iPhoneの修理で代替機を借りる方法と代替機が必要な場面とは?(au/ドコモ/ソフトバンク)

iPhoneが故障した時に代替機が借りられるか?どうかといったお問い合わせが多いので、au、ドコモ、ソフトバンク、アップルで借りられるか?や代替機の借り方や代替機が必要になる場面(修理が1日で終わらない故障)などを解説していきます。

1.Appleで代替機は借りられるの?

Appleで代替機が借りられるかどうかですが、Apple Storeさんは代替機の在庫があれば、借りることが可能かと思いますが、

Apple正規サービスプロバイダーでは、無償修理のみ代替機を出すことが可能です。代替機が必要になる無償修理の例としては、

iPhoneに画面割れや水濡れや湾曲などの損傷が無くかつ、iPhoneの保証期間内

  • 画面が真っ暗になってしまう
  • 画面が勝手に動く
  • 電源が入らない

などがあります。

iPhoneが無料交換できる期間と無料交換(修理)56パターンとは?
iPhoneを無料交換できるパターンは、ざっと見積もって44パターンほどありますが、無料交換をするには条件を満たす必要があります。(無料修理で12パターン。合計56パター...

 

借りられる代替機ですが、修理するお店の在庫状況によって変わってきますが、故障したiPhoneがiPhone5系統やSEの場合は、iPhone5sの代替機が借りられ、iPhone6系統、iPhone6s系統、iPhone7系統はiPhone6の代替機が出てくるかと思います。

借りられる代替機の容量ですが、iPhone5sもiPhone6も16GBになります。

代替機を借りられる期間は、修理拠点によって異なるかもしれませんが、当方の拠点の場合ですと2週間のレンタル期間となります。大方の無償修理は1週間前後で完了しますので、借りられる期間は問題ないと思いますが、借りられるiPhoneの容量が16GBなのでバックアップの容量が大きい場合には注意が必要です。
また、画面割れや水没などで1週間前後のお預かり修理になった場合に有償修理になりますので
貸出機は原則借りることが出来ない可能性が高いです。

iPhoneの損傷がひどい場合ですと、(損傷により電源が入らないなど)お預かり修理になる可能性が大いにありますので、au、ソフトバンク、ドコモ、ワイモバイルなどのキャリアショップさんで代替機を借りたほうが無難かと思います。

2.auのiPhoneを修理したい時に代替機は借りられるの?

2-1.auショップで代替機を借りることが可能

お使いのauのiPhoneが故障した際に代替機が借りられるかどうかですが、auショップで代替機を借りることが可能です。

auショップで代替機を借りてきたユーザーさまを見るに、auの代替機はAndroidの端末が多いかと思います。

2-2.auショップで代替機を借りる方法

auショップで代替機を借りる方法ですが、代替機の在庫にも限りがありますので、ご利用になっているauショップで代替機の在庫があるかどうかを確認してから来店されることをオススメ致します。

3.ソフトバンクのiPhoneを修理したい時に代替機は借りられるの?

3-1.ソフトバンクショップで代替機を借りることが可能

お使いのソフトバンクiPhoneが故障した際には、ソフトバンクショップで代替機を借りることが可能です。

ソフトバンクショップで代替機を借りてきたユーザー様を見るにソフトバンクの代替機はiPhone5が多いように感じます。

3-2.ソフトバンクで代替機を借りる方法

ソフトバンクで代替機を借りる方法ですが、auさんのときと同様に、まずは、ご利用になっている
ソフトバンクショップさんに代替機の在庫があるかどうかを確認して、在庫がない場合は、近隣のソフトバンクショップさんで代替機の在庫がある店がないか調べてもらえれば調べてもらい、不可能な場合は、ご自身で別のお店に在庫確認をしてからお店に来店されることをオススメ致します。

4.ドコモのiPhoneを修理したい時に代替機は借りられるの?

4-1.ドコモの場合は保証をまずは確認しよう

au、ソフトバンクのiPhoneは加入している保証によって修理できる場所に変化はありませんが、ドコモのiPhoneは加入している保証によって状況が変わってきます。

なので、まずはお使いのドコモiPhoneで加入している保証を確認されることをオススメします。

ドコモiPhoneの保証を確認する方法

無償修理に該当する場合は、Appleでの修理なるので、在庫があれば、アップルから代替機が出ますので大丈夫かと思いますが、

水没で電源が入らないなどの有償修理の場合は、ドコモiPhoneの保証であるケータイ補償サービス加入していれば、ドコモの保証を使って有償交換になりますので、代替機は必要ないかと思います。

しかし、ケータイ補償サービスに加入していないまたは、AppleCare+に加入の場合は、Appleでの有償修理になりますので、Appleから代替機が出ない可能性が高く、ご自身で代替機を用意する必要があります。

4-2.ドコモで代替機を借りる方法

ご利用になっているドコモショップさんで故障した旨を説明して代替機の在庫があるかどうかを
確認してください。ご利用になっているドコモショップさんで代替機の在庫がない場合は、近隣のドコモさんで在庫があるか確認してもらえるか、確認ができない場合は、ご自身で在庫がある店舗を確認する必要があります。

5.代替機が必要になるiPhoneの故障例とは?

5-1.代替機が必要になるiPhone無償修理の例

iPhoneが故障した際に代替機が必要になる理由としては、

即日で修理や交換ができないと判断がされ、修理や交換が完了するのに日にちを要するので、完了するまでの間、代替機を貸すので、お待ち下さい。ということなのですが、

代替機が必要になる(=日数がかかる修理)iPhoneの故障例としては、

iPhoneの画面系の修理だけでも

  • 画面が真っ暗になる
  • 画面が真っ赤になる
  • 画面が真っ青になる
  • 画面が真っ緑になる
  • 画面が真っ白になる
  • タッチパネルが反応しない
  • 画面が勝手に反応する
  • 画面に線が入る
  • バックライトが切れている
  • 画面の半分が写らない
  • 画面のドット抜け
  • 3DTouchが出来ない

などがあり、

または代替機が必要になるボタン系の故障例としては、

  • ホームボタンが反応しない
  • TouchIDが反応しない

などがあり、その他、代替機が必要になる故障の例としては、

  • FaceTimeカメラがズレている
  • FaceTimeカメラが映らない

などがあります。

上記であげた代替機が必要になる故障の例は、損傷が無く保証期間内であれば、無償修理に該当しますので、Appleから16GBのiPhoneが代替機として借りられるかと思いますが、

AppleCare+に加入していれば、お預かり修理の対応ではなく、本体交換の対応になります。

5-2.代替機が必要になるiPhoneの有償修理の例

お金が発生してくる故障で修理に日数がかかるパターンは、Appleから代替機が出ない可能性が高いので、キャリアショップさんで代替機を手配して下さい。

代替機が必要になる有償修理の例は、

  • 正規サービスプロバイダーで画面修理をしたい
  • 水没で通電しない
  • 画面割れや落下で通電しない
  • 湾曲で通電しない
  • Lightningコネクタが欠損していて通電しない

などがあります。

イチバン多い点としては、正規サービスプロバイダーで画面修理を依頼するパターンが多いです。Apple Storeさんはディスプレイの修理パーツがあるのと、修理プロセスが確立されているので、即日での画面修理が可能かと思います。

一方、Apple正規サービスプロバイダーではディスプレイの修理が許可されていませんので、正規サービスプロバイダーで画面修理を依頼する場合は、1週間ほどのお預かり修理になります。その間に代替機は出ませんので、ご自身で用意して頂く必要があります。

2番目に多いものとしては、水没で電源入らないが多いです。

水没は有償理由になりますので、通電できず、即日での交換が不可能と判断された場合は、1週間のお預かり修理になります。その間に代替機は出ませんので、ご自身で用意して頂く必要があります。

6.旧iPhoneや旧Androidを代用するという手もある

同じキャリアの昔使っていたiPhoneをお持ちなら、iPhone5以降の機種でしたら、simカードのサイズが同じなのでsimピンを使ってsimカードを取り出して入れ替えることで、旧iPhoneでインターネットと電話を使えるようにすることは可能です。

ベストは、昔使っていたiPhoneやカードのサイズや種類が対応しているAndroidがあればいいかと思います。

代替機を借りるデメリットは、借りたお店へ返しに行く手間があるのと、代替機を破損させた場合に代替機の修理費用が別途発生してくる可能性があることです。

代替機をご自身で用意できる環境をお持ちであれば、惜しまずご自身の代替機を用意したほうが良いかと思います。

7.iPhoneの修理で代替機を借りる方法まとめ

今回は、iPhoneの修理をする際に代替機が借りられるかどうかについてご紹介しました。

要点をまとめますと、

  • Appleで代替機が出るのは、自然故障など無償修理の場合に可能
  • 有償修理は代替機は出ない
  • 代替機の容量は16GB
  • 有償+通電不可の場合は、代替機をキャリアショップで用意推奨
  • ドコモiPhoneは保証の加入状況によって代替機の有無が変わる
  • AppleCare+に加入していればお預かり修理ではなく即日対応ができるパターンがある
  • お持ちであれば旧iPhoneやsimカードのサイズが同じAndroidを代用する手もある

iPhoneが故障した際に、代替機がどういう状況のときに必要になるのか?どういった行動を取ればいいのか?ということがイメージできるようになりましたでしょうか?あなたが今後代替機を借りる場面になった場合に、参考になれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!