2年以上WiMAXの同じ端末を使い続けるのは料金的にもネット回線の快適さ的にも損をしているのだと最近気が付きました。古いものに高い料金を払ってしまったことに後悔しています。

この記事を読む人には古い端末と新しい端末でどれだけ損しているのかを紹介していきますので、僕と同じような失敗をしたくない人はぜひ参考にしてみてください。

 

WiMAX W04からW06に交換したら毎月が安くなった

W04とW06の本体画像

W04での毎月支払っていた料金が、

WiMAX2+フラットDATA EXで5880円(税抜き)+LTE NET for DATAが500円ーauスマートバリュー588円=合計5792円(税抜き)支払っていた。。。高い。。

がW06に切り替えをしただけでギガ放題プラン3411円(税抜き)になり、毎月2381円抑えることができました

2年以上も同じ機種のWiMAXを使い続けるのはダメですね。2年を超えたら切り替えた方が良いです。

僕はBroad WiMAXでW06へ切り替えました。理由は下(↓)にまとめました。

WiMAX W04からW06に交換しただけで超快適になった

2年も経つとWiMAXルーターのスペックが格段に向上していました。特に通信速度ですね。基本的な仕様を比較すると以下の表になります。

Wi-Fiルーターの見た目 Speed Wi-Fi NEXT W06 w04
Wi-Fiルーター型式 NEXT W06 NEXT W04
通信速度 下り速度867Mbps
上り速度75Mbps
下り速度440Mbps
上り速度75Mbps
対応エリア WiMAX 2+エリア
au 4G LTE(800MHz)エリア
WiMAX 2+エリア
au 4G LTE(800MHz)エリア
種類 モバイル モバイル
接続台数 16台 10台
サイズ 128x64x11.9mm 130×53×14.2mm
重さ 約125g 約140g
使用時のバッテリー持ち ・通信速度を優先:約 7.1時間
・ノーマル:約9時間
・バッテリーセーブ:約 11.6時間
・通信速度を優先:約6.5時間
・ノーマル:約9時間
・バッテリーセーブ:約10.5時間

 

速度以外に体感した違いとしては、w06はさらに軽くなっていて持ち運びしやすくなりました。

W06とW04面積で比較

見た目上の大きさはW04よりもW06の方が大きいように感じるのですが、実際に手に持ってみるとW06の方が軽いのだと感じることができます。

私が使ってみてW06にして便利だと感じたところを挙げてきますね。

WiMAXの通信速度がダンチでW06が速い

RBB SPEED TEST

RBB SPEED TEST

IID,Inc.無料posted withアプリーチ

W06とW04の回線スピードをRBB SPEED TESTアプリで測定。測定時間は平日の15時前後。

W06スピード測定千葉県八千代市

W06でのスピード測定結果は、下りスピード85.41、上りスピード6.57、ping93ms。

w04でのスピード測定、千葉県八千代市

対してW04でのスピード測定結果は、下りスピード15.69、上りスピード2.65、ping36msでした。

w06はw04と比較して5倍の通信速度が出るという結果でした。

WiMAX端末でのスピードの差がここまで離れるとは思ってもいなかったです。W06の5分の1の速度しかでないW04に2000円以上も多く支払いをしていたのはツライですね。。。

W06に切り替えて料金を節約する

部屋の中でWiMAXの繋がりが良い場所を探せる

今までWiMAXの繋がりが良いかどうかは端末の置き場所をいろいろ変えてみて、雰囲気でなんとなく繋がりが良くなった気がするっていう感じだったのですが、

専用アプリと連携することでWiMAXの繋がりが良さが可視化できるようになったのはとても有り難いです。

今までは感覚や雰囲気でなんとなく繋がりの良さを感じていましたが、専用アプリを使いながら最適なWiMAXの置き場所を探すことができるようになったのは嬉しいですね。

ベストポジション機能でWi-Fiの繋がりが良い場所が分かる

「Huawei HiLinkアプリ」のベストポジション機能

「Huawei HiLinkアプリ」のベストポジション機能を使うと、W06の受信強度が高い場所を見つけることができます。

W06を部屋の中の窓際や真ん中、玄関近くなどに置いてみてWiMAXの電波が入りやすいスポットを見つけることができました。

ベストポジションの電波強度

バッテリー持ちを管理しやすい

W06バッテリーの残り分数

W04のときには残り分数が分からなかったのですが、w06はバッテリーの残り分数が分かるのであとどれくらい持つかが把握しやすくなってます。

ハイスピードプラスエリアモードからの切り替えを勝手にやってくれる

ハイスピードプラスエリアモードから自動切り替え

地方や山間部、地下などでWiMAX回線でカバーしきれない範囲をau 4G LTE回線でカバーできるハイスピードプラスエリアモードですが、7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかってしまうだけではなく、ハイスピードモード(WiMAX回線)の方も128kbpsの速度制限に巻き込んでしまうというデメリットがありました。

ハイスピードプラスエリアモードでの通信が7GBを超える前に手動でハイスピードモードに切り替えれば問題がないのですが、7GB前というキリの良いところでハイスピードモードに切り替えをするというのは中々うまくいかないものです。

ハイスピードプラスエリアモード自動切り替え設定

w04では切り替えは手動が必須でしたが、w06では7GBの手前何GBに到達したらハイスピードモードに切り替えるを設定しておくことで、設定したGBに到達すると自動でハイスピードモードに切り替えてくれるので、ハイスピードプラスエリアモードの切り替え忘れで起こる速度制限に悩まされることが無くなりました。

W04からW06に切り替えて良かったこと

僕が体感したことは

  • 家の中で最適なWiMAX接続スポットを見つけて繋げることで接続が安定するようになった
  • W04よりもネットの接続スピードが安定するようになった、表示速度が速い
  • 毎月のWiMAX利用料金が2381円安くなった
  • W04のバッテリー持ちが悪かったのでW06に切り替えてバッテリー持ちの悩みから開放された

となりW06へ切り替えてよかったです。

W06への切り替えにオススメのWiMAXプロパイダはBroad WiMAXのみ

W06への切り替えにオススメのWiMAXプロパイダはBroad WiMAXがあります。

Broad WiMAXの特徴としては、

  • 月額料金が大幅に安くなっている
  • モバイルWi-Fiルーターの端末代金が無料
  • 契約後8日以内ならキャンセル可能(接続が悪いなどで)

 

がありますが、古いWiMAXを使っている方にBroad WiMAXオススメが理由としては、

Broad WiMAXは乗り換えの違約金がかからない

Broad WiMAXさんが他社からの乗り換えでかかる違約金を負担してくれるからです。

WiMAXプロパイダにはGMOさんやso-netさん、au、ビッグローブさんなど数多のWiMAXプロパイダがありますが、乗り換え負担をやっているのはBroad WiMAXさんしかないです。

また乗り換えキャンペーンを利用すると通常どのWiMAXプロパイダでもかかる3000円の初期費用が0円になるのもアツいです。つまり、更新月を過ぎてしまっていても無料でW06へ乗り換えることができるのです。

Broad WiMAXは乗り換えに最大の強みがあるWiMAXプロパイダですが、

月額料金は他WiMAXプロパイダの中でも業界最大級の安い料金となっています。

プロパイダ名 月額料金 2年の総額
Broad WiMAX 1~2カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
2726円×2ヶ月+3411円×22ヶ月
=80494円
So-net WiMAX 1カ月目:無料
2~36カ月目:3,620円
3620円×23=83260円
カシモWiMAX 1~2ヶ月:1,380円
3〜24ヶ月:3,480円
1,380円×2ヶ月+3,480円×22ヶ月
=79320円
ビッグローブ WiMAX 1~36カ月目:3,620円 3,620円×24ヶ月=86880円
@nifty WiMAX 1ヶ月目:250円
2〜3ヶ月:3,670円
4ヶ月目以降:4,350円
250円+3670円×2ヶ月+4350円×21ヶ月
=98940円
UQwimax(本家) 1~3カ月:3,696円
4カ月目以降:4,380円
3,696円×3ヶ月+4,380円×21ヶ月
=103068円
GMO 1〜2ヶ月:3,609円
3〜24ヶ月:4,263円
3,609円×2ヶ月+4,263円×22ヶ月
=101004円

 

WiMAXの端末が古くてしかも高い料金を支払い続けているのは、もったいなさすぎなので安くしつつもっとWiMAXを安定させたい方はBroad WiMAXで賢く節約してみてはいかがでしょうか。

万一繋がりが悪いときには、8日以内であればキャンセルできるのも安心感があります。

Broad WiMAXで賢く節約する

Broad WiMAXで古いWiMAXからW06へ切り替える手順

W06への切り替えは以下の手順を踏むことで、WiMAXが途切れることなく切り替えることが可能です。

  1. Broad WiMAX公式サイトから申し込み
  2. 他社WiMAXを解約する
  3. 解約料を一時的に建て替える
  4. 解約料を支払いした書類を「shop@wimax-broad.jp」宛てに送信する
  5. Broad WiMAXから返信を待つ
  6. 指定した銀行口座に解約料の負担金がキャッシュバックされる

注意点としては切り替え前のWiMAXご契約名義とBroad WiMAXのご契約名義が同一でないと乗り換えキャンペーン(解約料のキャッシュバック)が適用できないので気をつけて申込みをしてください。

Broad WiMAXでのW06を申し込む手順流れを解説

 

Broad WiMAXの評判や申し込み手順を確認する

Broad WiMAXでW06を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)

ABOUTこの記事をかいた人

20代男。Apple正規修理の中の人。Apple製品セールス職から修理職9年目。アップルサポートサイトでは分かりにくいiPhoneのトラブル解決方法を分かりやすく紹介していきます。 ■Mac&iPad sales:Apple Premium Reseller ■iPhone&iPad sales:au Shop assistant manager:SoftBank Shop manager ■iPhone repair:Apple Authorized Service Provider