iPhoneを探すをオフにするメリットデメリットとは

iPhoneを探すは
iPhoneを紛失したり盗まれたりした際に、
デバイスの位置を地図上で確認したり
デバイスをロックしたりデータを消去できる機能になりますが、

iPhoneを探すをオフにした時の
メリット・デメリットについて
どういったものが考えられるかをご紹介していきます。

1.iPhoneを探すをオフにするメリットデメリットとは

1-1.iPhoneを探すをオフにするメリット

iPhoneを探すをオフにするメリットは,
あまりないと思うのですが、

強いてあげるならば、

  • iPhoneを売る場合や
  • 機種変更などを行い旧デバイスを下取りに出す場合、
  • iPhoneを修理に出す場合は、

iPhoneを探すをオフにして頂くというのが必須の条件になりますので、

上記の場合の際に、
iPhoneを探すがもともとオンになっていて
オフに切り替える場合は、
AppleIDとパスワードの入力が求められます。

AppleIDとパスワードが
あらゆる対処(サポートに聞く)などをしても
全然分からず、オフにできないという方が
稀にいらっしゃいます。

AppleIDとパスワードが分からず
iPhoneを探すをオフにできなくなったら
怖いという余程のことがない限りは、
iPhoneを探すをオンにしたままの方が
メリットは大きいと思います。

1-2.iPhoneを探すをオフにするデメリット

iPhoneを探すをオフにするデメリットは、
iPhoneを探すの機能をオフにしたままの状態で
iPhoneを紛失してしまったり盗まれたりした場合に、

  • iCloud.comにアクセスして
    iPhoneの位置を確認することができない
  • iPhoneの紛失モードの音を鳴らすが使えない
  • iPhoneの紛失モードのメッセージ表示ができない
  • 遠隔でロックしたい場合にできない
  • 遠隔でデバイスを初期化する機能が使えない

があります。

iPhoneを探すの機能は
基本的にはオンの状態にしておいた方が良いです。

紛失や盗難をしてしまった際に、
iPhoneを探すの機能をオンにしていてれば、
情報の流出やiPhoneを中古市場に売られてしまい戻ってこないなどの
最悪のトラブルを未然に防ぐことが出来る可能性がありますが、

iPhoneを探すをオフのままだとメリットが薄いことがお分かり頂けると思います。

2.iPhoneを探すオフにするメリットデメリットのまとめ

iPhoneを探すの機能は
iPhoneのセキュリティを守る大切な機能になります。

iPhoneを探すをオフにするメリットは
正直あまりありませんので、
オンの状態でご利用になることをオススメ致します。