【2019年5月版】Broad WiMAXの口コミ評判、料金やキャペーンを比較

Broad WiMAXの口コミ評判

機器を持っているだけで場所を選ばずいつでもWi-Fi環境が構築できる便利なモバイルWi-Fi。

モバイルWi-Fiといえば、WiMAXですが、正直〇〇WiMAXってたくさんあってどこが良いのか分からない…。

数多くのWiMAXのなかでも、とにかく安い!と評判になっているのがBroad WiMAXです。

Broad WiMAXとはどんな特徴があって、気になる評判はどうなっているのでしょうか?見てみましょう。

Broad WiMAXとは?

 

GoogleやYahoo!で「WiMAX」と検索にかけると、だいたい大元のUQ WiMAXに次いで、出てくることが多い「Broad WiMAX」。

それだけ多くの人が検索している証拠で、人気の高さがうかがえます。

では、そもそもBroad WiMAXとはどんなブランドなのでしょうか?

WiMAXは、UQコミュニケーションズが運営している高速モバイル通信サービスで、現在は超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供しています。

そのため、大元はUQ WiMAXとなりますが、数多くの企業がMVNOとして参入しており、多くの〇〇WiMAXが存在しています。

Broad WiMAXもそのひとつで、株式会社リンクライフが運営しているWiMAXブランドです。

例えば、UQ WiMAXはKDDI系列、So-net WiMAXはソニー系列、Bigloge WiMAXはNEC系列など大企業がバックにいると安心ですが、正直リンクライフという会社を知らなく、不安な人も多いのではないでしょうか。しかし、

  • WiMAXブランドは〇〇WiMAXどこでも同じ回線を使用しているため、品質は変わらない
  • 使用できる機器もどこもほぼ同じ
  • 月額料金、キャッシュバック額などが会社ごとに違っており、そのため、とにかく安いBroad WiMAXが人気を博している。

というわけです。やはり品質が同じなら、安いほうが良いに決まっていますよね!

Broad WiMAXと他WiMAXプロパイダとの特徴・料金比較

クチコミなどでも安いと評判のBroad WiMAXですが、どれくらいの価格なのでしょうか?

具体的にBroad WiMAXと他のWiMAXプロバイダとの内容・料金を分かりやすく比較してみましょう。

Broad WiMAXの特徴とは

工事不要で届いたその日からインターネットが楽しめる、ギガ放題プランがある点などWiMAX全体の特徴以外に、Broad WiMAXならではの特徴をみてみましょう。

Broad WiMAXの特徴は

  • 他社の途中違約金を負担してくれる
  • 最新機種も含め、全端末無料
  • 初期費用が無料(Webからの申し込み&クレジットカード払いの場合)
  • キャッシュバックが申し込み時に10,000円分もらえる(キャンペーン中)

特に注目したいのが、途中違約金負担。他のWiMAXプロバイダでは、違約金が(期間が長いと)30,000円など高額な場合もあり、バカになりません。これによって解約しづらい状況にしているわけですが、この途中違約金を負担してくれるのは、Broad WiMAXの大きなメリットですね。

Broad WiMAXの料金体系

他のWiMAXプロバイダでもだいたい同じですが、Broad WiMAXにも2つの料金プランから選ぶ形となります。

  • ギガ放題プラン(制限なく思う存分ネットを楽しみたい)
  • ライトプラン(たまにモバイルWi-Fiが必要となる人向け。7GBまで使い放題)

がありますが、どちらもほぼ料金は変わらないので断然ギガ放題プランがおすすめといえます。

ギガ放題料金プラン

月額2,726円(1~2か月目まで)、月額3,411円(3~24か月目まで)、月額4,011円(25か月目以降)

ライトプラン料金プラン

月額2,726円(1~24か月目まで)、月額3,326円(25か月目以降)

