win10でiPhoneのバックアップ先を外付けHDDに変更する方法

iphone バックアップ 外付けhdd win

iTunesのバックアップ先は
デフォルトのままだと
Cドライブという保存先に
バックアップファイルが保存されています。

お持ちのパソコンの
Cドライブの容量が逼迫していて
バックアップを取るための容量が足りない場合や、
パソコンの内蔵HDDにiPhoneのバックアップを入れたまま
パソコンが故障してしまったという場合も起こり得ます。

iPhoneのバックアップは出来るうちに
外付けHDDにバックアップ先を
変更しておくことをオススメ致します。

1.iPhoneのバックアップを外付けHDDに変更する流れ
2.外付けHDDにバックアップフォルダを作成する
3.既存のバックアップフォルダを確認する
4.外付けHDDのフォルダへ既存バックアップをコピーする
5.シンボリックリンクを作成する
6.コマンドプロンプト(管理者)を選択する
7.コマンド入力と実行(エンター)
8.シンボリックリンクを確認する
9.実際にiPhoneをiTunesバックアップ出来るか確認する
10.iPhoneのバックアップ先を外付けHDDに変更。まとめ

1.iPhoneのバックアップを外付けHDDに変更する流れ

  1. 外付けHDDにバックアップ用のフォルダを作成する
  2. 既存のバックアップフォルダを確認する
  3. 外付けHDDのフォルダへ既存バックアップをコピーする
  4. シンボリックリンクを作成する
  5. コマンドプロンプト(管理者)を選択する
  6. コマンド入力と実行
  7. シンボリックリンクを確認する
  8. バックアップが出来るか確認する

といった流れで
iPhoneのバックアップを外付けHDDに変更します。
それでは順にご説明していきます。

2.外付けHDDにバックアップフォルダを作成する

iphone バックアップ 外付けhdd win

iPhoneのバックアップを移行したい
外付けHDDの中に
iPhoneのバックアップフォルダ
“iPhone_backup”を作成しました。

3.既存のバックアップフォルダを確認する

外付けHDDにバックアップフォルダを作成できましたら、
既存のバックアップフォルダをコピーして、
外付けHDDのバックアップフォルダに移行するために、
既存のバックアップフォルダを探します。

既存のバックアップフォルダは、
“隠しフォルダを表示させる”を設定にした状態で、

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

の”Backup“の中に格納されています。

まずは、“隠しフォルダを表示させる”設定に変えます。

“表示→隠しファイル”にチェックします。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“Windows(C:)”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“ユーザー”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“隠しファイル”チェックがない場合→“AppData”が表示されません。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“隠しファイル”チェックがあると→“AppData”が表示されます。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“Roaming”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“Apple Computer”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“mobileSync”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“Backup”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“Backup”フォルダの中身が作成した既存のバックアップデータになります。

iphone バックアップ 外付けhdd win

4.外付けHDDのフォルダへ既存バックアップをコピーする

全項目で説明しました“Backup”フォルダの中に
格納されている既存のバックアップフォルダを
新規で作成した外付けHDDのバックアップフォルダへコピーをします。

画像では“Backup”フォルダ(既存)から
“iPhone_backup”へコピーをしてしています。

iphone バックアップ 外付けhdd win

既存のバックアップフォルダの容量によって
コピーが完了する時間が変わってきますが、
数10GBある場合には、数10分間ほど時間を要する場合もあります。

コピーが完了しましたら、
既存のバックアップフォルダ名を
“Backup”から”Backup-01”(任意のフォルダ名)に変更します。

次項目で説明します。
シンボリックリンクという機能を
使うのに必要なためです。

5.シンボリックリンクを作成する

シンボリックリンクとは、
OSのファイルシステムの機能の一つで、
特定のファイルやディレクトリを指し示す別のファイルを作成し、
それを通じて本体を参照できるようにする仕組み。
リンクは本体と同じディレクトリに置いても良いが、
通常は別の場所から参照できるようにするために作成される。
UNIX系OSでよく用いられるもので、Windowsでも利用することができる。

シンボリックリンク 【 symbolic link 】 symlink / ソフトリンク / soft link

6.コマンドプロンプト(管理者)を選択する

コマンドプロンプトから
新しく作成したバックアップのファイルへ
バックアップを紐付ける設定を行います。

“Windowsのキー+Xキー”から
“コマンドプロンプト(管理者)”を選択します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

7.コマンド入力と実行(エンター)

コマンドプロンプトが起動したら、
下記を入力します。

mklink /d “C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “(外付けHDDの場所)\iPhone_backup”

私の場合ですと、以下を入力しました。(赤枠)

mklink /d “C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “(外付けHDDの場所)\iPhone_backup”
を一度テキストに貼り付けて必要箇所を修正後コピーをして、
コマンドプロンプト上で右クリックをすると、自動で入力されると思います。

iphone バックアップ 外付けhdd win

入力後、エンターを押すと
“シンボリックリンクが作成されました。”(緑枠)が表示されます。

8.シンボリックリンクを確認する

既存のバックアップフォルダを確認して
(赤枠)のような“BackUp”のフォルダができていればOKです。

iphone バックアップ 外付けhdd win

さらに(赤枠)“BackUp”のフォルダを
右クリックをして“プロパティ”を表示します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

“リンク先(T):”
外付けHDD上のバックアップフォルダ名が
表示されていれば紐付けが完了です。

9.実際にiPhoneをiTunesバックアップ出来るか確認する

外付けHDD上に設定した
新しいバックアップフォルダ内に
バックアップが作成できるかを確認します。

iphone バックアップ 外付けhdd win

iTunesで“今すぐバックアップ”を押して
“最新のバックアップ”の日付と
同じ日付のバックアップファイルが
外付けHDD上のバックアップフォルダの中に
確認ができれば大丈夫です。

iphone バックアップ 外付けhdd win

10.iPhoneのバックアップ先を外付けHDDに変更。まとめ

iPhoneのバックアップを
せっかくiTunesで取ったにも関わらず、
バックアップデータまるごとパソコンが
故障した。なんてもったいないです。

お手間かと思いますが、
一発気合でやっておくと
のちのちバックアップデータが
取り返しつかないことになった
という面倒を回避することができますので、

やれる時に設定しておくことをオススメ致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!