバックアップ

DearMob iPhoneマネージャーにはiPhoneをバックアップする機能が備わってきます。DearMob iPhoneマネージャー単体でiPhoneをバックアップするだけでも十分ですが、公式のiTunesのバックアップも使いつつ、DearMob iPhoneマネージャーでダブルでバックアップするという使い方もおすすめです。

iCloudやiTunes公式のバックアップだけだとバックアップファイルが破損した場合に、iPhoneを買い替えて古いiPhoneを下取りや売却をしてしまい手元にない状態の時に、新しいiPhoneにデータが戻せないというのは結構多いトラブルなので、DearMob iPhoneマネージャーも使ってバックアップを2重取りしておく使い方はアリです。

出先のパソコンでもiPhoneのデータを管理できる

マニアックな使い方ですが、DearMob iPhoneマネージャーはiTunesのように使うパソコンを縛られないので、出先や別のパソコンでiPhoneの中のデータを整理することができます。

出先や自分が使っていないパソコンでiTunesを使ってiPhoneを整理すると中のデータが消失しますが、DearMob iPhoneマネージャーはiPhoneの中を覗いて編集できるので、別のパソコンからiPhoneを整理や管理するというマニアックな使い方も可能です。

DearMob iPhoneマネージャーの始め方(Mac)

DearMob iPhoneマネージャーの始め方をご説明します。

  1. DearMob iPhoneマネージャー公式サイトにアクセスをする
  2. 無料ダウンロードをクリック(Windows&Macどちらも対応)
  3. ダウンロードしたdmgファイルを開く
  4. ドラッグアンドドロップでインストール
  5. アプリケーションフォルダにDearMobのアイコンがあればOK
  6. DearMobをクリックして起動
  7. ライトニングケーブルでiPhoneを接続で完了

順番に説明していきます。

①公式サイトにアクセスする

DearMob iPhoneマネージャーの公式サイト

まずはDearMob iPhoneマネージャーの公式サイトにアクセスをします。

→ DearMob iPhoneマネージャー公式サイト

②無料ダウンロードをクリック

DearMobの無料ダウンロード

無料ダウンロードをクリックします。

③ダウンロードしたファイルを開く

DearMob iPhoneマネージャーのdmgファイル

ダウンロードした「dearmob-iphone-manager.dmg」というファイルをクリックして起動します。

④ドラッグアンドドロップでインストールする

DearMob iPhoneマネージャーのアプリケーションをインストール

DearMob のアイコンをドラッグして「Applications」にドラッグアンドドロップします。

⑤アプリケーションフォルダにDearMobのアイコンがあればOK

DearMob iPhoneマネージャーLaunchpad

Finder→移動→アプリケーション、または、LaunchpadでDearMob iPhoneマネージャーのアイコンがあればインストールOKです。

⑥DearMobをクリックして起動します

DearMobを起動

⑦ライトニングケーブルでiPhoneを接続で完了

DearMob iPhoneマネージャーを起動したら、ライトニングケーブルでiphoneとパソコンを接続したら完了です。

DearMob iPhoneマネージャーを公式サイトで確認する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider