iPhoneが水没して充電できない時の対処法

iPhoneが水没して充電できない時の
月間300台iPhone修理に携わる
僕なりの見解をご紹介していきます。

1.iPhoneが水没して充電できない時の対処法
1-1.iPhone水没時の対応基本
1-2.水没iPhoneが充電出来ない時の対処流れ
2.水没で充電ができないiPhoneまとめ

1.iPhoneが水没して充電できない時の対処法

iPhoneが水没した時に
「こうした方が良い」といった
絶対論はまずありません。
ケースバイケースその人によって
最善な対処法は変わってきます。

色々なiPhoneの水没事情を
見てきましたが、
巷のiPhone復活法は
一時的な復活に過ぎないです。

結果的には大方起動できなくなります。
一時的な復活がゴールなら良いと思います。

1-1.iPhone水没時の対応基本

1.絶対に電源を入れない
2.カバー類はすぐはずす
3.すぐにSIMを抜いて水分をふきとりティッシュにくるんで大事に保管
4.ヘッドフォン端子、Dockコネクタの水分をティッシュをコヨリにして吸い取る
5.本体をティッシュでくるんで水分を吸い取る
6.絶対に振ってはいけない

引用:『iPhone』水没時の応急処置

上記の対応法で良いと思います。
ですが、実際の浸水具合はケースバイケースなので、
iPhoneの一時復活狙いであればいいかと思います。

しかし、
iPhoneのバックアップがなくて
どうしてもバックアップを取りたい場合は、
電源を入れてバックアップを取るという
行動がベストな場合もあります。

バックアップが取れた後に
電源がまったく入らなくなったという
間一髪バックアップの事例も
数多く見てきましたので、
1番の「絶対に電源を入れない」
判断が難しいところではあります。

1-2.水没iPhoneが充電出来ない時の対処流れ

  1. ケースやカバーを外す
  2. SIMカード外し水気を拭く
  3. 穴という穴の水気を拭く(ドック、下部スピーカー、レシーバー、イヤホンジャック)
  4. バックアップが無ければ取る
  5. 水気を拭いても充電出来ない場合は修理へ

充電ができないiPhoneの修理は以下を参考にしてください。
iPhoneが充電できない時の修理とは

2.水没で充電ができないiPhoneまとめ

水没が原因でiPhoneが充電できない場合は、
残念ですが特効薬はなく、
水気を取り除いてバックアップが取れたら
修理に出すか機種変更を考えた方が、

復活したがある日突然起動できなくなった
といった突発的なトラブルに巻き込まれる
ということを回避できるので得策かと思います。

修理より機種変更が良い条件は以下を参考にしてください。
iPhoneの機種変更がした方がいい条件とは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!