となっています。ひと月に7GB以下しか必ず使わないという人ならライトプランの方が月額料金は安くなります。

参考までに1GBでできること

ネット閲覧=約4,000回

YouTube=約500分

メール・LINE=約200,000回

となっています。もちろん容量の大きいスマホゲームや、ダウンロードを繰り返すと一気にパケットは消費してしまいますね。

ただ、意外とパケットは気付かないうちに消費してしまうもの。無制限で使えるギガ放題のほうが上記の通り、料金はそこまで変わらないので良いのではないでしょうか。

Broad WiMAXとGMOなどのWiMAXプロバイダ料金との比較

他のWiMAXプロバイダと分かりやすく2年間総額で料金を比較してみましょう。

(2年間契約でギガ放題プラン)※キャンペーン適用時価格

・Braod WiMAX=80,494円(実質70,494円)

※キャッシュバック10,000円分(申込時)

・UQ WiMAX=106,272円(実質103,272円)

※キャッシュバック3,000円(契約時から4か月目)

※公式という安心感がある、クレジットカード払いだけでなく銀行振替も可能

・So-net WiMAX=86,880円

※月額料金が3年間変わらない(ずっと3,620円)、キャッシュバックはなし

・Biglobe WiMAX(キャッシュバック有)=103,750円(実質73,750円)

※キャッシュバック30,000円分(契約から13か月目に自己申請)

・Biglobe WiMAX(月額割引キャンペーン)=86,880円

※クレジットカード払いだけでなく銀行振替でもキャッシュバックがもらえる(減額有り)

・GMOとくとくBB=101,004円(実質68,954円)

※キャッシュバック32,050円分(契約から12か月目に自己申請)

・@nifty=97,040円(実質67,040円)

※キャッシュバック30,000円分(契約から9か月目に自己申請)

・JPWiMAX=81,900円(実質65,900円)

※キャッシュバック16,000円分(申込時10,000円、13カ月後6,000円)

ブロードワイマックスの初期費用

初期費用 無料
WiMAX端末料金 無料
事務手数料 3000円

Broad WiMAXの初期費用とWiMAX端末の金額は「My Broadサポート」と「安心サポート」の加入で0円に抑えることができます。

上記2つのオプションは、商品到着後いつでも無料解約することができます。

初期でかかる料金としては3000円になります。

ブロードワイマックス取り扱いモバイルWi-Fiルーター

Wi-Fiルーターの見た目 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi HOME L02
Wi-Fiルーター型式 NEXT W06 NEXT WX05 HOME L02
通信速度 下り速度867Mbps
上り速度75Mbps
下り速度440Mbps
上り速度75Mbps
下り速度867Mbps
上り速度75Mbps
対応エリア WiMAX 2+エリア
au 4G LTE(800MHz)エリア
WiMAX 2+エリア
au 4G LTE(800MHz)エリア
WiMAX 2+エリア
au 4G LTE(800MHz)エリア
種類 モバイル モバイル ホーム
接続台数 16台 10台 42台
サイズ 128x64x11.9mm 111×62×13.3mm 93 × 93 × 178mm
重さ 約125g 約128g 約436g
使用時のバッテリー持ち ・通信速度を優先:約 7.1時間
・ノーマル:約9時間
・バッテリーセーブ:約 11.6時間
・通信速度を優先:約8.1時間
・ノーマル:約11.5時間
・バッテリーセーブ:約14時間

 

ブロードワイマックスでのモバイルWi-Fi端末の選び方は、ご自宅でWiMAXを使いたい方は、「HOME L02」をお選び頂き、自宅はもちろん出先など外でもWiMAX端末を持ち歩いて使いたい場合は、最新機種の「NEXT W06」(2019年1月25日発売)がオススメです。

Broad WiMAXのメリットやデメリット

 

Broad WiMAXのデメリット

・キャッシュバックが少ない

激しいシェア争いをしている各WiMAXプロバイダ。ユーザー獲得のため、キャンペーンで多額のキャッシュバックをおこなっている会社も少なくありません。

スマホでは最近はキャッシュバックシステムは影を潜めてしまいましたが、WiMAXではまだまだ健在。

Broad WiMAXでも申し込み時にキャッシュバック10,000円受け取ることが可能です。

ただ、他社では30,000円ほどの高額キャッシュバックを受け取れる場合も。その分、Broad WiMAXは月額料金が安いのですが、まとめて多額のお金を手に入れたい人だと10,000円キャッシュバックは物足りなく感じる人もいると思います。

