Apple推奨のiPhoneをバックアップする2つの方法

iPhoneのバックアップが行われているか
定期的にチェックをしていますか?

iPhoneのバックアップが
必要になる場面は、機種変更や修理などが
必要になったときだけだと思っていませんか?

バックアップデータが必要になってくる場面は
よくある例をあげますと

  • iosアップデート中に
    iPhoneがフリーズしてしまい初期化が必要な場面
  • iPhoneのタッチパネルが反応しなくて初期化が必要な場面
  • iPhoneの電波が圏外や検索中になり初期化が必要な場面
  • カメラのピントがぼやけるか真っ暗になり初期化が必要な場面
  • Wi-FiやBluetoothが接続できなくて初期化が必要な場面
  • ネットが繋がらなくて初期化が必要な場面
  • パスコードのロックを忘れて初期化が必要な場面
  • 通話時に声が聞こえなくて初期化が必要な場面
  • ポケモンGOなどGPSを使うアプリでGPSの調子が悪く初期化が必要な場面

など
データの初期化で
iPhoneの不具合が改善できるパターンを挙げてみましたが
初期化をしてしまうとデータは一切戻ってきませんので、
定期的にバックアップが取れているか確認することをオススメします。

iPhoneのバックアップは
Appleが推奨するやり方ですと
2種類のバックアップ方法があり、

1つは設定しておけば自動でiPhoneのバックアップができ、
もう一つは、手動ですがほぼ完全にiPhoneのバックアップを
取ることが可能です。これらの方法をご紹介していきます。

1.Appleが推奨する2つのバックアップの方法
2.iCloudとiTunesのは何が違うの?
3.iTunesでiPhoneのバックアップをする方法
4.iCloudでiPhoneバックアップをする方法
5.まとめ

 

1.Appleが推奨する2つのバックアップの方法

Appleが推奨する
iPhoneの2つのバックアップ方法
について解説していきます。

1-1.iTunesバックアップとは?

MacまたはWindowsのパソコンと
iPhoneを付属のLightningケーブルを使って接続し
作成できるバックアップのことをいいます。
バックアップデータがパソコンの本体に保存がされ、
保存が出来る容量はお使いのパソコンの空き容量によって決まります。

ご自宅にMacまたはWindowsのパソコンがあれば、
iPhoneバックアップの中でも確実な方法なので、信頼ができます。

1-2.iCloudバックアップとは?

Wi-Fiが接続できる環境下であれば、
パソコンを使わずに、iPhone本体だけでバックアップが取れる機能のことです。

iCloudによるバックアップデータの保存先は、
Appleから無料で提供されている
インターネット上のiCloudストレージというスペースに保存がされます。

無料で提供されているバックアップ容量は5GBまでなので、
お使いのiPhoneに写真やビデオが多い場合は、
最大2TBまで容量が増量できるプランを購入する必要があります。

2.iCloudとiTunesのは何が違うの?

iCloudとiTunesの違いを解説していきます。

2-1.iCloudとiTunesのメリットとデメリット

iCloudのメリット
・Wi-Fiがあれば、自宅でなくてもiPhoneのバックアップができる
・Wi-Fi接続してロック中かつかつ充電をすると、
バックアップのボタンを押さなくても自動的にバックアップを取ってくれる

iCloudのデメリット
・無料でバックアップ出来る容量が5GBまで。5GB超えると課金が必要になってくる
・iPhoneのバックアップを取るのに、Wi-Fi経由なので時間がかかる

iTunesのメリット
・iCloudより広い範囲でiPhoneのバックアップを取ることができる
・パソコンの空き容量の分だけiPhoneのバックアップが取れる
・パソコンとiPhoneがケーブルによる有線接続なので、
写真やビデオが大容量(5GBを超える)時にバックアップ完了までが早い

iTunesのデメリット
・パソコンがある環境下でないとiPhoneのバックアップができない
・バックアップを取る時にバックアップのボタンを押さないといけない

などが挙げられます。

2-2.バックアップできる項目に違いがある

  • まず、iCloudでバックアップが出来る項目は
    音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
  • iOS デバイスの写真とビデオ
  • デバイス設定
  • App データ
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、および MMS メッセージ(バックアップ中に使用したSIMカードが必要)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ中に使用したSIMカードが必要)
  • ヘルスケアデータ
  • HomeKit の構成

などがあります。
iTunesのバックアップ項目はさらに広く、

  • App Store で購入した App のデータ
  • App の設定、環境設定、書類などのデータ
  • App 内で購入したもの
  • カメラロールの写真・ビデオ
  • 連絡先とよく使う連絡先
  • カレンダーアカウント、イベント、照会したカレンダー
  • Safari ブックマーク、Cookie、履歴、オフラインデータ、および現在開いているページ
  • Web ページの自動入力
  • オフラインの Web App のキャッシュ/データベース
  • メモ
  • メールアカウント
  • Microsoft Exchange のアカウント設定
  • 通話履歴
  • メッセージ
  • ボイスメールトークン
  • ボイスメモ
  • ネットワーク設定
  • キーチェーン
  • Game Center アカウント
  • 壁紙
  • 位置情報の使用を許可した Appおよび Web サイトの位置情報サービスの環境設定
  • ホーム画面の配置
  • インストールされているプロファイル
  • マップのブックマーク、最近の検索、およびマップに表示されている現在位置
  • Nike + iPod の保存済みのワークアウトと設定
  • キーボードショートカットと保存されている変換候補
  • 証明書の信頼性の確認がとれない信頼済みのホスト
  • ウェブクリップ

 

