iPhoneの音量ボタンが効かない時の6つの対処法とは?

iphone 音量ボタン 効かない

iPhoneの音量ボタンが効かない時に
どのような対処法があるのかを解説していきます。

1.iPhoneの音量ボタンが効かないとは?
2.iPhoneの音量ボタンが効かない時の対処法とは
3.iPhoneの音量ボタンが効かない時の修理とは?
4.iPhoneの音量ボタンが効かない時の注意点とは?
5.iPhoneの音量ボタンが効かない時の6つの対処法まとめ

1.iPhoneの音量ボタンが効かないとは?

iPhoneの音量ボタンが効かない時の
パターンは以下が考えられます。

  • 音量ボタンの陥没により音量ボタンが効かない
  • 陥没はないが押した感触がない
  • 見かけ上は正常に動作しているが音量ボタンが効かない

の3パターンが
iPhoneの音量ボタンが効かないトラブルを
細分化させたパターンになり、
それぞれ対処法が異なってきます。

1-1.音量ボタンが陥没していないか?

iPhoneの音量ボタンが陥没して
押し込んだままになってしまって
音量ボタンが効かない場合は、
本体交換対応になります。

お使いのiPhoneが保証期間内でかつ
iPhoneの本体に画面割れや水濡れ、
湾曲などの損傷が無ければ、
無償での本体交換になります。

落下やぶつけてしまって
音量ボタンが陥没して効かない場合は、
有償での本体交換になります。

1-2.音量ボタンを押した感触がない

音量ボタンが陥没はしておらず、
ボタンを押せる状況ではあるが、
カチカチ感や押した感じがしなくて
音量ボタンが効かない場合も

本体交換になる可能性があります。

有償交換なのか、
無償での交換なのかは
お持ちのiPhoneの状態(外観・内観)と
保証状況によって左右されます。

1-3.見かけ上は正常に動作している

音量ボタンに陥没がなく、
押した感触もあり、
見かけ上はちゃんと動いていそうだなという場合は、
初期化やアップデートをすることで
音量ボタンが効かないという問題を
改善できる場合があります。

2.iPhoneの音量ボタンが効かない時の対処法とは

iPhoneの音量ボタンが
陥没してしまっていたり、
押した感触がない場合は、
物理的なボタンの故障なので
修理(本体交換)が先決な対処法になりますが、

音量ボタンを押した時に感触があり、
見かけ上はちゃんと動いていると感じる場合は、
iPhoneの音量ボタンが効かないというトラブルが
別の原因で発生している可能性があります。

2-1.iPhoneの音量ボタンが効かない別の原因とは

陥没や押した時の感触がないなど
物理的な問題を除くと、
音量ボタンを認識している
システムやソフトウェアが
原因で発生している場合があります。

システムやソフトウェアが原因で
音量ボタンが効かないという問題が
発生している場合は、
次項目で解説する対処法を順番に実施して下さい。

2-2.強制再起動をする

音量ボタンが効かないiPhoneで
強制再起動を実施することでトラブルが
改善できるかどうかを確認してください。

システムやソフトウェアの問題が
軽微であった場合には、強制再起動に
音量ボタンが反応するようになる場合があります。

iPhoneを起動している状態で、
ホームボタン(iPhone7系は音量下げるボタン)
とスリープボタンをリンゴマークが出てくるまで長押しします。

2-3.iOSアップデートをする

もし、音量ボタンが効かない
iPhoneのiOSバージョンが最新でない場合は、
最新のiOSへとアップデートをすることで
音量ボタンが効かない問題が改善できる場合があります。
iOSアップデートを実施する前には、
必ず、iPhoneのバックアップを固めてから
アップデートを行ってください。

iOS10.2.1がリリース!アップデート前に注意したい3つの項目とは?
iOS 10.2.1が1月24日(日本時間)に発表されました。iOSアップデートが発表されて1週間はアップデートに関してのお問合わせとトラブルへの相談が多いので、気をつける点...

 

2-4.リカバリーモードで初期化する

iOSアップデートを行っても
音量ボタンが効かない問題が改善できない場合は、

iPhoneとパソコンを接続をして
リカバリモード(ベストはDFU)で
初期化を実施して下さい。

DFUの初期化のやり方

2-5.修理拠点への持ち込みもアリ

アップデートや初期化を
ご自身で実施するのが不安な場合や

アップデートや初期化をするために
パソコンが必要になりますので、
パソコンをお持ちでない場合などは
修理拠点へiPhoneを持ち込んで
依頼されるのも手かと思います。

持ち込みでアップデートや初期化を
行っても音量ボタンが効かない問題が改善できない場合は、
本体交換にすぐ移れるというメリットもあります。

2-6.AssistiveTouchで一時的に音量ボタンをしのぐ

設定→一般→アクセシビリティ
→AssistiveTouchをオン→最上位レベルのメニューをカスタマイズ
アイコン追加ボタン→(音量上げる下げるボタン)を追加

を行うことで、
iPhoneの画面上からにはなりますが、
音量ボタンを使うことが可能になります。

iphone 音量ボタン 効かない

 

iphone 音量ボタン 効かない

 

iphone 音量ボタン 効かない

 

iphone 音量ボタン 効かない

 

iphone 音量ボタン 効かない

3.iPhoneの音量ボタンが効かない時の修理とは?

強制再起動やアップデート、
初期化を行っても改善できない場合
または、物理的に音量ボタンが効かない場合は、
本体交換での対応になります。

本体交換でお金がかかるか
無償で対応が出来るかどうかは、
iPhoneが保証期間内でかつ
画面割れや水濡れ、曲がっているなどの
損傷や破損が無ければ、無償での交換が可能です。

損傷や破損があった場合は、
AppleCare+に加入していれば、
AppleCare+の特別価格で交換が可能です。

AppleCare+に加入でない場合は、
保証外修理の金額がかかります。

 AppleCare+あり2016年9月7日までにAppleCare+加入AppleCare+ナシ
iPhone 7 Plus12744円42,984円
iPhone 6s Plus12744円39,744円
iPhone 6 Plus12744円7800円39,744円
iPhone 712744円38,664円
iPhone 6s12744円36,504円
iPhone 612744円7800円36,504円
iPhone SE12744円7800円33,264円
iPhone 5c12744円7800円33,264円
iPhone 5s12744円7800円33,264円
iPhone 57800円7800円33,264円

4.iPhoneの音量ボタンが効かない時の注意点とは?

iPhoneの音量ボタンが
効かないトラブルで
結構ありがちな事例なのですが、

音量ボタンが陥没している時に
ラジオペンチなどで
つまみ出そうとした
というお話を耳にします。

注意して頂きたいことは、
ラジオペンチで効かない
音量ボタンをつまみ出そうとした時に
音量ボタンがえぐれてしまうことです。

音量ボタンがエグレている場合ですと、
破損扱いで有償対応になりますので、
陥没してしまっても
無理に取り出さないことをオススメ致します。

5.iPhoneの音量ボタンが効かない時の6つの対処法まとめ

iPhoneを落下させてしまったり
音量ボタン部分を硬い場所へぶつけてしまい
音量ボタンが効かなくなってしまった時は、
修理しか対処法がありませんので、
わりかし諦めがつくかと思いますが、

何かしらの自然故障で
音量ボタンが陥没してしまった時に
ペンチなどでほじくり返して
破損させてしまうと
本来無償での対応が可能だったものが、
有料になるのでもったいないです。

音量ボタンが陥没しているのは、
とても気になるかと思いますが、
触らぬ神に祟りなしです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!