・指定オプションへの加入が必須(申し込み後すぐに解約は可能)

Broad WiMAXでは、申し込み時に指定されているオプションサービスに入る必要があるのです。

それらは申し込み後すぐに解約することもできるので、すぐに解約すればお金がプラスにかかることはありませんが、解約し忘れてしまうと月額料金は上がってしまいます。

・契約初月も月額料金がかかる

なかには、契約初月の月額料金を無料にするWiMAXプロバイダもあるなか、Broad WiMAXは2,726円と安いものの1か月目から契約初月として月額料金がかかります。

・口座振替の場合、初期登録無料にならない

Broad WiMAXでは、クレジットカード払いだけでなく、口座振替でも支払いはできます。ただ、口座振替にすると、初期登録がキャンペーン対象外となってしまい有料(18,857円)かかってしまいます。

断然、新たにクレジットカードを作っても、クレジットカード払いにしたほうが良いですよ。

Broad WiMAXのメリット

・キャッシュバックを申し込み時に受け取れる

他のWiMAXプロバイダでは、キャッシュバック額が高額であってもすぐには受け取れない場合が多いのです。なかには、契約後1年以上経たないと申請ができない場合もあります。

しかも、多くの場合、自分で申請できるタイミングになってから申請を行う必要があるので、もし期間内に申請を忘れてしまったらキャッシュバックを受け取れない、つまり0円になってしまうこともあります。

その点、Broad WiMAXは申し込み時にキャッシュバック10,000円分受け取れるので、忘れるリスクはありません。

・サポート体制が充実している

数年前は、Broad WiMAXは、その安さで申込者が殺到してしまったこともあり、電話がまったくつながらないなどサポート体制の不満の声は多くありました。

しかし、最近はかなり改善されていて、特にリアルタイムで返答してくれるチャットが便利と好評だったりとサポート体制が充実してきています。

・他社からでの途中解約違約金を負担してくれる

月額料金が安いWiMAXプロバイダのなかでも、解約月以外での解約では多額の途中解約違約金が発生する場合があります。なかには、会社や契約期間によっては30,000円など高額に違約金が鳴る場合も。

もし現在、WiMAXを他社で契約していて、解約すると途中解約違約金が発生してしまう場合も、Broad WiMAXならその違約金を負担してくれるので安心してBroad WiMAXに変更できます。(上限19,000円まで)

・機種のラインナップが多彩!しかも全機種無料

他のWiMAXプロバイダによっては、機種が2~3機種のみなど限られている場合もありますが、Broad WiMAXの場合、発売中の全機種を扱っており、しかも全機種無料で手に入れることができます。

・auやUQ モバイルのスマホ代が安くなる

大元のUQ WiMAXでは、auやUQモバイルの月額料金が割引になるセット割があり大きな魅力となっていますが、実はBroad WiMAXでも、同様の「auスマホ割」や「UQモバイルセット割」に対応しているので、スマホとモバイルWi-Fi両方契約する場合などにはお得になります。

・8日以内ならキャンセル可能

万一、契約後使用して見たら「思っていたよりエリアが狭い」「通信速度が遅くて使えない」など不満がある場合、8日以内なら無償でキャンセルができます。

・とにかく格安!

2か月間とはいえ、月額料金2,726円、その後も3,326円と、他社では月額4,000円台もあるなか、この安さはBroad WiMAXの最大の特徴でありメリットです。

当然、どこもWiMAXプロバイダは同じ品質なので、その点はいくら安くても安心です。

Broad WiMAXの口コミ評判

悪い口コミ評判

良い口コミ評判

Broad WiMAXのキャンペーン

  • (他社からの乗り換えの際)途中解約違約金を負担(上限19,000円まで)
  • 全機種0円(最新機種含む)
  • 初期費用無料(Webからの申し込み、クレジットカード払い)

となっています。また、キャッシュバックキャンペーンも随時行っているようなので、チェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider