iPhoneがBluetooth/ブルートゥースイヤホンに繋がらない時の10個の解消法【令和元年版】

iPhoneがBluetoothブルートゥースイヤホンに繋がらない時の10個の解消法

iPhoneとBluetooth(ブルートゥース)接続をしてワイヤレスのイヤホンを使いたい時に、ブルートゥースが繋がらない、ペアリングできない、接続できないというトラブルの解消法を10個紹介します。

Bluetoothと接続をしたい時にペアリングができなくなる場合やiPhoneのBluetooth(ブルートゥース)設定画面上はペアリング出来ていると表示がコントロールセンターや設定画面上では表示されているが実際に音楽を再生してみるとワイヤレスイヤホンがブルートゥースと接続できていないという問題が起こる場合もあります。

ブルートゥース対応のイヤホンでBluetooth(ブルートゥース)が繋がらない、ペアリング接続できない、画面上では繋がっているが実際は繋がっていない場合にどうすれば解決ができるのかをご紹介していきます。

当サイトと似た文章構成を書くメディアは実務経験のない無資格者が執筆したパクリサイトです。間違った内容の記載も見受けられるのでご注意くださいませ。

アップルバズーカは実務経験ありAppleCare認定資格者のinmanが執筆しております。

「目次から探す」以下をタップすると知りたい情報へジャンプできます。

目次から探す

1.iPhoneがBluetooth/ブルートゥースイヤホンに繋がらない時の10個の解消法

 

iPhoneがBluetoothイヤホンやスピーカーに
繋がらない時にやりたい9つの対処法について順番に解説していきます。

1-0ブルートゥースイヤホンとiPhoneの規格バージョンを確認する

バージョン 発表日 何が違うのか iPhoneのBluetoothバージョン
Bluetooth 1.1 2001年2月 普及バージョン
Bluetooth 1.2 2003年11月
同じ2.7GHz帯を使用する無線LAN(11b/g)との干渉対策
Bluetooth 2.0 2004年11月 EDR対応ならVer.1.xの3倍の通信速度を実現 iPhone 3G
初代iPhone
Bluetooth 2.1 2007年3月1日 ペアリングがカンタンに。バッテリーを5倍長持ちさせるSniff Subrating機能が追加 iPhone 3GS
iPhone 4
Bluetooth 3.0 2009年4月
従来の約8倍(最大転送速度24Mbps)のデータ転送速度に
Bluetooth 4.0 2009年12月 大幅な省電力化(低消費電力モードBLE)対応 iPhone 4s
iPhone 5
iPhone 5c
iPhone 5s
Bluetooth 4.1 2013年12月
4.0をさらに高機能化。再接続が自動にできるようになる
Bluetooth 4.2 2014年12月 セキュリティが強化され転送速度がさらに高速に iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone SE
Bluetooth 5.0 2016年12月 ver4.0よりも通信範囲が4倍になりデータ転送速度が2倍に iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

新しいブルートゥースバージョンは古いバージョンに互換性があります。古いBluetoothバージョンから新しい方へ対応はできません。

例→iPhone7はBluetooth4.2なので、

サウンドピーツのBluetooth5.0の機能を受けることができません。Bluetoothイヤホンの接続自体はできますが、データ転送速度の速さの恩恵を受けることができません。転送速度が速いと音が途切れるといった問題を抑えることができるようになるのと、より音声がクリアになります。

バージョン4.0のBluetoothイヤホンを使っていて途切れる繋がらないということであれば次項から説明しますiPhoneとBluetoothが繋がらない問題の対処法を行ってみて改善が見込まれない場合は、Bluetoothイヤホン自体のお買い替えを検討されると良いでしょう。

1-1.Bluetooth/ブルートゥースイヤホンとiPhoneを近づける

iPhoneとブルートゥースイヤホンを近づけて繋がるかどうか

まずは、iPhoneと繋げたいBluetoothアクセサリ(イヤホンやキーボードやスピーカー)同士を近くに置くことによってブルートゥースペアリングの問題を改善ができるかを確認します。

ブルートゥースイヤホンをiPhone本体と離れた距離で使うことで接続ができないという場合は、ブルートゥースのclassが関係しています。

Class名 伝送範囲
Class1 約100m
Class2 約10m
Class3 約1m

お使いのブルートゥース機器のclassを型番などから調べてみて、伝送範囲の距離内で使われている場合は、次の対処法に移ります。

1-2.Bluetooth/ブルートゥースイヤホンの電源が入っているか?

