AppleCare+は自然故障にて最強!ないと損をする理由5選

iPhoneの
自然故障は
iPhoneを使う人によって
扱い方が異なるので、
落下による一撃のダメージ
まではいかなくても、

毎日iPhoneを
使っている中で
扱い方によっては、
小さいダメージを
蓄積していって

半年後とか
1年後に
自然故障のような
壊れ方をする
iPhoneが出てきます。

今回は、
iPhoneには
どういった
自然故障が多くて

AppleCare+がないと
どんな損をしてしまう
可能性があるのかを
解説していきます。

1.AppleCare+とは?
2.AppleCare+がないと金銭面で損をする
3.AppleCare+がないと対応面で損をする
4.AppleCare+は自然故障にて最強!まとめ

1.AppleCare+とは?

AppleCare+とは

2016-11-01_035415

 

1年間の製品保証と
90日間の無償電話サポートが
2年間に延長される有料の保証です。

さらに、過失や事故による
損傷に対する修理などのサービスを、
画面の損傷は1回につき3400円(税別)、
そのほかの損傷は1回につき11800円(税別)の
サービス料で最大2回まで受けることができます。

引用先:AppleCare – iPhone – Apple(日本)

購入金額が
AppleCare+ for iPhone 7、
iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plusで
¥14800 (税別)となっています。

2016-11-01_044927
AppleCare+ for iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus

加入ができるタイミングは
iPhoneを購入したときと、
購入後30日以内になります。

2.AppleCare+がないと金銭面で損をする

AppleCare+が
ないことによる
金銭面での損を
考えていきます。

2-1.iPhoneでよくある自然故障の例

iPhoneの
自然故障っぽい故障は
潜在的な初期不良の
可能性もありますが、

半年または1年と
iPhoneを使っている場合ですと
小さいダメージを
蓄積することによって
特定の箇所が故障してしまう
ということが多いように感じます。

iPhoneの
問い合わせの多い
自然故障の例を
いくつか挙げますと、

2-1-1.バッテリー系の問題

  • バッテリー消耗
  • バッテリー膨張

2-1-2.システム系の問題

  • 画面がiTunes接続の画面のままになる
  • リンゴループをする
  • Appleロゴでフリーズする

2-1-3.画面の問題

  • iPhoneの画面が真っ暗
  • iPhoneの画面が真っ赤
  • iPhoneの画面が真っ青
  • iPhoneの画面が真っ緑
  • iPhoneの画面が真っ白
  • iPhoneのタッチパネルが反応しない
  • iPhoneの画面が勝手に反応する
  • iPhoneの電源が入らない
  • バックライトが切れている
  • 画面の半分が映らない
  • 画面に線が入る
  • 画面のドット抜け
  • 3DTouchが出来ない

2-1-4.ボタンの問題

  • ホームボタンが反応しない
  • TouchIDが反応しない
  • 音量ボタンが反応しない
  • サイレントスイッチが緩く勝手に反応する
  • 電源ボタンが反応しない

2-1-5.カメラの問題

  • FaceTimeカメラ(前面)がズレている
  • FaceTimeカメラ(前面)が写らない
  • iSightカメラ(背面)が真っ暗になる
  • iSightカメラ(背面)のピントが合わない

2-1-6.電源系の問題

  • iPhoneの充電が出来ない
  • iPhoneの充電が増えない
  • iPhoneの電源が入らない

2-1-7.電波の問題

  • 電波が圏外のままになる
  • 電波が検索中のままになる
  • 電波がsimなし表示になる
  • モバイルデータ通信が出来ない

2-1-8.接続に関する問題

  • Wi-Fiが接続できない
  • Bluetoothが接続できない

2-1-9.音に関する問題

  • 通話時に自分の声が相手に聞こえない
  • 受話音量が小さい、相手の声が聞こえない
  • スピーカーから音が出ない
  • イヤホンから音が出ない

と数多くの
お問い合わせを
受けることがあります。

壊れる理由は
複合的な要素が
絡んでいるので、

潜在的な初期不良が
故障として時間差で
現れてしまったのか

個々の扱い方によって
小さいダメージの
蓄積が原因で
故障したかは

正直判断が
難しいところではあります。

2-2.理由1:たった1年を過ぎただけで損をする

通常の1年間の
製品限定保証の場合ですと、
自然故障は1年までしか
対応ができません。

交換プログラム系が
用意されている場合は、
2年以上を過ぎた場合でも
可能な場合がありますが、
対応できる修理は限られてしまいます。

iPhone 6s予期せぬシャットダウンプログラム

iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム

iPhone 5 バッテリー交換プログラム

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム

なので、
あなたに故意や過失のない
故障であっても
単純に1年を過ぎているという
だけで3万円前後の修理料金が発生してきます。

1年を過ぎた場合の
修理金額一覧、機種ごと

機種名保証期間切れ
iPhone 7 Plus42984
iPhone 6s Plus39744
iPhone 6 Plus39744
iPhone 738664
iPhone 6s36504
iPhone 636504
iPhone SE33264
iPhone 5c33264
iPhone 5s33264
iPhone 533264

製品限定保証では、
1年を過ぎると3万円前後
の金額がかかるのに対して、

AppleCare+ですと、
自然故障は無償での
対応が可能です。

症状によっては
即日の本体交換を
受けることが出来ます。

2-3.理由2:部品の故障でお金がかかる

製品限定保証だけの
iPhoneの場合、
たった1年間を過ぎただけで、

  • バッテリー
  • カメラ
  • バイブレーション
  • スピーカー
  • レシーバー(受話部分)

の故障が
発生した場合に、
部品交換の金額が
発生してきます。

保証期間切れバッテリーカメラスピーカーレシーバーバイブ
iPhone 7 Plus11644まだなしまだなしなしなし
iPhone 6s Plus116449612なし8856なし
iPhone 6 Plus116449612885688566264
iPhone 711644まだなしまだなしなしなし
iPhone 6s116449612なし8856なし
iPhone 6116449612885688566264
iPhone SE116449612885688566264
iPhone 5c116449612885688566264
iPhone 5s116449612885688566264
iPhone 511644なしなし88566264

AppleCare+の
保証期間内であれば、
無償での部品交換
または、本体交換での
対応が可能になります。

3.AppleCare+がないと対応面で損をする

お客様に
非がないiPhoneの
自然故障であっても

AppleCare+あり
のiPhoneと
AppleCare+のない
iPhoneですと

残念ですが、
提供されるサービスに
差があります。

3-1.理由3:AppleCare+の有無で対応が異なる

AppleCare+が無いiPhoneだと
自然故障系の修理は、
製品限定保証の期間内でしたら、
金銭面は無償での対応が可能ですが、

即日の交換対応でななく、
修理の対応になる場合があります。

故障したiPhoneを
1週間前後、Apple修理センターへ
送付して修理が
完了したら戻ってくる
パターンになります。

AppleCare+に
入るだけでおおかたの
自然故障系の修理対応は
店頭での即日交換が可能になります。

AppleCare+に
入っていないことで
即日の交換にならない
故障の例は

  • 画面が真っ暗になる(通電あり)
  • バックライトが切れている
  • 画面の半分が映らない
  • 画面に線が入る
  • 画面のドット抜け
  • 3DTouchが出来ない
  • タッチパネルが反応しない
  • 画面が勝手に反応する(ゴーストタッチ)
  • ホームボタンが反応しない
  • TouchIDが反応しない
  • 前面のカメラがズレている
  • 前面のカメラが写らない

は、
AppleCare+に
入っていないと
Apple修理センター経由での
修理対応になります。

AppleCare+と
1年間の製品限定保証と

同じ保証の期間内だから
受けられるサービスは
同じでしょ?と思われている方が
多いのですが、

自然故障で
本体交換を
受けたい場合は、
1年間の製品限定保証では、
出来ない場合が
ありますので、
注意が必要です。

3-2.理由4:AppleCare+がないと部品の欠損はNG

お使いのiPhoneが
画面割れなどをして、
ボームボタンが外れてしまって
しかも、無くしてしまった場合は、

AppleCare+が無い場合ですと、
保証外の金額での
交換対応が不可能になります。

AppleCare+が無い
ホームボタンが無い
iPhoneの場合だと、

全損価格での、
交換対応となり、

全損価格は
新規でiPhoneを
購入する時の
一括での金額と
同等の金額になります。

AppleCare+があれば、
ホームボタンが無い
iPhoneであっても
機種によって金額が
変わりますが、

7800円または
12744円での交換が
可能になります。

主に、
高所での仕事がある方が
ホームボタン欠損の
お問い合わせが多いので、
AppleCare+をつけておくと
いざという時に困らないかと思います。

3-3.理由5:AppleCare+がないと有償判断が厳し目になる

AppleCare+が
あるiPhoneと
AppleCare+が
ないiPhoneとでは、

iPhoneが有償なのか
無償なのかの判断が
残念ながら変わってきます。

AppleCare+がない
iPhoneだと有償判断が
厳し目になると記載しましたが、

正確には、
AppleCare+ありだと
有償判断が緩いので
AppleCare+なしだと、
比較すると
判断が厳し目に感じます。

実際の判断は、
修理を担当する
技術者レベルによっても
変わってくると思いますが、
例えば、

  • iPhone本体の湾曲具合
  • iPhone本体の打痕やエグれ具合

などがあります。

AppleCare+ありの
iPhoneだと、
緩和される場合があり、
無償対応になる場合があります。

4.AppleCare+は自然故障にて最強!まとめ

AppleCare+を
加入するメリットとして
よく取り上げられるものとして

画面割れや
水濡れなどの
破損による故障が
安く受けられると
いった記事をお見受けしますが、

AppleCare+の
隠れたサービスとして
自然故障で対応の違いがある
ということを
ご理解頂けましたでしょうか?

iPhoneの自然故障は
そこまで頻発するものなのかどうか?
という疑問点があるかと思いますが、

小さなダメージにより
発生するものだとすると、

画面割れや
水濡れや落下などの
わかりやすい故障では
ありませんので、

いつ発生するのか
という判断が
難しいところです。

AppleCare+なしの
iPhoneで1年を過ぎた場合
自然故障であっても
お金を払えば、
治してくれるのでしょ?
と余裕な方なら問題ないと
思いますが、

実際に
自然故障でお金が
かかるとなると、
イライラされる方が
多いように感じます。

自然故障で
時間や労力を
無駄にしたくない方は、
AppleCare+の加入を
検討された方がいいかと思います。

 


あわせて読みたい


iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラムがリリース!

iPhone7でAppleCare+に入るべき14個の理由

iPhoneのバッテリー診断(iOS診断)を行う方法【2016年版】

【即日可能】iPhoneのバッテリー交換をする方法

iPhoneが不安定な時の初期化とリセット6パターン

失敗しない!iPhone修理の段取り6ステップとは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアップルバズーカをフォローしよう!

【当ブログ限定】iPhoneバッテリー問題解決マニュアル【無料】

iPhoneのバッテリー問題で

困っていませんか?

面倒なiPhoneのバッテリー問題を
一発で解決出来る無料のマニュアルを
当ブログ限定でプレゼントしております。


本書の内容は、

・記事には書けない正しいバッテリー診断の方法
・ブログには書けない診断にあったスタッフ直伝の対策法
・初心者でもわかりやすい設定と使い方の見直しとは?
・ぶっちゃけバッテリー交換と機種変更で、お得なのは?
・レポート請求者限定の特別裏情報

巷のネットのサイト等にある解決法で
バッテリー問題が解決しなかったと困っていたら
このレポートであなたの問題は解決します。

今すぐ無料でダウンロードして
あなたのバッテリー問題を解決してください。

無料でマニュアルをダウンロード

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!