さらに暗号化バックアップを設定することによって
以下がバックアップ対象に加わります。

  • ヘルスケアデータ
  • 保存したパスワード
  • LINEのトーク履歴

2-3.バックアップ時間に違いがある

iCloudでのiPhoneのバックアップにかかる時間の目安は、
バックアップを取るWi-Fi環境の安定度にもよりますが、
容量1GBあたり、1時間超の時間がかかると思います。

iTunesですと、
お使いのパソコンの環境によって
バックアップにかかる時間が前後してきますが、
1GBあたり、20分前後だと思います。

iCloudですと、
自動的にバックアップが取れ手軽ではありますが、
初めてのバックアップをするときに、3時間から5時間と
時間がかかりますので、就寝前にバックアップをするなど
時間に余裕をもってされることをオススメ致します。

2-4.同期とバックアップは違うの?

iPhoneのトラブルに合った時に、
同期をしたので大丈夫ですよね?
といった質問を見るのですが
同期とバックアップは異なるものです。

同期とは、
パソコン上の写真やムービーやミュージックを
iTunesを経由して
iPhoneに取り込む機能のことを指します。

iTunesを使うので、
バックアップなのではないかと
ややこしいのですが、
同期の場合の取り込みに優先されるデータは
パソコンの中のデータになります。

なので、例えば
パソコンの中には保存されておらず
iPhoneの中にしか保存していない
写真やムービーがあった時に
iTunesと同期をした場合には、
パソコンが優先されますので、
その写真やムービーは消えてしまうので、
注意が必要です。

3.iTunesでiPhoneのバックアップをする方法

3-1.iTunesの初期設定

ダウンロードとインストールが
お済みでない方は下記からダウンロードをして
インストールをしてください。
iTunesを今すぐダウンロードはこちら

3-2.iTunesバックアップ流れ

ステップ1
コンピュータとiPhoneを接続してください。
iphone_itunes1
ステップ2
iPhoneのパスコードを解除して接続認証をしてください。
iphone_itunes22

ステップ3
信頼を押してください
iphone_itunes23
ステップ4
iPhoneを選択を押してください
iphone_itunes3

ステップ5
「今すぐバックアップ」を選択
iphone_itunes4

ステップ6
「今すぐバックアップ」の下に
バックアップの日時が表示がされていれば完了です。

画像引用:1/3 データをバックアップする

4.iCloudでiPhoneバックアップをする方法

iCloudを使って
iPhoneのバックアップを
する方法を解説していきます。

4-1.iCloudサインイン

iCloudでバックアップを
作成したいiPhoneを使います。

ステップ1
「設定」を押してください。
fig_user_guide_step_1

ステップ2
「iCloud 」を押してください。
fig_user_guide_step_2
ステップ 3
Apple ID、パスワードを入力してください。
fig_user_guide_step_3
ステップ 4
「サインイン」を押してください。
fig_user_guide_step_4
ステップ 5
「同意する」を押してください。
fig_user_guide_step_5
ステップ 6
確認画面が表示されたら、再度「同意する」を押してください。
fig_user_guide_step_6
ステップ 7
以下画面が表示された場合は、「2 ファクタ認証を使用しない」を押してください。
fig_user_guide_step_7
ステップ 8
「結合」または「結合しない」を押してください。
※結合とは、iPhone、iPad のデータと
iCloud 上に保存されているデータを合わせることです。
fig_user_guide_step_8
ステップ 9
メッセージを確認して、「OK」を押してください。
fig_user_guide_step_9

画像引用:iCloud の初期設定をする

iCloudのサインインが完了しましたら、
バックアップへ進みます。

4-2.iCloudバックアップ流れ

ステップ1
Wifiに接続してください。
iphone_icloud1

ステップ2
「iCloud」を開いてください。
iphone_icloud2

ステップ3
「バックアップ」を開いてください
iphone_icloud3

ステップ4
「オン」にするを押してください。
iphone_icloud4

ステップ5
「今すぐバックアップを作成」を押してください
iphone_icloud5

ステップ6
「今すぐバックアップを作成」の下に
「前回のバックアップ○年○月○日○:○」と
日にちの表示がされていれば完了です。

画像引用:1/3 データをバックアップする

4-3.iCloud容量のアップグレード

「iCloudストレージがいっぱいです」
「iCloudストレージの空き領域が不足しています。」

と表示がされた場合は、
容量のアップグレードが必要です。

設定>iCloud>容量の順に画面を進めて
iphone6s-ios10-settings-icloud-storage-upgrade-1
増やしたい容量を選択して
右上の「購入する」から増やすことが可能です。

5.まとめ

iPhone使っていると、
いつかはトラブルに見舞われるものです。

いざ、トラブルにあってしまった時に
iPhoneのバックアップしてなかったと
後悔してからでは遅いので、
この記事をきっかけに
iPhoneのバックアップの重要性を知ってくれたら幸いです。

 


あわせて読みたい


iPhone7でAppleCare+に入るべき14個の理由

iPhoneのバッテリー診断(iOS診断)を行う方法【2016年版】

auのiPhone修理ガイド/金額はいくら?予約は必要?バックアップは?

ソフトバンクiPhoneの修理ガイド【2016年版】

ドコモiPhoneの修理ガイド【2016年版】

iPhoneの修理料金はいくら?故障別まとめ(有償修理編)

iPhoneが不安定な時の初期化とリセット6パターン

失敗しない!iPhone修理の段取り6ステップとは?

iPhone修理の料金はいくら?よくある無償修理まとめ

iPhoneが圏外のままになる原因と10個の対処法とは?