Bluetoothイヤホンが繋がらない場合は充電を一応する

iPhoneに繋げるBluetoothアクセサリイヤホンの電源が入っているか、充電式の場合は30分ほどブルートゥースイヤホンの充電を行った後にちゃんと電源が入るかどうかの確認を電池式のBluetoothアクセサリの場合は電池を新しいものと交換後電源が入るかどうか確認してください。

1-3.Bluetooth/ブルートゥースイヤホンを再起動する

Bluetoothイヤホンなどのブルートゥースアクセサリの電源をオンオフ再起動をしてブルートゥースがペアリング接続できない問題が解消できるかを確認します。

1-4.iOSのアップデートでブルートゥースイヤホンが接続できないを解消する

最新のiosへとアップデート

Bluetoothイヤホンに繋がらないiPhoneのiOSが最新のバージョンではない場合は、iOSをアップデートしたすることでBluetoothイヤホンと繋がるかどうかを試してください。

iOSを最新のバージョンにアップデートすることでBluetoothイヤホンに繋がらない問題が改善できる場合があります。

1-5.iPhone側のBluetooth/ブルートゥース設定のオンを確認する

iphone bluetooth 繋がらない

設定→Bluetooth→オン・オフ

iPhone側でBluetooth設定がオンになっているか確認します。Bluetoothがオンにならない場合は、強制再起動を行います。

ブルートゥース繋がらないコントロールセンター

コントロールセンターで確認することもできますが、確実に目視で確認をしたい場合は設定で確認してみてください。

1-6.iPhoneとBluetooth/ブルートゥースイヤホンのペアリング解除をする

iphone bluetooth 繋がらない

設定→Bluetooth→ペアリングしている機器の横の「i」マーク→このデバイスの登録を解除

ブルートゥースの接続を解除してブルートゥースイヤホンが繋がらない問題を改善する

ペアリングをしているがBluetoothイヤホンなどのアクセサリが反応しない使えない場合は、一度ペアリングを解除してから再度使いたいBluetootイヤホンなどのアクセサリをペアリングしなおします。

1-7.繋がらないブルートゥースイヤホンを違うスマートフォンがあれば接続を試す

別のスマートフォンでブルートゥースが繋がるかを試す

ブルートゥース接続ができないiPhoneなどのスマートフォンと別のスマートフォンをお持ちの場合または知り合いに借りるなど、違うスマートフォンと接続をしてみて繋がるかどうかを試します。

繋がらないブルートゥースイヤホン本体で充電や再起動、電源の入れ直しなどを試したあとに他のスマートフォン端末で接続やペアリングがうまく出来ない場合は、ブルートゥース機器の故障の可能性が高いです。

Bluetoothイヤホン本体の故障の場合は

メーカーにお問い合わせをして修理を依頼するか、安価なBluetoothイヤホンであればお買い替えをしてみるのも良いかと思います。

よくお持込されるBluetoothイヤホンメーカーのお問い合わせ先を載せておきます。

 

Bluetoothイヤホンの故障ではなく反対に、違うスマートフォンでブルートゥース接続ができた場合は、繋がらないiPhone本体の不具合の対処を実施されることをおすすめします。

iPhone本体側の不具合の場合の対処法は次項から説明していきます。

1-8.iPhoneの強制再起動で繋がらないブルートゥースを解消する

iPhoneの強制再起動を行うことで、システムがリフレッシュされてブルートゥースイヤホンが繋がらない問題が改善できる場合があります。

iPhoneが起動している状態から、ホームボタンとスリープボタンを同時に押してから電源OFF→リンゴマーク起動するまで、10秒ほどの長押しします。

iPhone7系統のみ、音量下げるボタンとスリープボタンの長押しになります。

iPhone6s、iPhoneXS、iPhone5シリーズなどの強制再起動を行いたい場合は以下の記事を参照してください。

iPhoneの強制再起動【図解で解説】のやり方まとめ

1-9.ネットワークリセットでペアリングできないを解消する

ネットワーク設定をリセット

iPhoneの強制再起動でBluetoothイヤホンが繋がらないというトラブルを改善できない場合は、次にネットワークリセットを行うことで改善できるかどうかを確認します。

ネットワークリセットに関してのやり方は以下を参照してください。

ネットワークリセットするとどうなるのか?

1-10.DFUによる初期化でブルートゥースが繋がらないを解消する

ブルートゥースが繋がらない場合はDFUで初期化しよう

↑タップで動画に飛びます

ネットワークリセットを行ってもBluetoothイヤホンが接続できないなどのトラブルを改善できない場合は、iPhone本体を初期化することで改善できるかを確認します。

iPhoneの設定からできる初期化(コンテンツリセット)より広い下層からiPhoneの初期化がかけられるDFUがパソコンがあって操作が出来ればおすすめです。

iPhoneが不安定な時の初期化とリセット6パターン

自宅にパソコンがなくてiPhoneが初期化出来ないという方は、以下の記事を参照してください。

パソコンなしでiPhone初期化する3つの方法とは

1-11.それでもBluetoothイヤホンに繋がらない、または

ブルートゥースがグレーアウトする

ブルートゥースでも上記のようにグレーアウトする

DFUによるiPhone初期化を行ってもiPhoneとBluetoothイヤホンが繋がらない場合や接続はできるイヤホンやスピーカーから音が出ない場合または以下の症状を確認できた場合は、iPhoneの修理対応になります。

iPhoneが修理対応になる他のBluetooth接続できない問題の例は

ブルートゥースのグレーアウト例

写真はWi-Fiだがブルートゥースもグレーアウトする

  • iPhoneの設定画面でBluetoothを「オン」にできない、
  • または Bluetooth の設定項目がグレーアウトしている、「オン状態」へタップできない
  • どの Bluetooth アクセサリ(複数のイヤホンまたは別のブルートゥース端末)もデバイスに接続できない。
  • アクセサリのメーカー判断でブルートゥースアクセサリは正常に動作していると確認した。

などがあります。

ブルートゥースがグレーアウトしている場合ですと、パーツ故障の可能性が高いので初期化で改善できる見込みが少ないです。なので、修理対応になってきます。

2.iPhoneとBluetooth/ブルートゥースイヤホンが繋がらない時の修理とは?

iPhoneのBluetoothが繋がらない時の修理の流れをご紹介していきます。

2-1.iPhoneの診断でBluetooth/ブルートゥースの故障を調べられる

iPhoneのブルートゥース故障診断の画面

設定→プライバシー→解析→診断を開始

Appleが正規のiPhone修理拠点向けへ提供しているモバイルリソースインスペクタ(旧iOS診断)を使うことでBluetoothが故障しているかどうか診断を行うことが可能です。

モバイルリソースインスペクタはAppleの正規修理拠点でお持込頂ければBluetoothの故障を診断することが可能です。

Appleの正規修理拠点は、アップルストアまたはビックカメラやカメラのキタムラなどの正規サービスプロバイダがあります。

2-2.iPhoneのBluetooth/ブルートゥース繋がらない問題は本体交換で対応をする

Bluetoothが繋がらない場合、Bluetoothのパーツ修理がAppleから供給をされてませんので故障している場合は、本体交換での対応になります。

2-3.保証期間を調べる

Bluetoothが繋がらないiPhoneの保証期間を調べて1年間の製品保証期間内またはAppleCare+の期間内(2年間)であることとかつ、iPhoneの本体に損傷や破損が無ければ、無償での本体交換になります。

iPhoneの本体に画面割れや水濡れ、本体が曲がっているなどの損傷が合った場合には、以下の修理金額で対応をすることが可能です。

機種名AppleCare+あり9月7日まで購入(2016)AppleCare+なし
iPhone XS Max12744円73224円
iPhone XS12744円67392円
iPhone XR12744円49032円
iPhone X12744円67392円
iPhone 8 Plus12744円49032円
iPhone 812744円42984円
iPhone 7 Plus12744円42984円
iPhone 6s Plus12744円40392円
iPhone 6 Plus12744円7800円40392円
iPhone 712744円39312円
iPhone 6s12744円36504円
iPhone 612744円7800円36504円
iPhone SE12744円7800円32832円
iPhone 5c12744円7800円32832円
iPhone 5s12744円7800円32832円
iPhone 57800円7800円32832円

3.修理をすると損してしまう人とは?

場合によっては修理をすると、金銭的に損をしてしまう人が出てきます。

修理をすると損をしてしまう条件などは、
iPhoneの修理より機種変更がベターな4つの条件とは?をご参照ください。

お使いのiPhoneが画面割れや水没、電源が入らない、充電ができないなどの問題で故障した際に修理に出したほうが良いのか、いっそのこと機種変更(買い替え)を考えたほう...

4.ブルートゥースイヤホンの片方が繋がらない方は

iPhoneとBluetoothイヤホンの片方だけが繋がらないとお悩みの方も、お手数ですが同様の対処法になりますので、

iPhoneがBluetooth/ブルートゥースイヤホンに繋がらない時の10個の解消法【2019年3月版】をご参照ください。

5.iPhoneにbluetoothデバイスが出てこない表示されない方は

iPhoneにブルートゥースデバイスが表示されない方は、ブルートゥース繋がらないの対処法を実施されても改善がされない場合は、iPhone本体のBluetoothパーツが正常に認識できていない可能性がありますので、Appleサポートへ修理の依頼をされることをオススメ致します。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider