iphoneが充電できない時の修理とは?

iPhoneが充電出来ない時に
どんな修理になるのか?
どれくらい時間がかかり
いくらで修理ができるのか?
解説していきます。

1.iPhoneが充電ができない時の修理とは?

充電できないiPhoneの修理内容とは
お使いのiPhoneで充電できない場合に
どんな修理対応になるのかといいますと

修理対応ではなく、
本体丸ごとの交換対応になります。
(AppleStore対応では)

充電ができないという
iPhoneの故障内容の場合に
すぐにその日に交換ができるかどうかは

Apple正規の修理拠点の
検査と判断内容によって変わってきますのであしからず。

検査がOK判断で
お使いのiPhoneと
同じ機種&同じ容量と同じ色
の在庫があればその日に交換することが可能になります。

Apple公式のiPhone修理屋の一覧は下記になります。
AppleStoreの一覧
Apple正規サービスプロバイダの一覧

Apple非公式の修理店でしたら
iPhoneの充電ドックコネクタを
交換修理を行っていますので、
ドックコネクタを交換することで
充電ができない問題を改善することが可能です。

Apple非公式の修理屋さんで
大手ですと、
あいさぽさん
ダイワンテレコムさん
などがあります。

2.充電ができないiPhoneの修理時間とは

Apple公式の修理拠点ですと
交換対応がOKだと仮定して
スムーズに交換が進んでも
来店から交換完了まで

そのお店の混雑状況によって
異なってくるのでかかる時間の判断が難しいですが

修理のカウンターに
着席してから40分くらいで
交換完了は可能かと思います。
(技術者の錬度によりますが)

来店から修理完了までは
2,3時間を見ておくと良いと思います。

スムーズに交換を進めたい方は
予約されてからの来店をオススメ致します。

iPhoneの修理予約する方法

非公式のiPhone修理屋さんですと
1時間前後の修理時間かと想定されます。

3.充電できないiPhoneの修理費用とは?

ざっくりご説明すると
iPhoneが保証期間内(1年間)であれば、
無料で丸ごと新しいものと交換することが可能ですが、

保証期間が過ぎているなど
お金がかかる場合ですと、

Apple公式のiPhone修理屋さんですと、
iPhoneの機種にもよりますが、
3万円から4万円ほど交換費用がかかります。

Apple非公式の
iPhone修理屋さんですと、
機種にもよりますが、
7000円から1万円の金額で交換することが可能です。

充電ができないiPhoneの修理料金比較はこちら
iPhoneが充電できない時の修理費用とは?

4.充電できないiPhone修理のまとめ

今回の内容をまとめますと、

充電できない場合のiPhone修理の対応法は

  • Apple公式は本体丸ごとの交換
  • 非公式は充電ドックコネクタの交換

修理にかかる時間は

  • Apple公式は2から3時間
  • 非公式は1時間前後

修理にかかる金額は

  • Apple公式は保証期間内でしたら、
    基本的には無料ですがお金がかかる場合は
    3万円から4万円かかります。
  • Apple非公式は
    7000円から1万円で修理を行うことが可能です。