iPhoneのバッテリー表示がおかしい時の8つの対処法とは?

iphone バッテリー 表示 おかしい
  • バッテリー残量が30%以上まだ残っていたにも関わらず、
    iPhoneの電源が落ちてしまったり、
  • 反対に、iPhoneのバッテリー残量が10%以下と
    表示がされていたにも関わらず、
    充電をした途端にいきなり30%とバッテリー表示が増えたり

とiPhoneのバッテリー表示がおかしいんですけどー
というお問い合わせが多いです。

今回は、
iPhoneのバッテリー表示がおかしいと
感じた時にやりたい対処法8つを
ご紹介していきたいと思います。

1.iPhoneのバッテリー表示がおかしい時の8つの対処法
2.iPhoneのバッテリー表示おかしい時の対処法まとめ

 

1.iPhoneのバッテリー表示がおかしい時の8つの対処法

iPhoneのバッテリー表示が
おかしい時の対処法をご紹介していきます。

1-1.電池残量を%表示にする

現状のiPhoneのバッテリー残量を
正確に把握するためにも
バッテリー残量表示がパーセントになっていない場合は、
まず、パーセント表示を追加します。

設定→バッテリー→バッテリー残量(%)
パーセント表示を追加することができます。

1-2.時刻のズレが原因の場合がある

改善の見込みは
薄いかもしれませんが、
過去にあった問題として、
時刻を手動で設定すると、
バッテリー表示がおかしくなる事例が
ありましたので、念のため紹介しておきます。

iPhone 6s または iPhone 6s Plus のバッテリー残量 (%) が更新されない場合
iPhone 6s または iPhone 6s Plus で時刻を手動で変更した後、または旅行の際に時間帯を変更した後で、バッテリー残量 (%) が更新されなくなった場合の対処法をご案内します。

この問題は、デバイスを iOS 9.3 以降にアップデートすれば解決できます。

iPhone 6s または iPhone 6s Plus のバッテリー残量 (%) が更新されない場合

現行のiOS10以降であれば、
起こりにくい問題かと思います。

1-3.強制再起動でバッテリー表示の問題を改善できるか確認する

iPhoneのバッテリー表示がおかしい場合に
簡易的に行える対処法として、
強制再起動があります。

強制再起動を行う前には、
念のためiPhoneのバックアップを確認してから
行うようにしてください。

Apple推奨のiPhoneをバックアップする2つの方法
iPhoneのバックアップが行われているか定期的にチェックをしていますか?iPhoneのバックアップが必要になる場面は、機種変更や修理などが必要になったときだけだと思っ...

強制再起動をした
タイミングで何かしらの問題が発生し
リカバリーモードから起動できなくなった
といったトラブルも今までに御座いましたので、
バックアップを固めてから行ってください。

1-4.iOSアップデートを行う

もし、お使いのiPhoneの
iOSが最新でない場合は、
アップデートを行うことで、
バッテリー表示がおかしい問題を
改善できる可能性があります。

iOSアップデートも
何かしらの問題によって
リンゴループやリカバリーモードが
発生する可能性がありますので、

iOSアップデート前には、
バックアップを行ってください。

1-5.バッテリーリフレッシュを行う

iPhoneのバッテリー表示がおかしい場合に
バッテリーリフレッシュがオススメといった
ブログメディアをお見かけしますが、

バッテリーリフレッシュは
オフィシャルではありません。

バッテリーリフレッシュをやるメリットは
バッテリーの正確な%(数値)が認識できるように
なるとのことです。

やり方を知りたい方のために
お伝えいたしますと、

  1. iPhoneを100%まで充電する
  2. バッテリーがゼロになるまで使い切る
    画面の明るさをMAXにして、動画を再生し続ける
  3. 再度100%まで充電をする

をやることで、
バッテリーの表示が正確な表示に戻るとのことです。

1-6.初期化で改善するかを確認

まだiPhoneのバッテリー表示が
おかしいという問題を改善できない場合は、
iPhone本体を初期化することで改善できる場合があります。

iPhoneの初期化は、
DFUモードによる初期化を
実施されることをオススメ致します。

DFUモードの初期化のやり方

1-7.バッテリー診断を行う

DFUによる初期化を行っても
バッテリー表示がおかしいという
問題を改善できない場合は、

iPhoneのバッテリーそのものが
劣化または消耗をしていて
残量表示が正しく出来ていない可能性があります。

バッテリー診断のやり方をやって頂き、
バッテリーが劣化または消耗をしていると
判断が出た場合のみ、

バッテリー交換修理を行うことが可能です。

バッテリーの劣化または消耗が原因で
バッテリーの表示がおかしいという問題が
大半はバッテリーを新しいものへ
交換することで改善することができます。

1-8.バッテリー使用状況テストを行う

iPhoneのバッテリー診断を行ったが
バッテリーの劣化や消耗を確認できなかった場合は、

もうひとつのバッテリー診断である
バッテリー使用状況テストを
依頼してみるのも手かと思います。

初期化を実施したiPhoneで
バッテリー使用状況テストを行い
明らかにバッテリーの変動で異常が
確認出来ましたら修理の提案が出てくるかと思います。

バッテリー使用状況テストとは何が出来るのか?

2.iPhoneのバッテリー表示おかしい時の対処法まとめ

iPhoneのバッテリー表示がおかしい
といったトラブルを僕が対応するなら
以下の流れで提案をします。

  1. バックアップは取ってありますか?
  2. iOSは最新にしてありますか?
  3. バッテリー診断を行いましょう
  4. 劣化や消耗を確認したら、
  5. バッテリー交換を行いましょう
  6. バッテリー消耗や劣化が確認できない場合は、
  7. バッテリー使用状況テストを行いましょう
  8. 初期化を行ってもいいですか?

初期化後2,3日ほど様子を見ても改善ができない場合は、
修理または本体交換の対応を提案になってくるかと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!